丸岡いずみが代理出産で第1子の子供誕生!2度の流産も旦那と親になる奇跡。うつで顔が変わった?画像

スポンサードリンク

丸岡いずみが代理出産で第1子の子供誕生!2度の流産も旦那と親になる奇跡。うつで顔が変わった?画像フリーアナウンサーとして活躍されていた、
丸岡いずみさんに第一子の子供が誕生していたそうです。

丸岡いずみさんに子供が誕生していたことは、
昨日2018年1月22日発売の「婦人公論」の中で明かされ、
これまでに2度の流産を経験していたこともわかっています。

丸岡いずみさんは6年前の2012年の8月28日に、
映画評論家の有村昆さんと結婚し、翌年には結婚披露宴をしました。

当時でアラフォーだった丸岡いずみさんだけに、
子供はどうなのか、気になっていましたが、
なかなか妊娠と出産の報告がなかったので、
結局、子供は諦めたものかと思っていました。

しかし、報道されていないところで、
しっかりとしたドラマがあったようです。

今回の丸岡いずみさんの第一子は、
代理出産として誕生したのです。

丸岡いずみが代理出産で第1子の子供誕生!

丸岡いずみさんはロシアで我が子と対面したとし、
雑誌では旦那の有村さんと第一子とともに、
3ショットの写真も連載されています。

丸岡いずみさんは結婚してすぐに自然妊娠をしていたのですが、
わずか10週間で流産してしまったそうです。

その後も体外受精で不治治療を開始し、
2度目の妊娠をしますが、再び10週間で流産してしまったそうです。

丸岡いずみさんの流産の理由には、
子宮内膜に十分な厚さがなく、
着床しても妊娠継続がなかなか難しく、
「不育症」だった可能性があったのです。

そんな丸岡いずみさんと旦那の有村さんは、
アメリカで代理母の契約を結び、
2016年にロシア在住の代理母が決まったのです。

そして昨年2017年の4月に、
受精卵が着床し、無事に妊娠し、
翌年の今年2018年の1月3日に、
代理出産という形で、我が子と対面を果たしたのです。

しっかりと旦那とのDNAから我が子が生まれたことで、
多くの方々が祝福することになるでしょう!



スポンサードリンク


丸岡いずみと旦那が親になる奇跡。うつで顔が変わった?

丸岡いずみさんは代理出産で生まれた子供に関して、
「お母さんのお腹には問題があってあなたを産むことはできなかったけれど、私たちのDNAを受け継いでいるんだよ。そのことは忘れないで」
と素敵なコメントを残しています。

念願の母親になったことで、
今後も、別の形でメディアで活躍しそうです。

奇跡の美しさを誇った丸岡さんですが、
母親になった後も奇跡の輝きを見せてくれそうです!

一時期、丸岡さんは鬱にかかっていたとされ、
「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」という書籍を出されました。

丸岡さんに関して、
「顔の雰囲気が変わった」と、
鬱との関わりが言われていましたが、
その裏には仕事のしすぎが原因とされていました。

特に震災があった時期の現場との行き来は、
精神的にも肉体的にもかなりきつかったそうです。

今回の代理出産のニュースのなかで、
流産を経験していたこともあったので、
仕事以外にも精神的にきつい部分はあったみたいです。

多くの試練を乗り越えて、
親になることができたのには、
何か、特別な意味がありそうですね!

丸岡さんが本を書くときにしたきっかけは、
旦那さんの助言が強かったとされ、
どこまでもしっかりと深い愛情で付き合った、
とてもとても素敵な旦那さんだなと思いました。

奇跡の38歳と呼ばれ、
仕事も幸せそうに見えていましたが、
生きることの答えの1つに、
「休む」ことがあったのは、
現代の自分らにとっても大切なメッセージなように感じます。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加