ロジャー・ムーアが死去(死因・病名)。現在と若い時。嫁と子供と遺産(画像・動画)。代表作やお勧めは?

スポンサードリンク

ロジャー・ムーアが死去(死因・病名)。現在と若い時。嫁と子供と遺産(画像・動画)。代表作やお勧めは?イギリス出身の名俳優のロジャー・ムーアさんですが、
過去には007シリーズなどで世界的に人気を誇り、
現在のアメリカの映画界の中でも伝説級の位置付けをされています。

そんなロジャー・ムーアさんですが、
5月23日に死去されてたということで、
世界中に衝撃を与えてます。

現在のロジャー・ムーアさんは89歳でしたが、
俳優にしては長生きを記録し、
長くファンの声援に応え続けました。

首をクッと切るような動きは真似されたりして、
その演技は、将来的にも忘れられないでしょう!

しかし、ロジャー・ムーアさんが亡くなった、
死因や病気の名前はなんなんでしょうか?

ロジャー・ムーアが死去(死因・病名)

ロジャー・ムーアさんが死去された速報は入っているものの、
死因の詳細はそこまで細かく報道されていません。

体を鍛え健康的なイメージのあったロジャー・ムーアさんですが、
同時に、私生活での素行も注目されていました。

【ロンドン時事】人気スパイ映画「007」シリーズで主人公のジェームズ・ボンド役を演じた英俳優ロジャー・ムーアさんが23日、死去した。

がんを患い、スイスで療養していた。89歳だった。

3代目ボンドとして、1973年の「死ぬのは奴らだ」から85年の「美しき獲物たち」まで、7作にわたり主役を演じた。テレビドラマでも活躍したほか、国連児童基金(ユニセフ)親善大使を務めるなど、幅広い活動に携わった。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170523-00000154-jij-eurp

ずっと癌だったようですが、
メディアに露出する際には、
そのそぶりは見せず、
元気で逞しかったです。

俳優業が休止されても、
ボランディアなどで世間に貢献し、
理想的な第二の人生を歩んでいました。

最後の最後まで自分のやるべきことに、
全力で取り込んできたということで、
長いキャリアは隙なく立派です!

スイスで過ごされていたそうですが、
最後は安らかの時間を過ごしてのでしょうか?

激しくも凄まじい人生を、
家族と共に終えれたなら素晴らしいです!



スポンサードリンク


ロジャー・ムーアの現在と若い時。嫁と子供と遺産(画像・動画)。代表作やお勧めは?

若い頃のロジャー・ムーアさんは、
まさにアクションスターの鏡でした。

鍛えられた肉体に、
渋い表情は男性の理想像。

多くの方がロジャー・ムーアさんに憧れて、
同様の髪型や服装を真似したことでしょう!

日本でもこの髪型は流行りましたね!笑

女性にモテモテだったロジャー・ムーアさんは、
プライベートも派手にやってましたが、
実際にところは堅実で硬派な男性でした。

演技だけでなく私生活でも、
スターだったロジャー・ムーアさんを、
嫌う人間など、ハリウッドにはいなかったことでしょう!

ただ、元嫁から受けた仕打ちについて、
5年ほど前にニュースになってましたね・・・。

人気スパイ映画「007」シリーズのジェームズ・ボンド役で知られる英俳優ロジャー・ムーア(84)は13日までに、2人の元妻から過去に家庭内暴力(DV)を受けていたとテレビのインタビュー番組で明らかにした。英大衆紙サンが報じた。

ムーアは4回結婚しているが、暴力を受けたのは最初と2番目の妻から。1940年代に結婚した最初の妻は怒ると引っかく癖があり、生傷が絶えなかったという。ティーポットを投げ付けられたこともあり「結婚生活は絶望的なものだった」と回想した。

50年代に結婚した歌手で2番目の妻も同様に怒りっぽく、ムーアさんが弾いていたギターをもぎ取ってムーアさんの頭を殴りつけたこともあったという。一方で、自身の浮気が暴力を受ける一因だったとして「私が身勝手だった」とも述べた。引用元:http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/09/14/kiji/K20120914004111570.html

女性には絶対に手を上げない、
何があってもやり返さない、
そんな硬派な性格ゆえの事件だったと思います。

ユニセフでは恵まれない子供のために、
一生懸命、訪問を繰り返し、精力的な行動を見せました。

女性にも子供にも優しい、
理想的な紳士そして、
これからも渋い男のアイコンとして知られることでしょう。

007のジェームズ・ボンド以外にも、
キャノンボールやピンクパンサーも名画で、
彼の代表作はあげたらきりがないです。

今回の死去で過去の作品を遡ってみたい人も多そうです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加