香取慎吾と大下容子アナ。スマステで語る性格や付き合い。仲が良いというより信頼?(動画・画像)

スポンサードリンク

香取慎吾と大下容子アナ。スマステで語る性格や付き合い。仲が良いというより信頼?(動画・画像)芸能界に友達が一切いないとされる香取慎吾さん。
スマップ解散当時も、香取慎吾さんに関するタレントの言及がなく、
その内心は、スマップで最も謎でした。

ネットやニュースでいろんな憶測がある中、
香取慎吾さんを語ったのは大下アナだけでした。

そもそもなぜ、香取慎吾さんと大下さんは、
こんなにも信頼し合って居るのか?

香取慎吾さんがスマステーションに出演した際に、
大下アナに対して、熱く語っていたようです。

その内容を聞くと、
互いの認め合ってる仲なんだなと実感できます。

香取慎吾と大下容子アナ。互いに語る性格や付き合い。

15周年を迎えた人気番組「スマステ」ですが、
互いにMCを務める香取さんと大下さんが、
二人の関係を改めるような会話があったようです。

共演者となかなか打ち解けない香取さんにとって、
このような会話ができるのは幸せなことなのかもしれません!

心配な顔をしていても、作りものかなと感じちゃう人もいるけど。大下さんは、本当は怒りがあったとしても、それを押し殺して話しているというのが伝わってくるので。視聴者として、気持ちが一緒になれるところが素敵ですね! ちなみに、“スマステ”では、イケメンがゲストの時にテンションが上がってるはず(笑い)。

大下:自分では、いつも同じつもりなんですけど(笑い)。

香取:オープニングでひとりで屋上に上がるから、スタジオに大下さんとゲストを残してくるんですけど。“今日、大下さん、ちょっと違う感じだよね”という時は、屋上からモニターでゲストとのやり取りをそっと確認してるんですよ。まさか、上で見られていたことは知らないでしょう。

大下:えー!? 全然、知りませんでした!(笑い)。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170318-00000009-pseven-ent&p=2

15年間一緒に仕事しながらも、
まだ互いにわからない部分も多いようですが、
その距離感が、逆に香取さんの警戒心を弱めたんでしょうね!

大下アナも割と謎な部分が多く、
香取さん側から好奇心を持たれたことが、
二人の関心深い関係に繋がっているのでしょう。

謎同士ということで、
何か共通するものがあったんですね!



スポンサードリンク


香取慎吾と大下容子アナ。仲が良いというより信頼?(動画・画像)

大下アナといえば、
スマップ解散騒動の時期に、
香取さんを護衛する意見を出し、
ファンを感動させました。

当時の解散騒動の黒幕は、
完全に香取さんだと憶測されており、
そのことを知ってのフォローだったと思います。

ただ、仲が良いという形容では、
合わないというか・・・、
長年一緒に仕事して、
フィーリングで感じた香取さんがいたのでしょう。

SMAPの解散を受け、テレビ朝日の大下容子アナウンサーは15日、同局の「ワイド!スクランブル」で、涙ぐみながら「考えるたびに涙が出てしまいました」とコメント。同局の「SmaSTATION!」で共演している香取慎吾について「香取さんは本当にSMAPのこと、本当に大好きで…」と擁護した。
番組ではSMAP解散騒動について特集したが、その最後に大下アナが「香取さんが決断されたと伝えられて、そういう面もあるんでしょうけど…」と、香取が解散を訴えたとされる報道を受け、こう切り出した。
そして「香取さんは本当にSMAPのことを、本当に大好きで、いろんなSMAPのことを考えてこられていたのを存じ上げている」と、他のメンバー同様、SMAPのこと考えていたとコメント。そして「ビジネスマンでもあるけど、芸術家肌、心で動く方だと思う」と、香取の人柄を説明、「SMAPという作品を作っていく上で、一緒に作り上げてきたマネジャーさんの存在もあるでしょうし、プレーヤーでありプロデューサーの面もお持ちの方。今、心が動かなくなってしまったのかな」と、香取の心情を察した。引用元:https://www.daily.co.jp/gossip/2016/08/15/0009391687.shtml

香取さんの人柄を15年間そばで見てきた大下アナの意見には、
何か他の憶測とは違う説得力があり、
香取さんのスマップ愛を確信したファンは、安心し、感動したことでしょう。

スマップ解散の決定打が香取さんだったとは、
まだわかりませんが、世間が思っている経緯とは、
また違う、深い愛の延長にあった決断だと察してるようです。

解散後のスマステの収録を見える限り、
二人の信頼はさらに深まっているのかなと。

決して、友達のように仲が良い風には見えませんが、
長くフィーリングで感じあってきた二人にしかたわからない世界があるのでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加