広瀬すずの卒業後の進路と仕事(高校大学)。性格は悪いのか良いのか(地元)

スポンサードリンク

広瀬すずの卒業後の進路と仕事(高校大学)。性格は悪いのか良いのか(地元)女優として登場して以来、
世間に多く知られるようになった広瀬すずさん。

まだ若く、現役の高校でありながら、
多くの作品に登場する快進撃は、
持って生まれたポテンシャルの高さを匂わせます。

そんな広瀬すずさんも、
今年で高校を卒業、
これからの進路が気になります。

仕事も充実しているので、
大学に進学せずに女優に勤しむのか、
それとも、長い将来を考えて大学に行くのか、

広瀬すずさんの卒業後を、
本人のコメントともに考えてみたいです。

最近では直接言及するニュースなどもありましたし!

広瀬すずの卒業後の進路と仕事(高校大学)

現役高校生女優としてのブランドも、
残すところわずかである広瀬すずさん。

これからはまた違ったステータスが求められることでしょう。

そんな広瀬すずさんの高校卒業後の進路は、
大学に行かずに、仕事に専念したいいうことです。

女優の広瀬すずさんが16日、東京都内で行われたイベント「SoftBank 2017 Spring」に登場した。今年3月に高校を卒業する広瀬さんは、イベント後の会見で「卒業後の進路」を聞かれ「大人になっても、この仕事をしたいと思っているので、進学は考えていません。今日で、学校の授業がすべて終わってしまい、これからは卒業のテストを受けたりします。今後はお仕事一本にできるので、頑張りたい」と意気込みを語った。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000016-mantan-ent

コマーシャルでは、制服姿の広瀬すずさんが登場しますが、
ひょっとすると、これが最後に見れる制服姿かもしれません・・・。

仕事一本で頑張るということで、
女優業に骨をうずめる覚悟を持っている様子。

厳しい芸能界にあって、その決意は頼もしいものです。

正直、女優さんが有名大に通っても、
引退後に普通の仕事に就くことはないので、
将来性を考えると、あまり意味がないので、
この決断は、全然ありだと思います。

芸能人が大学に行くメリットとしては、
一般人の友達が多く作れるかもしれないというのがありますが、
結局はサークルやゼミに参加する時間もなく、友達もまともに作れずに卒業か退学ってオチが多いです。

今、仕事が多くある時期に、
しっかりと集中してこなす。

とても懸命な判断といえるでしょう。



スポンサードリンク


広瀬すずの性格は悪いのか良いのか?地元評は?

今ではツイッターなどが発達し、
若いタレントさんの地元民からの評判も届きます。

広瀬すずさんといえば、
純粋なキャラ売ってる部分もあるので、
その地元の評判には好奇の目が向きます。

過去に出演したモニタリングでは、
番組を盛り上げるために、必死になりました。

また、とんねるずの番組に出演した際には、
石橋貴明さんの誘導のまま、スタッフさんに言及し、
その広瀬すずさんの言動の内容がネットで叩かれ、
挙げ句の果てには広瀬すずさんが謝罪することに・・・。

そんな広瀬は、テレビ局などの照明スタッフや音声スタッフのことも、ドライな目線で分析している。照明スタッフに対しては「どうして生まれてから大人になったときに、照明さんになろうと思ったんだろう?」という疑問を抱き続けているとか。

音声スタッフについても、広瀬はずばずばと素朴な疑問を口にしていく。彼女は音声スタッフに「何で自分の人生を、女優さんの声を録ることに懸けてるんだろう」「大人になって年齢を重ねると共に、本当に声を録るだけでいいの?」と言い放ったのだ。引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/10249795/

それら印象から「広瀬すずの性格ってどうなの?」となり、
ツイッターなどでも、過去に広瀬すずさんと同級生だった方などからの書き込みが注目されました。

学生時代はかなり強い存在で、
イケイケな男子にモテていたという、
今の広瀬すずさんのイメージにして想像つかないですね!

多くの方が広瀬すずさんの性格が悪いと、
偏った意見を持っている・・・そんな印象です。

しかし、地元からの評判は、
彼女のはるか昔の姿です。

自分で仕事をして、いろんな人間を見て、
地元の人が過去に見てきた彼女は、
今はどこにもいないと思います。

過去の悪事の1つや2つ、誰もが持っていますが、
それを半永久的に引っ張られる著名人は大変ですね・・・。

これからの人生の方が長いので、
女優として様々な経験をして、
洗練された人間力を培って行って欲しいですね!

広瀬すずさんの性格は、まだまだ発展途中のはずです!笑

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加