真央引退に惜しむ声。各界のコメントと反応。国民栄誉賞候補の可能性?吉田沙保里や織田信成

スポンサードリンク

真央引退に惜しむ声。各界のコメントと反応。国民栄誉賞候補の可能性?吉田沙保里や織田信成長く女子フィギュアを引っ張った、
元日本のエースである浅田真央選手、
ついに引退を発表されたということで、
多くの方が、衝撃の反応を見せています。

現在の浅田真央さんは26歳と、
フィギュア選手としてはベテランになりかけてる時期。

しかし、まだまだ並の選手よりも素晴らしい演技を誇り、
いつでもトップに返り咲く姿を思い描いでしまいます。

それでも浅田真央さん本人は、
今の自分の状況に納得できないようで、
引退したい気持ちが強くだったようです。

長く葛藤に苦しんでいたと考えると、
浅田真央さんも、辛かったのかな?と・・。

真央引退に惜しむ声。各界のコメントと反応

現在の日本のフィギュア界には、
羽生選手などニュースターが多く誕生してます。

それでも数年前までの浅田真央さんのフィーバーは、
日本人にとってはインパクトの強い思い出です。

選手としてだけでなく、
人間的にも愛された浅田真央さんだけに、
今回の引退発表は、大きな反響を呼んでます。

また、各界の著名人が、
浅田真央さんの引退に対して、
労いのコメントを発表しており、
幅広い世界から大きな反応が届いてます。

2010年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート男子代表で、13年の現役引退後はタレントやプロスケーターとして活躍している織田信成さん(30)は11日午前、大阪市内で行われた自身の母校・関西大アイススケート部監督の就任記者会見後、浅田真央選手の突然の現役引退発表に触れ、「衝撃でした。彼女のスケートに憧れている部分が多かった」と話した。今かけたい言葉はと聞かれ、「ありがとう。お疲れ様。今はゆっくりしたいと思うので、一緒にカフェでも行けたら」とねぎらった。

織田さんは浅田選手のプログラムが好きで、同じ振付師に依頼したり、現役引退後に浅田選手が使用していた曲を使ったりしているといい、「一ファンとして、すごく応援していた。試合で頑張っている姿を見られないのがすごく寂しい」と目に涙を浮かべた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000042-mai-spo

同じフィギュアの世界からマオさんを見てた織田さんは、
特に今回の引退に対しても、思うものがあるみたいですね。

最愛の母との話や、五輪での挫折など、
まるでドラマのようなフィギュア人生を歩み、
その生き様は多くの日本人に夢を与えました。

母が亡くなった後の全日本での優勝劇は、
多くのファンの涙を誘いました。



スポンサードリンク


引退する浅田真央が国民栄誉賞候補?

華やかな現役生活を終えた浅田真央選手ですが、
一部の方からは国民栄誉賞に該当すると推されています。

過去、スポーツ界でその栄誉を頂いた方は、
その年にスポーツで金メダル級の活躍を見せていることが多いですが、
松井秀喜さんのように、引退後に受賞されることもあります。

フィギュアスケートの元世界女王の浅田真央(26)=中京大=が10日、現役引退を発表した。国民的ヒロインの決断に、ネット上では驚きの声とともに、「真央に国民栄誉賞を!」の声が相次いだ。
これまで五輪を最高峰の大会とする競技では、柔道の山下泰裕、マラソンの高橋尚子、レスリングの吉田沙保里、伊調馨といずれも金メダリストが受賞している。真央は五輪ではバンクーバーの銀メダルが最高。受賞となれば異例だが、国民栄誉賞の表彰規定は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」とあり、魂の演技で国民に勇気と感動を与えてきた銀盤のヒロインも十二分に当てはまる。

中には12年に受賞しているレスリングの“霊長類最強女子”吉田沙保里の「声を挙げてほしい」と“助っ人”をお願いするファンも。政府の判断の行方が注目される。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00000036-dal-spo


ファンの多くの方も、
浅田真央選手の国民栄誉賞を期待しており、
レスリング界からは吉田選手が訴えているようです。

国民栄誉賞の基準としては、
「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」
とされているので、
現在の真央選手は間違いなく条件に該当されます。

今後、国民栄誉賞を妥当される可能性は強いので、
まだまだ期待して待って見たいですね!

ある意味、金メダル以上の思い出を、
日本人の心の中に刻んでくれたのですから!

スポンサーリンク

似た内容の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加