松山善三の死去(死因・原因・病気)。現在までの子供とゴルフ場と代表作。

スポンサードリンク

松山善三の死去(死因・原因・病気)。現在までの子供とゴルフ場と代表作。今年に入って芸術家の悲報が続いてますが、
8月には映画監督の松山善三さんが亡くなっていたそうです。

長く活躍された伝説的な映画監督だけに、
別れは寂しいです。

松山善三さんは監督だけでなく、
脚本家としての才能も溢れ、
現在活躍する方に多くのインスピレーションを与えました!

松山善三の死去(死因・原因)

「名もなく貧しく美しく」「典子は、今」など社会派の作品で知られる映画監督で脚本家の松山善三(まつやま・ぜんぞう)さんが8月27日午後8時41分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。

91歳だった。神戸市出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は養女の明美(あけみ)さん。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000121-jij-soci

都内の自宅にて最後の時を過ごしたそうですが、
特別に大きな病気などは報道されていません。

松山善三死去死因原因理由病名病気借金創価学会

老衰が原因ということで、
逆に言えば、健康的な生涯だったのでしょうか?

91歳まで生きたことは本当にすごいです!

すでに葬儀は済ませているようですが、
この先、各界の著名人からコメントが寄せられることでしょう!

映画監督は多くの人物の発掘に貢献できるポジション。
きっと、今の業界の中でも、松山さんに見出された才能が多くあるはずです。
多くの人に感謝される人生を過ごせる仕事って素敵ですね!



スポンサードリンク


松山善三の現在までの子供とゴルフ場と代表作

松山善三さんと言えば、
プライベートにも関心が向けられる、
大変、話題性豊かな方でした。

松山善三さんの子供エッセイストの、
斎藤明美さんです。

実は松山善三さんは嫁さんとの間に子供はおらず、
養女として明美さんを受け入れてたそうです。

松山さんの嫁さんの最後を看取ったのも明美さんでした。

斎藤明美さんは自身が子供を産むこと執着心はなく、
それは自分の両親が示した幸せの形に影響されているからだそうです。

人として、自分の子供に哲学を残せるあたり、
さすが映画監督だなと思います!

松山善三現在子供ゴルフ養子画像代表作出身校

ちなみに松山善三さんは、
ゴルフ場を建設していました。

近所の住民と色々あり、
最終的には負債を抱えていたそう・・・。

現在までに松山善三さんは、
そのゴルフ場の負債の問題があったようです。

ちなみに、その額はとんでもない数字・・・、
さすがの松山善三さんも大変だったでしょうね・・・。

1948年に松竹入りして木下恵介監督に師事し、「荒城の月」で脚本家デビュー。55年に女優の高峰秀子さんと結婚。61年、聴覚障害者の夫婦の暮らしを描いた高峰さん主演の「名もなく貧しく美しく」で初監督を務めた。

サリドマイド症の被害者本人が出演した81年のセミドキュメンタリー映画「典子は、今」は、障害者の社会参加を描き話題を呼んだ。他の監督作に「ふたりのイーダ」「虹の橋」など。

小林正樹監督の「人間の條件」シリーズの他、「乱れる」「恍惚(こうこつ)の人」、一般公募に名乗りを上げて選ばれた「人間の証明」など数多くの映画脚本も手掛けた。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160902-00000121-jij-soci

多くの代表作を残してくれたことで、
今の日本の映画界は賑わっています!

松山さんの業界への貢献度は計り知れません!

自身の人生も映画のストーリーのように波乱万丈で、
良くも悪くもロマンを感じる、魅力的な方でした。

いろんな境遇の人の視点に立った作品は、
自分の障害に苦しむ、多くの人の心を救ったことでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加