岡副アナの誤読(動画めざましテレビ)。岡副麻希がすじ嫌い?

スポンサードリンク

岡副アナの誤読(動画めざましテレビ)。岡副麻希がすじ嫌い?よく肌の黒さをいじられる、
個性派アナウンサーの岡副麻希さん。

フリーアナウンサーだけでなく、
人気タレントとしての一面も持っており、
24歳の若さにして、新感覚のポジションを獲得してます。

そんな岡副麻希さんですが、
ニュースの朗読にて、
たまに「やらかし」ます。

今日はなんと、
めざましテレビにて、
「北北西」のことを、
「キタキタニシ!」と誤読したのです!

これにはスタジオは騒然・・・、
そりゃそうですよ、高校の授業であってもびっくりされます。

岡副アナの誤読(動画めざましテレビ)

健康的な日焼けがトレードマークで「色が黒すぎる女子アナ」として人気のタレントでフリーアナウンサー・岡副麻希(24)が3日、スポーツキャスターとして出演中のフジテレビ系「めざましテレビ」(月~金曜、前5・25)で、「北北西」を「キタキタニシ」と読み間違える天然ボケを披露した。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000101-dal-ent

誤読が出てしまったのは、
番組の頭のオープニングにて、
節分と題に、三宅アナが「どの方向を向いて」と、
岡副麻希さんのふった瞬間に、

岡副麻希さんは「キタキタニシ!」と自信たっぷりに答えたのです。

共演者の方々は「キタキタニシ!?」と困惑、
岡副麻希さんは誤読に気づかず、
「どこ向いていいか分かんない、って話してたら、やっぱりキタキタニシ、東が右なんで、(西は)左で斜め75度…」
と北北西の説明を丁寧にしました・・・笑。

ここまでくると可愛いと思いますが、
厳しい視聴者からは、
なぜ、あの子がアナウンサー??と、
厳しい声も多く出ています。

岡副麻希さんは早稲田大学の、
文学構想学部に入っているので、
偏差値は高く、国語力も普通のアナウンサーに負けないはずなのですが・・・。

これが計算のボケだとしたら、かなり大物です!笑



スポンサードリンク


岡副麻希がすじ嫌い?

女子アナウンサーといえば、
美人でミスコンで活躍し、
さらには偏差値60クラスの大学を出て、
鳴り物入りでテレビ局に入社するイメージがあります。

世間的には美人と高学歴は、
嫉妬の的になりやすいですが、
その両方を兼ね備えた、
女子アナウンサーはジェラシーを受けやすいです。

フリーアナウンサーとして活躍する岡副麻希さんも、
それなりに厳しい声が多く、その理由は大体が嫉妬に思えます。

肌は黒いものの、
桐谷美玲さんにそっくりで、
明るさと賢さを兼ね備えています。

しかし、朝番組の「めざましテレビ」では、
朝から岡副麻希さんのハイテンションについていけず、
騒がしいという意味で、嫌いになってしまうようです。

また、自分本意に見える立ち回りが、
空気が読めないように見えてしまうらしく、
この部分では男女ともに、嫌だという意見が多いです。

個人的には、若くして一生懸命で良いなと、
またタレントしての立場も担っているので、
他の女子アナと対等に比較されるべきではないと思うので、
やや我の強い立ち回りになっても、構わないのかな?と。

これから大人になっていくほど、
岡副麻希さんの魅力は増していくと思うので、
彼女のこれからに期待したいです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加