上田まりえが大学院合格。早稲田スポーツ科学研究科の難易度(条件)。旦那・竹内大助を支える

スポンサードリンク

上田まりえが大学院合格。早稲田スポーツ科学研究科の難易度(条件)。旦那・竹内大助を支える元日本テレビのアナウンサーである、
上田まりえさんが、
なんと、早稲田大学の大学院に合格されました!

最近ではロンブーの淳さんなど、
名門大学の受験に挑むタレントが増えていますが、
淳さんが合格する前に、話題をさらう形となりました。

しかし、気になるのは、
受験した経緯と、
合格した学部の難易度です。

上田まりえさんはどうして、
早稲田大学の大学院に進学したのでしょうか?

上田まりえが大学院合格


上田まりえさんは2月1日にブログを更新し、
そこで早稲田大学のスポーツ科学研究科に合格したことを、
読者に伝えました。

「先日、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科を受験し、合格しました!修士課程1年制に、4月入学予定です。合格発表の瞬間は、ジムで迎えました。自分の番号を見つけたときの喜びと安堵感に、懐かしさを覚えました」

と合格の瞬間をジムで迎えたことを告白し、
さらには、

「受験の準備だけでも私にとっては大変なチャレンジだったので、夫や友人に励ましてもらいながらこの数ケ月を過ごしてきました」と綴っていました。

どれだけの勉強が必要だったということよりも、
準備をして、決断に至るまでが大変だったみたいです。

野球選手の旦那さんを持って、
その受験に協力してくれる姿勢など、
色々と充実した夫婦で素敵ですね!

しかし、主婦業と勉強と、
さらには仕事の3つの両立は、
かなり難しそう・・・。

「週末主婦、出稼ぎ家外、学生。2018年は史上最強にストイックな年になること間違いなし!タレントとして一層活動の幅を広げるためにも、どんどん動き、引き出しを広~く、深~くしていきたいと思います。私の全力のど直球を、まっすぐに受け止めてもらえたら嬉しいです。これからも、よろしくお願いします」

最後まで卒業できれば良いですが・・・。

早稲田の難易度と偏差値。なんで上田まりえは入学できたのか?

早稲田大学院の「スポーツ科学研究科」は、
元巨人のエースである桑田真澄さんが卒業したことでも有名です。

どうしたら入学できるのか?
色々調べてみたところ、
規定には「大学院において個別の入学審査により、大学を卒業とした者と同等以上の学力があると認めた者」と書かれています。

上田さんは専修大学を卒業されているので、
その頃の学力を持っていれば、入学はできます。

さらにはスポーツ選手は、
3年以上の誰もが認める活躍をする必要があり、
選手でない方は、5年以上のスポーツ関連事業に関わっている必要があります。

アナウンサーとして長くスポーツの現場にいたことから、
上田まりえさんも、その条件に該当したのでしょう。

スポーツマネジメントを学び、
将来的にも役立つ教育が受けれることから、
セカンドキャリアを迎える選手には最高の環境ですね!

この先、旦那の竹内選手を、
しっかりと支え続けて欲しいです!

旦那・竹内大助を支える

上田さんの旦那の竹内投手は、
トヨタ自動車が誇るイケメン投手です。

現在28歳ということで、
今後、プロの道を選ぶことはなさそうですが、
引退してもスポーツ関連の仕事に就くのでしょうか?

そもそも上田投手は慶應義塾大学を卒業し、
トヨタ自動車の人事部に所属しており、
推薦だけで生きてきた選手らとは違ったエリートなのです。

冷静に考えると、慶応卒の旦那に、
早稲田の大学院進学を協力させるって、
結構、すごいことですよね?笑

家で「若き血」なんて歌ったら、
夫婦喧嘩が始まることでしょう・・・笑。

「支える」というよりも、
しっかりと共存していく、
力強い夫婦になっていくイメージですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加