泉田純の死去(死因・病名)。Flash(フラッシュ)での告白と現在。アメブロ

スポンサードリンク

泉田純の死去(死因・病名)。Flash(フラッシュ)での告白と現在。アメブロ2017年2月7日の今日、
全日本プロレス・ノアなどで活躍した、
元プロレスラーの泉田純さんが死去していたことが分かりました。

かつてはアジアタッグの王者に君臨した、
プロレスファンの間でも馴染み深い選手。

ノア団体の悲報から、
重ねての寂しいニュースです。

もうあの頃のノアは戻ってこない・・・、
かつてのファンは染み染みと思っていることでしょう。

それでも泉田純さんらが活躍していた時代を、
心の中でずっと忘れない、根強いファンもいることでしょう。

プロレスラーの思い出というのは、
いつの時代も儚いものです。

泉田純の死去(死因・病名)

全日本、ノアなどで活躍したプロレスラーの泉田純さんが死去していたことが7日、分かった。51歳だった。死因は不明だが、関係者によると先月末頃に神奈川県内の自宅で亡くなったと見られ、すでに家族によって密葬が執り行われたという。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000109-dal-fight

泉田純さんといえば、
2016年に8500万を、
騙し取られた女性が実刑判決を受けてます。

かつて、辛い思いをさせられた相手の判決を、
死去する最後に聞くことができたのは良かったですね。

泉田純さんが亡くなったのは先月の末ということで、
その確かな命日は明らかになっていません。

プロレスファンからすると、
死因はわからなくても、
せめて命日ぐらいは知りたいですね・・・。

かつてノアで泉田純さんと同僚だった、
丸藤正道さんは、フェイスブック内にて、
泉田純さんとの思い出を綴ってます。

多くのプロレスラーに、
人柄で愛され、尊敬されてました。

後の世代への教育係りとして、
今後もプロレス界に貢献すると思われてましたが、
この悲報はプロレス界にとっては痛手ですね。



スポンサードリンク


泉田純のFlash(フラッシュ)での告白と現在。アメブロ

泉田純さんは巨額の詐欺の被害に遭っていましたが、
その詳細について、告白した本を過去に出してます。

当時の泉田純さんの告白本はノアファンに衝撃を与え、
セネラルマネーシャーと相談役が、
一般社員に降格させられるという事態になりました。

また2012年頃の雑誌「フラッシュ」の中でも、
亡くなった受け身の天才・三沢さんの、
保険金が奪われたとして、何か告白してました。

ブログではこう綴っていました。

このブログを更新するのは、今年の元旦以来です。その時も、今回と同じことについて書いてあります。
長い期間、ブログを更新しなくても、ブログを覗いてくださった方々やペタッしてくださいました方々には、大変に心を痛めて、申し訳なく思い、苦しんでおりました。そして、以前に所属していた「プロレスリング・ノア」に今もいる仲間にも迷惑をかけないように、穏便にすめばと思っていましたが、既に二年9ヶ月が経過し、もう少しで三年になります。私としても、私の債権者にも申し訳ないし、私自身もこれ以上、何かと限界なので、告白することにしました。警察にも被害届を出します。
まずは、世間一般にも知っていただくために、明日発売の「フラッシュ」に私が出ていますので、皆さん読んでみてください。宜しくお願いいたします。
泉田純

引用元:http://ameblo.jp/urayasunekozane/entry-11190703748.html

ちなみに泉田純さんから詐欺を働いた女性が、
実刑判決を受けた際のニュースはこんな感じです。

起訴状によると、成田被告は2009年6月から8月にかけて、泉田に「税金を滞納し、20億円の預金が税務署に差し押さえられてしまう。4000万円が必要だ」などとウソをつき、8回にわたって金を振り込ませ、計8560万円をだまし取ったとされる。

泉田によると、05年ごろにベテラン選手を通じて成田被告と知り合い、所属していたプロレス団体の支援者となった。泉田は知人から金を借りるなどして、成田被告に渡していたという。弁護側は「詐取した金を一部返済している」として情状酌量を求め、結審した。判決は27日の予定。引用元:http://www.hochi.co.jp/topics/20160509-OHT1T50083.html

確かに関連性がたかそうです・・・。

勇気を出しての告白・・すごいですね。

マットの上でも痛みに耐え、
プライベートでも痛みに耐え、
苦労の多い人生だったことでしょう。

ブログの泉田純さんの文章を見てる限り、
ノアで一緒に戦った仲間のことは大好きなようで、
辛かったの取り巻く周囲の環境だったのでしょう。

ノアファン及び、ほかプロレスラーから誤解されないか、
ちょっと、そこだけ心配ですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加