仲間由紀恵が殺され役(そして誰もいなくなった)。太った画像(2017年現在)

スポンサードリンク

仲間由紀恵が殺され役(そして誰もいなくなった)。太った画像(2017年現在)若手女優時代から、
美しいルックスと裏腹に、
ギャップのある配役をこなしてきた、
演技派女優の仲間由紀恵さん。

現在の仲間由紀恵さんは37歳と、
これからはベテラン女優としての貫禄を見せたいところです。

過去からの経歴を辿ると、
仲間由紀恵さんの配役は、
非常にばらけており、
経験値で言えば、同年代の頭1つ抜けてます。

そして、今日、
仲間由紀恵さんに、
衝撃の役が当たったことがわかりました。

それは、アガサ・クリスティの名作、
「そして誰もいなくなった」にて、
殺され役を演じるということです!

これはもちろん、
仲間由紀恵さんのキャリア初!

ここで追い討ちをかけるように、
大女優への階段を登るべく、
成熟した演技を身につけるきっかけになることでしょう。

仲間由紀恵が殺され役(そして誰もいなくなった)

ごくせんやトリックのイメージがまだ残る仲間由紀恵さん。
中堅になってからは、もっとインパクトのある名作に出会う必要があります。
正式に発表された「そして誰もいなくなった」が、もしかしたら、その新しいイメージへの布石になるかもしれません。

不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく元水泳選手・白峰涼を演じる仲間は「とても偉大で有名な作家の作品を日本で初めて映像化されるということで、とても楽しみに撮影に入りました。ラストまでとても緊張感のある作品だと思います」。主演を含め、これまで多くの作品に出演してきた仲間だが、意外にもテレビドラマで殺される役を演じるのは初めて。「自分たちの中にある“罪への真実”と向き合う間もなく殺されるという恐怖や、パニック状態の表現は難しいと感じています」と撮影に臨んでいる。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-01772308-nksports-ent

アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」は、
1939年に発行され、全世界で1億部以上の売り上げを誇り、
長編推理小説では、ファンがベスト10に選ばざるおえない、
非常に偉大で、愛され続けている作品なのです。

日本で初めて映像化されるのが今回で、
そこで重要な役を担う仲間由紀恵さん。

この作品での演技を皮切りに、
さらに濃いサスペンスをこなす、
魅惑の女優に進化していってほしいですね!

ちなみに仲間由紀恵さんの他にも、
向井理さんや大地真央さんなど、
大物キャストが集結してます。

きっと、日本のドラマ史に残る、
大切な作品になると思うので、
彼女の代表作に数えられう可能性が大です!



スポンサードリンク


仲間由紀恵が太った画像(2017年現在)

仲間由紀恵さんと言えば、
色白の美しい肌に、
日本女性らしいルックスが好評でした。

もともと太ると目立つ顔立ちだと思いますが、
ここ数年、ずっと細いシルエットを保ち続けました。

やはり、女優として活動を続けているということで、
自分のプロモーション維持への信念は強いのでしょう!

しかし、2017年に入ったばかりの頃に、
仲間由紀恵さんが公に姿を見せると、
昨年より太った印象を受けました。

WOWOWの連続ドラマW楽園の完成披露試写会に出席した仲間由紀恵さんですが、
赤いルーズなドレスに身を包みながらも、体全体がおおきくなった印象を受けます。(顔は普通です)

この太った仲間由紀恵さんの姿に衝撃を受けたファンも多いことでしょう。
これまで、ずっとスタイルを維持していたのに・・・。

しかし、冷静に考えれば、
お正月太りが流行る時期だけに、
36歳という年齢を兼ねて、
見逃してあげても良いのはないか?と。

ただ、結婚した田中さんとの子供を妊娠してるとの噂もあります。
これに関しては正式に公表されてないので、あれだけ太った姿で登場して、言わないことはないと思うので、ただの噂にすぎないですね・・・。

線の細さが売りになっていることで、
世間の目は厳しいと思いますが、
またすぐに体を戻せるのが、すごいところです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加