忽那汐里が出産説否定。現在も可愛くインスタ画像が人気!

スポンサードリンク

忽那汐里が出産説否定。現在も可愛くインスタ画像が人気!日系オーストラリア人3世として話題になっていた、
女優の忽那汐里さんですが、最近まで妊娠・出産の噂がありました。

忽那汐里さんといえば金八先生で、
帰国子女を演じ、少し「おませ」なイメージが強いです。

そんな忽那汐里さんだけに、
結婚や出産を若くして乗り越えてるような、
何か勝手に洗練された印象があったのでしょう。

女優の忽那汐里(23)が12日放送のフジテレビ系「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。インターネット上で噂されている自身の妊娠・出産説について「産んでない」と否定し、「何でそんな妊娠、妊娠ばっかり」とネット上にあふれる無責任な情報流布を嘆いた。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000072-spnannex-ent

ネット上の噂は芸能人の悩み・・・、
しかし、逆にいえば、発信もできるわけです。

女優さんというのはネット上では、
あまり発言をしない姿勢の方が多いので、
何か噂が出た時に、すぐに否定できる武器がないのです。

忽那汐里出産説否定ボクらの時代コメント発言全文理由怒り笑いネット噂

しかし、忽那汐里さんのように、
テレビで思い切って否定できる方はすごいですね!

忽那汐里が出産説否定

人気女優として多忙な日々を送る3人。世間の評価や視聴率について、武井は「気にしない」ときっぱり。「無知だから言えることかと思うけど」と前置きした上で「なぜ世間のみなさまに視聴率をお知らせしないといけなんだろう。(ドラマや映画などを)観た人の感想を聞きたいと思ってしまう」と率直な思いを口にすると、忽那も自身の名前を検索するエゴサーチは「絶対しない」と断言した。

その理由として「最近聞く話だと、私の名前の後に必ず『妊娠』と出てくるから」と、ネット上の自身の出産説について言及。「私、子供産んでないわ!何でそんな妊娠、妊娠ばっかりで…」とあきれた様子で否定した。

両親へは気にしないように伝えているといい「そんなことが(出産説)が付いてくるから絶対に見ない。他に見るべきものはたくさんあるから」。また、噂を自虐的にとらえて、子供の名前を考えたことも明かし「友達と“最近1歳くらいになるね”“そうだね”って話したりしてる」と、最後は明るく話して剛力と武井を笑わせていた。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160612-00000072-spnannex-ent

芸能人の中には、自分の名前をサーチする人と、
絶対にサーチしたくない人がいることでしょう。

忽那汐里さんは絶対にエゴサーチはしたくないようです。

ネット上での自身の噂があってのことか、
一緒に共演していた方も納得の表情でした。

妊娠と出身というキーワードにくっつく自分の名前・・・、
確かに、そんな状況であれば検索はしたくないですね。

しかし、忽那汐里さんは妊娠・出産説を逆手にとって、
プライベートで友達と赤ちゃんいじりをして遊んでるそう。

ノリで考えた子供の名前とか、
知りたいですね!笑

架空の子供を思い描くことで、
忽那汐里さんの将来の出産に、
何らか良い影響があると良いです!

ハートの強さこそが女優さんなのでしょう、
辛い噂にも下を向かずに頑張る姿は素敵です。



スポンサードリンク


忽那汐里は現在でも可愛い!インスタ画像が好評!

忽那汐里さんは10代の頃の女優活動が、
何となくインパクトが強いですね。
個人的にはBECKの南真帆役が好きです)

現在までに毎年映画に出演してきており、
女優としてのキャリアを確実に踏んでいます。

そんな彼女ですが、ドラマに関しては、
ここ数年はNHKのが主になっています。

映画に関心が薄い方からすると、
忽那汐里さんの姿はあまり見ないという状況。

ってことで、現在の忽那汐里さんの姿を把握してない方も多いのです。

忽那汐里現在インスタ画像動画GIFオシャレ可愛い

忽那汐里さんはインスタが人気なので、
固定ファンはそこで彼女の近況を把握してると思いますが。

個人的に忽那汐里さんのインスタを見た感想ですが、
すごくアートチックな食べ物や風景が多く、
忽那汐里さんらしい独自の感性が感じられて好きです。

海外と日本の感性が足された究極というか、
インスタでここまで徹底してオシャレな女優さんは珍しいです。

モデルさんとかでオシャレなアカウントはたくさんいつんですけどね・・・。

自撮りが少なく、忽那汐里さんの姿は第三者の撮影がメイン
キメた表情とかではなく、常に抜けた素朴な魅力があります。

この先も忽那汐里さんのインスタの人気は続きそうです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加