たくみお姉さん(三谷たくみ)の現在のメモリアル人気(たくみロス)。熱愛やキスのイメージはないが・・結婚や子どもは?

スポンサードリンク

たくみお姉さん(三谷たくみ)の現在のメモリアル人気(たくみロス)。熱愛やキスのイメージはないが・・結婚や子どもは?今になって誕生した言葉、
「たくみロス」。

これはどのような意味がある言葉なのでしょうか?

実はNHKのお母さんと一緒にて活躍した、
三谷たくみさんを惜しむという形で誕生した、
今までにない形の感情表現なのです。

現在までにお姉さんを交代し、
子供や父母に「やっぱりたくみお姉さんじゃないと」と、
その寂しさを痛感されられてるようです。

歴代、ここまで偉大な「お姉さん」がいたのでしょうか?笑

たくみお姉さん(三谷たくみ)の現在のメモリアル人気(たくみロス)

NHK・Eテレの子ども向け番組「おかあさんといっしょ」のDVD『「おかあさんといっしょ」メモリアルベスト~しあわせをありがとう~』(横山だいすけ、三谷たくみ/NHKエンタープライズ/6月1日発売)が発売初週に1.5万枚を売り上げ、今週発表の6月13日付オリコン週間DVDランキング(集計期間: 5/30~6/5)で初登場総合1位を獲得した。引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000013-mnet-musi

現在までに三谷たくみさんのメモリアル作品は、
歴代稀に見る、大ヒットを記録してるようです。

個人的にはネットに上がらない分野の方で、
なおかつ全国放送で知られていたという、
その微妙なバランスが打ち出した売上とも考えます。

たくみお姉さん(三谷たくみ)現在メモリアルたくみロス画像太った激太り

DVDが売れない時代に、すごすぎます!

今作は、2008年4月から8年間、歴代最長となる同番組のうたのお姉さんを担当し、惜しまれながら今年3月に卒業した“たくみお姉さん”(三谷たくみ)が登場した月の歌をセレクトした集大成DVDで、1959年から始まったシリーズ56年の歴史の中で初の快挙となる。引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000013-mnet-musi

集大成のDVDを作成され、それが大ヒット・・・。
子供の需要もバカにしちゃいけませんね!

神奈川県の鎌倉出身の三谷たくみさんですが、
音楽に特選した経歴で、子供の心をわし掴みにしました。

まだ30歳と、世間のお母さんの年齢と近く、
親的には親しみやすく、信用できる人柄だった恩恵かもしれません。

卒業直後から「たくみロス」という言葉が生まれるくらい、視聴対象の子どもだけでなく、子どもと一緒にたくみお姉さんの笑顔に癒やされてきたお父さん・お母さんにも悲しい衝撃を与えていた。引用http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160608-00000013-mnet-musi

「たくみロス」だなんて・・・。

子供にも大人にも受ける、
その三谷たくみさんの魅力は、
第二のステップでも生かされることでしょう!

この先の三谷たくみさんの、
別の活動にも注目が集まりそうです。

しかし、三谷たくみさんの後任の、
小野あつこさんがプレッシャーありそうでかわいそうです・・・笑



スポンサードリンク


たくみお姉さん(三谷たくみ)に熱愛やキスのイメージはないが・・・

子供向け番組の看板として、
長年活躍していた三谷たくみさんですが、

普通に美人で可愛い。
もしろそこらへんのアイドルよりも清楚で素敵!

ってことで、私生活では男性にもモテそうですね。

たくみお姉さん(三谷たくみ)熱愛キス画像彼氏結婚子供妊娠画像写真

現在の三谷たくみさんの年齢は30歳。
きっと人並みの恋愛経験もしてきたことでしょう。

しかし、おかあさんと子供が一緒に見る番組の象徴的存在。
そこらへんのアイドルよりも、スキャンダルの失敗は許されません!

それでも、卒業後に、
等身大の30歳女性であったことを、
某週刊誌にスッパ抜かれました。

雑誌では三谷たくみさんのキス写真まで連載。
熱愛中の彼氏がいることは、本当だったのでしょうか?

実はうたのおねえさんには厳しい規則があるといわれている。NHK関係者によると、イメージを守るため他の番組への出演は禁止。アクシデントを避けるため海外旅行、スポーツや車の運転も禁じられている。派手なメイク、結婚はもちろん恋愛も御法度なのだという。

三谷は同誌の直撃取材に対して、恋人関係を否定し、「昨日は食事に行っただけです」としながら、次のように答えている。

「あぁ……あの、今後は結婚とかも考えていて、それで卒業ということにはなったのですが……特に今すぐというわけでは……。ちゃんとお答えできなくて申し訳ありません」

長きにわたって幼児教育に献身してくれたたくみおねえさんの、卒業後の幸せを祈りたい。

NEWS ポストセブン 2月28日(日)16時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160228-00000024-pseven-ent

本人が否定しているということで、
まだまだ真意はわかりません。

立場的に規制が厳しいのは事実なのでしょうか?

確証のない情報が多く、
何が何だかよく分からない感じになってます。

しかし、家族や子供との愛情を伝える立場にあって、
普通に恋愛し、結婚し、子供を産むことは、
一番、仕事の本質に近づくことのできる行為だと思うのですが・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加