内田恭子の恐怖体験。ストーカー被害内容。自宅と犯人の現在。

スポンサードリンク

内田恭子の恐怖体験。ストーカー被害内容。自宅と犯人の現在。元フジテレビの看板アナウンサーである内田恭子さん。
かつては美しい美貌と知的な雰囲気から、多くの男性ファンを抱えました。

そんな内田恭子さんは、
アナウンサーブームの火付けの親。

過去の逸話には、
熱狂的なファンのエピソードは欠かせません。

人気絶頂であった2005年には、
局のスタジオ内にまで、
ストーカー的なファンが歩み寄ってきたそうです。

あらゆる手口で、
いろんな今日体験をした内田恭子さん。

そのストーカー被害の話の詳細を、
出演したテレビ番組「爆報!THE・フライデー」の中で語りました。

内田恭子の恐怖体験。ストーカー被害内容。

内田恭子さんのストーカー被害の話は、
なんとなく想像がついていたつもりですが、
まさかここまで過激とは思いませんでした。

ストーカーの犯人は、
生放送中のスタジオまで入り込み、
そこで収録を終えた内田恭子さんの腕を引っ張り、
そのまま「今度内田と結婚することになった者です。」と、
勝手に周囲のスタッフに挨拶をしたそうです。

そこで内田恭子さんは悲鳴をあげて、
異変に気付いたスタッフが助けてくれたそうですが、
この警察に引き渡した犯人以外にも、過激なストーカーがいたそうです。

内田恭子さんが当時住んでいたマンションは、
オートロック式で安全だったそうですが、
そのインターホンに、内田さん宛ての手紙が張ったあったそうです。

ストーカーの恐怖はこれだけではなく、自宅マンションのオートロックのインターホンに、ストーカー男から内田宛の手紙が貼ってあったという。「妄想の世界ですけど、一緒に住んでいる設定になってて。何々買ってくるからちょっと待っててねって」と、内田は手紙に書かれていた内容を打ち明けた。

警察にすべてを報告し、ストーカーの動きは収束したが「それから会社を辞める日まで、ずっと三宅さんが送ってくれました」と、退社するまで同局の先輩である三宅正治アナウンサー(54)に自宅まで送ってもらっていたと当時を振り返った。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170120-00000568-sanspo-ent

一緒に住んでる設定にされて、
それで様々なものを買ってくる。。。

怖すぎます!

そして、内田恭子さんを当時、
毎日のように送ってあげてた三宅さん、
本当に優しくて良い人ですね・・・。

美しくて賢い女性、男性なら誰もで憧れますが、
手に入れることは難しいです、著名人であればなおさら。

夢を追求しすぎて、リアルとの区別がわからなくなる、
非常に恐ろしい例です。



スポンサードリンク


内田恭子の自宅と犯人・・・

現在の内田恭子さんの自宅は、
当然、ストーカーの犯人に張られてた場所とは違います。

あれだけ拉致されかければ、平常心では住めないですよね・・・。

現在の内田恭子さんは浜田雅功さんの元マネージャーである木本さんと結婚。幸せな結婚生活を送ってます。
もし、内田恭子さんの身に何かあったら・・・という心配も、浜田さんの名前があるとなぜか安心します。。笑

しかし、犯人の罪も、
それなりの時間で終わり、
釈放されるとちょっと怖いですね。

さすがに既婚者でセキュリティの良い場所に住んでいれば、
復讐的なことはないと思いますが・・。

子供を出産しているので、
子育ても安心してできる環境にいてほしいです。

フリーアナウンサー、女優として活躍し、
今後も快進撃を続ける彼女だけに、
周囲で守ってくれる人がどんどん増えていったら良いですね!

過去のような恐怖体験を乗り越えたからこそ、
現在、守ってくれる人がいる結婚生活が幸せなことでしょう。

仕事に家庭に充実してる、
今の未来を、あの頃の内田アナのファンは喜んでいると思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加