上杉達也の31年ぶりの甲子園マウンド。幻のマウンドや決勝や対戦相手の憶測(MIX画像)

スポンサードリンク

上杉達也の31年ぶりの甲子園マウンド。幻のマウンドや決勝や対戦相手の憶測(MIX画像)漫画のタッチは現在でも圧倒的な人気を誇り、
浅倉南と上杉達也の色恋模様が女性にも受けて、
男性だけでなく、女性も憧れる野球マンガとなってます。

そんなタッチですが、
最後はライバルの新田との勝負に勝ち、
無事、甲子園への切符を手に入れ、
達也は南に告白・・・。

最後のシーンは甲子園で優勝したことを証明する、
明青の優勝皿が描かれたシーンで終わりでした。

見事なラストシーンですが、
気になるのは「甲子園での達也の試合」です。、

一体、明青学園は、
甲子園でどのような試合を展開し、

上杉達也はどのようなピッチングを披露したのでしょうか?

上杉達也の31年ぶりの甲子園マウンド

上杉達也が甲子園にてどんなピッチングをし、
または明青学園がどのようにして甲子園を制覇したのか・・・。

あだち充さんの名作マンガ「タッチ」に登場する主人公・上杉達也が甲子園の決勝で快投。そんな“幻”のシーンが、同作の約30年後を舞台にしたマンガ「MIX」で描かれていることが11日、明らかになった。「タッチ」では、達也の「明青学園」が全国制覇をした証しとなる優勝皿は描かれたものの、達也が甲子園で投げている場面は一切なく、「タッチ」の連載終了後から実に31年の時を経て甲子園で活躍するシーンが描かれたことになる。引用元:http://mantan-web.jp/2017/03/11/20170310dog00m200035000c.html

どうやら、あたち充さんの「MIX」の中にて、
上杉達也の甲子園での熱投が描かれいているようです。

みんなで和也のために掴んだ、
甲子園の切符を大切に、
一致団結して全国の強豪を倒したと、
想像するだけてもウルっと涙が出ます。

南と彼氏彼女の関係になった後の上杉達也は、
マウンドで、どのような気持ちを持って挑んだのか、
甲子園では、上杉達也の中に和也の姿が被ってしまうことでしょう。

「南と付き合うこと」
「甲子園のマウンドに立つこと」

兄弟で、その願望は同じだったのですから。



スポンサードリンク


上杉達也の幻のマウンドや決勝や対戦相手の憶測(MIX画像)

漫画の「MIX」の中では、
上杉達也は少ししか登場してません。

やはり「伝説の投手」として、
明青の中で、伝説となっていると、
その扱いは、あだち充さん本人も難しいことでしょう。

「MIX」は、あだちさんが2012年から月刊マンガ誌「ゲッサン」(小学館)で連載している。達也たちが甲子園優勝した約30年後を舞台に、血のつながっていない立花兄弟が「明青学園」に入り、甲子園出場を目指すという野球マンガ。達也のライバルの一人だった西村がライバルチームの監督として登場しているが、達也は“伝説の選手”という扱いで名前が出るだけで描かれたことはなかった。

11日発売の「ゲッサン」6月号に掲載された第59話「似てると思わないか?」では、立花兄弟の弟、投馬が「明青学園優勝決定試合」のビデオを再生し、「これが明青学園 上杉達也のストレート!」などと圧巻の投球をしているシーンが描かれている。マンガの最後のページには「目に焼き付いている。上杉達也の伝説の投球(ピッチング)…」と書かれている。引用元:http://mantan-web.jp/2017/03/11/20170310dog00m200035000c.html

明青学園が、甲子園で優勝するほどのチームだったのか?

好打者、好投手を率いた、
新田のいる須田工業に苦戦し、
ギリギリ掴んだ甲子園への切符です。

少なからず、明誠学園は、
地区大会が終わった後にも、
さらなる進化を遂げていたのかな?と。

個人的には鬼監督が退任したことが、
甲子園優勝の大きな要因になったのかな?

選手が崩れるまでノックを打ち続け、
選手起用は、当てつけのようなもの・・・。

しかし、あの鬼監督のしごきがあったからこそ、
明青の選手たちは、他校を圧倒する根性と体力を身につけました。

鬼監督から授かった根性と体力を元に、
代行の新監督の、理にかなった練習方法と選手起用、
これが、地区予選以上の力を、甲子園で発揮したのかな?と。

鬼監督がいなくなったとも、
おそらく部員たちは厳しい練習を課し、
甲子園までに、さらに成長していたと推測します。

上杉達也に関しては、
地区予選での経験でさらに大きくなり、
チームメイトとの最後の試合のために、
和也が憧れたマウンドに立つ男として、
さらなる走り込みで下半身強化を測ったかな?と。

球速や目に見える部分では大きく成長してなくても、
スタミナや球のキレや伸び、制球力は、
地区大会よりも良くなっている可能性が高いです。

さらに、浅倉南の彼女としての支えが、
上杉達也の大きなモチベーションとなり、
どんなピンチでも、動じないメンタルに変わったのかなと。

3年生のチームメイトは、
和也を甲子園に連れてきた誇りを胸に、
チーム一丸となって、甲子園で大暴れしたことでしょう。

最後の最後に悔いのない試合を続けた結果、
明青学園は、全国の強豪たちを圧倒し、
見事に優勝を果たす・・・。

自分の憶測ではこんな感じです!笑

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加