ベイダーが昏睡状態(余命2年宣告での試合後)。病気の病名と原因(画像動画)。猪木とハンセンとの関係(プロレス)

スポンサードリンク

ベイダーが昏睡状態(余命2年宣告での試合後)。病気の病名と原因(画像動画)。猪木とハンセンとの関係(プロレス)ちょっと心配になるニュースですね。

今や「プロレス女子」という言葉があるほど、
現代のプロレスは復活の方向に進んでいますが、
過去の全盛期から苦しい時代までを知る、
偉大なプロレスラーであるベイダーさんが、

試合の後に昏睡状態で倒れてしまったそうです・・。

藤波辰爾が主宰するドラディション「DRADITION 2017 藤波辰爾デビュー45周年記念ツアー in TOKYO」が20日、東京・後楽園ホールで開幕。「余命2年」の宣告を受けたことを公表していたベイダーが試合後に昏倒。場内は一時騒然となった。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000101-spnavi-fight

ベイダー選手が余命宣告されたいたのは、
多くのプロレスファンは知っていると思いますが、
それだけに、今回の昏睡状態は心配な声が多いです。

過去には三沢さんが受け身の後に、
そのまま起き上がれない状態になりました・・・。

ベイダーが昏睡状態(余命2年宣告での試合後)。病気の病名と原因(画像動画)

きっとプロレスファンは、
平日の仕事にも集中できないほどに、
ベイダーの容態を気にかけ続けることでしょう。

かつては藤波と激闘を繰り広げ、日本マット界にその名を轟かせた“皇帝戦士”だが、昨年11月に居眠り運転が原因で、車が横転して吹っ飛ぶほどの大事故に遭い、全身を打撲。その後、自身のツイッターでうっ血性心不全により医師から余命2年の宣告を受けたと公表していた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000101-spnavi-fight

ベイダーさんが余命宣告された際の、
病気の病名は「血性心不全」です。

その原因には61歳という年齢ながらも、
巨漢を保持し、ハードに動くプロレスだと憶測されますが・・・。

過去の車の大事故があるようです。

かなり強く、簡単には倒れない!

そう信じて、ベイダーさんが昏睡状態から起き上がることに期待したいです。



スポンサードリンク


ベイダーと猪木とハンセンとの関係(プロレス)

ベイダーは長い経歴の中で、
様々な団体を渡り歩き、
世界的にも有名なプロレスラーです。

当然、日本プロレスの全盛期の猪木さんやハンセンさんなど、
多くの伝説級のプロレスラーと関わりがあります。

ちょうどアントニオ猪木の登場のタイミングと重なり、場内は騒然。だが、マイペースな猪木は「元気ですかーっ!」と、いつもの調子で呼びかけ、スピーチを続行。その間に、AKIRAやセコンド陣の救護活動で意識を取り戻したベイダーは、フラつきながらも、自分の足で花道を引き揚げていったため、場内からは「ベイダー」コールや、ベイダーの決め台詞である「ガンバッテ」という声援が送られた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170420-00000101-spnavi-fight

学生時代はアメフトのスター選手であり、
大学卒業後にはNFLにドラフトされるほどの逸材です。

ただ、体が大きいだけでなく、
その運動能力はNFLスカウトのお墨付きです。

WCWとの関係も濃く、
アメリカでの知名度も濃く、
日本に参戦するたびに大きな声援が起きました。

96年に日本のマットで猪木さんに敗れた後に、
WWFに移籍した時期は、日本のプロレスファンに優越感を与えました。

プロレスの歴史を語る上で、
大きな指針になる方だと思うので、
この先も、いろんな方向からプロレスに関わって欲しいですね!

是非とも、昏睡状態から復活して・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加