マックの裏メニュー(ハンバーガー)。レタスの増量。プレーン最強?アボガド系登場への期待!

スポンサードリンク

マックの裏メニュー(ハンバーガー)。レタスの増量。プレーン最強?アボガド系登場への期待!マックの裏メニューがニュースになり、
巷でかなり話題になってますね!

ここ数年は、昔ほどの繁盛がなく、
様々な試みに挑むマックですが、
この裏メニューに関しては需要が期待できそうです。

個人的にはスタバのコーヒーの頼み方が、
マックに裏メニューとしてバリエーションされた印象ですかね?

もともとハンバーガーというのは、
本人が楽しんでカスタマイズできる、
とても楽しい食べ物です!

マックの裏メニュー(ハンバーガー)。レタスの増量の注意点

マック裏メニューハンバーガーレタス増量画像頼み方試してみた感想評判味

もともとマックでは昔から、
野菜が苦手な方、ソースが苦手な方は、
それらを「抜いてもらう」ことはできました。

ここに「増量」が加えられたことは、
とてもありがたいです!

しかし、個人的には、
「作るスタッフ」によっては、
レタスが増えことで食べにくいこともあります。

それは、バーガーを包むラップの巧さや、
バンズ側(パン)に付けるソースの幅など、(基本的にレタスはソースにベタッと付けれるのが良い)
上手でないスタッフ、新人さんには難しいケースもありえます。

これまでにも、レタスの増量はされていなくても、
なんとなく「レタスがこぼれやすいケース」があったはずです。
(特にビッグマックなど)

これからレタスの増量などのオーダーを想定して、
オペレーションの工夫などがされると思いますが・・・。

忙しい時間帯に裏メニューでレタス増量をオーダーして、
迅速に綺麗で食べやすい形で出されれば、マックはすごいです!

やはり、業界の原点にして頂点のマックなので、
ハンバーガーの常識を日々覆して欲しいですね。



スポンサードリンク


マックの裏メニューのトッピング。プレーンマニアも?アボガド系への期待

「裏てりやきマックバーガー」は、通常の同メニューにスライスしたハラペーニョ(メキシコ料理に使われる青唐辛子)をトッピングしたもの。甘いソースとともに刺激的な辛さが楽しめます。「裏チキンフィレオ」には濃厚なクリームチーズソース、「裏ダブルチーズバーガー」には香ばしいスモークベーコンがトッピングされます。

合わせて、裏メニューに登場した3種のトッピングを、好きなハンバーガーに使えるキャンペーンもスタート。対象は「ハンバーガー」「ビッグマック」「ベーコンレタスバーガー 」など全15種で、トッピングの料金は40円です。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160609-00000067-it_nlab-life

裏メニューには、これまでの人気の王道を、
自分で少しアレンジできるレベルになってきてます。

やはり、合わない組み合わせもあるので、
お客さんが失敗して美味しく食べれないリスクもあるので、
このトッピングを果てしなく増やすことは難しそうです。

何も余計なトッピングをしない、
「プレーン」という形のコアなファンは、
昔からいますが、やはり珍しいケースです。

過去にファーストキッチンにて、
カニコロッケを挟んだだけのバーガーがありましたが、
かなり美味しくて、いけました。

プレーンという素材と具材のみの形状は、
マックで一般向けはいけるのでしょう?
ネットで試してみた声が増えているので、関心は濃いみたいですが。

マック裏メニュープレーンアボガト頼み方画像感想美味しい評価

また、過去に人気を誇ったアボガド系など、
仮に裏メニューに登場する日が来れば、
トッピングセンスが難しそうです。

しかし、アボガドに必然的に会うソースや、
何か万能なトッピングが発見されれば、
「おしゃれ系」として女子に受けそうです!

王道を崩しながらも、
お客さんに楽しませながら、
オペレーションも完璧になれば、

マックの再びの天下奪還は現実的です!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加