H2Aロケットが打ち上げ成功。「アストロh」を軌道投入?(動画・画像)

スポンサードリンク

H2Aロケットが打ち上げ成功。「アストロh」を軌道投入?(動画・画像)最近ではNASAから重大報告があり、
世間は宇宙に対しての関心が深いです。

宇宙関連のニュースは、
現代の人の関心を集めるのに、
最高の話題となってます。

今日はH2Aロケットという、
ロケットが打ち上げに成功したそうですが、
この「H2Aロケット」とは、
どのようなロケットなのか?

打ち上げ失敗が減ってきたのは、
何か良い流れがあって良いですね!

H2Aロケットが打ち上げ成功

打ち上げられたロケットの発射時点は、
やはりあの「種子島」です。

最近ではテレビでも種子島の宇宙センターの話題が出ており、
世間の関心は深まります。

無事、打ち上げが成功したH2Aロケット33号機ですが、
その様子はどのようなものだったのでしょうか?

政府の情報収集衛星「レーダー5号機」を載せたH2Aロケット33号機が17日午前10時20分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。

打ち上げ主体の三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)によると、衛星はロケットから予定通り分離され、打ち上げは成功した。引用元:http://www.yomiuri.co.jp/science/20170317-OYT1T50077.html

1月24日の32号機以来の打ち上げらしいですが、
搭載されたレーダー5号機は、
他国の軍事関連施設などを監視する事実上の偵察衛星だそうです。

やはり、近くの国に、
怖いミサイルを飛ばす国がありますからね・・・。

「アストロh」を軌道投入?(動画・画像)

今回のH2Aロケット33号機には、
レーダー5号機以外にも、
「アストロH」というものが乗っていようです。

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日午後5時45分、エックス線天文衛星「アストロH」を搭載したH2Aロケット30号機を、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げた。約14分後、予定の軌道に衛星を投入し打ち上げは成功した。アストロHは最先端のエックス線望遠鏡を備えており、巨大ブラックホールの生い立ちなど宇宙の謎の解明が期待されている。

引用元: http://mainichi.jp/articles/20160218/k00/00m/040/008000c#csidx821dbe7b67878b187fff27d8f985829

このアストロHというのは、
最先端の望遠鏡を備えており、
宇宙に遠くの景色まで見ることができるようです。

アストロHに乗った望遠鏡が、
何か新しい発見につながったり、
名前ばかりで実物を見ていない、
宇宙の何かを見ることができそうです。

80億光年先の巨大ブラックホールも見ることができるそうで、
宇宙マニアには関心が深まる話題が続きそうです。

しかし、日本がエックス線天文学の面で、
世界的にリードしてるとはすごい事実ですね!

最近では「下町ロケット」という名の、
ロケット開発に関するドラマがブームになったばかりです。

日本の工業の手柄1つ1つの尊さが、
ここしばらく見直されそうです。

WBCに続き、日本人が優越感に浸れそうな話題が続くのは嬉しいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加