「騎士団長殺し」が北海道の脱線事故(室蘭線)の影響で1日延期(24日予定→25日)。全国では?

スポンサードリンク

「騎士団長殺し」が北海道の脱線事故(室蘭線)の影響で1日延期(24日予定→25日)。全国では?今日、2017年の2月23日の午前4時頃、
北海道のJR室蘭線にて脱線事故が起きました。

幸い、誰も怪我人は出ていませんが、
1つ間違えれば、とんでもない事態となっていました。

この事故の影響で、
村上春樹さんの新刊、
「騎士団長殺し」の発売が、

明日2月24日予定だったのが、
1日遅れの2月25日に変更されました。

この延期になった具体的な理由は何ですかね?

「騎士団長殺し」が北海道の脱線事故(室蘭線)の影響で1日延期(24日予定→25日)

前日にいきなり発売がズレるなんて、
こんな珍しいことあるんですかね?

やはり、不謹慎だとか、
そういう理由でしょうか?

新潮社は23日、村上春樹さんの新刊書き下ろし長編小説「騎士団長殺し」の発売が北海道地区で1日遅れ、25日になる見通しだと発表した。

23日未明にJR室蘭線で起きた脱線事故の影響という。同作は24日、全国一斉発売される予定だった。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00050095-yom-ent

村上春樹さんの新刊を楽しみにしていた人は、
予約してなければ、明日書店に買いに行く予定だったでしょう。

前日に、まさかの脱線事故での遅れ、
正直、困惑してる方が多いと思います。

しかし、発売前日に、
発売を延期することなんてできるんですね、
まず、そこに驚きです・・・。

ちなみに、あくまで、
「北海道での発売」が延期になっただけで、
全国では普通に予定通りの24日に発売になる見込みです。



スポンサードリンク


脱線事故(室蘭線)の詳細。けが人なし!

早朝のニュースだったのです、
北海道ではない人は、
事故の詳細を知らない方が多いことでしょう。

23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖(とうやこ)町のJR室蘭線洞爺-有珠間の北入江信号場構内で、隅田川(東京都)発札幌貨物ターミナル(札幌市)行き貨物列車(19両編成)先頭の機関車が脱線した。乗員は運転士1人で、けがはなかった。国の運輸安全委員会は鉄道事故調査官を派遣し事故原因を調べる。

JR北海道などによると、現場は緩やかな左カーブ。運転士が洞爺駅を出て間もなく異音を感じ、しばらくそのまま走ったが異音が続くため停車した。脱線したのは2両連結した機関車の前方車両で、車輪6軸のうち後方2軸の車輪が線路右側に数十センチずれていた。停車地点の手前約2キロの区間で踏切の…
引用元: http://mainichi.jp/articles/20170223/k00/00e/040/276000c#csidx075057272490a5887aa0704080bb36f

運転士さんが異常に気づくのが早く、
現場では音以外に違和感はなく、
乗っていた乗客が「脱線してたの?」というレベル。

恐ろしい事故にならなくてよかったですね・・・。

そして、朝方で乗客の少ない時間帯だっただけに、
変なパニックにならなくてよかったです。

しかし、この事故の影響で、
村上春樹さんの新刊の発売が、
一日遅れてしまうなんて、
正直、「こんなことってあるの?」とびっくりです!

北海道の方は、
一日我慢して入手するしかないので、
ネタバレはしないであげてほしいですね!

長編小説ということで、
1日だけで一気にネタバレするとかはないと思いますが!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加