桂歌丸の司会引退(笑点降板)。時期はいつ?林家木久扇などメンバー仲。自宅と入院・・・

スポンサードリンク

桂歌丸の司会引退(笑点降板)。時期はいつ?林家木久扇などメンバー仲。自宅と入院・・・今年で50周年を迎えることとなった「笑点」
老人から若い子までが知っている、日本を象徴する偉大な番組です。

かつては笑点には落語の伝説的な人物が多く出演し、
日本の文化を語る上で、特に重要な位置付けにある番組です。

そんな笑点で現在大喜利の司会を務めるのが、
五代目の桂歌丸さんです。

歴代の偉大な司会者に続いて、そのバトンを持つ桂歌丸さん、
現在の年齢はすでに79歳と、すでに笑点の司会を降板する説が温厚でした。

そして、ついに正式に桂歌丸さんの、
笑点の大喜利の司会引退が発表されました。

桂歌丸の笑点降板。落語家として引退は?時期はいつ・・・

桂歌丸司会引退降板笑点時期いつ5月理由

79歳にもなる桂歌丸さんですが、
すでに体力的には厳しいと言われており、
入院と退院のニュースが入るたびに、

「桂歌丸さんの司会ってもう見れないじゃない?」と、
長年の笑点ファンを心配させてきました。

1966年からの唯一の初期メンバー
一部では人間国宝になるべきと言われるほど、
桂歌丸さんは生ける伝説として笑点で重宝されています。

昨年の2015年の6月に腸閉塞で2ヶ月近く入院
現在でも車椅子を使って移動するなど、その体力面の心配は多いです。

いずれは桂歌丸さんが降板する日が来ることは、
笑点ファンの誰もが覚悟してることだと思います。

しかし、実際に降板する日程までがはっきりすると・・・、
実感が湧かないというか、寂しいという言葉では片付けられない心境になります。

桂歌丸さんのラスト出演は5月22日の放送になるようです。
後に司会を任させるメンバーは、まだ発表されていません。

50年もの間、一つの番組へ出演してきた方。
体力ギリギリまで奮闘した様は尊敬に値します。

しかし、落語家として引退はいつになるのでしょうか?

今まで以上ではなくても、
活動自体は続けるみたいですが、
あまり無理はして欲しくないですね。



スポンサードリンク


桂歌丸と林家木久扇。笑点のメンバーの仲は?

笑点のメンバーは皆、好き嫌いハッキリとし、
それが心地よいぐらい自然な関係となっているようです。

何十年もの間、一緒に仕事してる事柄、
メンバー全員が仲よかったら怖いですよね・・・笑。

今回の歌丸さんの笑点引退に関して、
同じメンバーの林家木久扇さんが、
「自分で決めちゃいけない」と苦言したのが話題となりました。

林家木久扇さんは歌丸さんが降板する話を新聞で読み、
「私が思うのは、自分で区切りをつけちゃいけないと思うんですよ。
自分がそこに追い込まれていっちゃうから」
と苦言したそうです。

愛のある、家族のような苦言なので、
この言葉に対して、世間が悪く反応することはなかったです。

桂歌丸林家木久扇メンバー仲自宅入院病気病名

年上のレジェンドであっても、
ここまで言わせて良いという器。

林家木久扇さんとの関係を見てると、
ますます歌丸さんが好きになりますよね!

桂歌丸さんは自宅と入院と・・・

年齢的にもいつ何が起きるかわからない桂歌丸さん。
これからの生活も、自宅と入院での生活が増えるでしょう。

大切な家族と一緒にいる時間を考えれば、
今の時期ぐらいから、仮に引退するなら正しい決断です。

仕事中に倒れたりしてしまったら家族が心配します。

この先の引退の時期と体調と、
笑点を降板しても、歌丸さんからは目を離してはいけないですね。

桂歌丸さんと横浜は特別な関係にあるので、
何か横浜で、引退に向けてイベントがあったら嬉しいですね。

9歳の頃に横浜に自宅があった桂歌丸さんは、
戦時中の日本を見る中で、笑うことの大切さを実感したそうです。

桂歌丸さんの原点となっているのが横浜なので。
最後は横浜で終わるという演出も良いかもしれません。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加