サッカー東京五輪監督に手倉森誠の可能性と理由。リオを指揮した経歴。双子と嫁。カンニングの竹山に似てる?(画像・動画)

スポンサードリンク

サッカー東京五輪監督に手倉森誠の可能性と理由。リオを指揮した経歴。双子と嫁。カンニングの竹山に似てる?(画像・動画)いよいよ準備が慌ただしい東京五輪ですが、
サッカーの代表には注目が集まってます。

今のサッカーの若い世代には、
世界で戦えそうな優秀な選手が多く、
東京の五輪の時代には、全盛期を迎えるとされます。

そんな中で気になるのが、
サッカー日本代表の監督です。

20年東京五輪の男子日本代表監督の最有力候補に、現A代表コーチの手倉森誠氏(49)が挙がっていることが分かった。16年リオ五輪の代表監督を務めた手倉森氏は、仙台時代にはチームをリーグ2位に押し上げ、五輪予選を兼ねた16年U―23アジア選手権では日本を初優勝に導くなど勝負師としての手腕がある。関係者によれば、日本協会内には五輪監督経験者を推す声も多く、手倉森氏は適任となる。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000004-spnannex-socc

2016年のアジア選手権にて、
代表を初優勝に導いた腕前の、
手倉森誠監督になる可能性が高いそうです。

経験に監督に就任して欲しい声が多く、
その中では手倉森誠さんは押されるネームバリューです。

サッカー東京五輪監督に手倉森誠の可能性。リオを指揮した経歴

現在のU-20は今後の日本サッカーを背負う世代で、
彼らの育成の意味を込めて、東京五輪の監督は重要な任務です。

来年の2018年に始まる、
中国でのU-23のアジア選手権で、
その本領が試されますが、
その頃までに手倉森誠さんの監督が決定しそうです。

U―20としての活動が終わったこの世代は東京五輪代表の中心になる。本格的な東京五輪チームはU―23アジア選手権(中国)が開催される18年1月までの旗揚げを目指しており、日本協会の西野技術委員長はベネズエラ戦後に「(この世代を)掌握しているに越したことはない」と監督像を明かした。他の候補として広島の森保一監督(48)、G大阪の長谷川健太監督(51)、J2名古屋の風間八宏監督(55)らの名前も挙がっている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000004-spnannex-socc

今のところ五輪監督への関係者からの言及はありませんが、
サッカーファンの読みだと、どうしても手倉森誠さんしかいないという・・・。

他の監督候補にはガンバ大阪の長谷川健太監督、
広島の森俣一監督の名前などがあります。

そして、今年2017年の7月に控える、
来年の中国でのアジア選手権の予選試合では、
内山監督が率いるとされています。

仮に手倉森誠さんに監督を委ねるとしたら、
早い方が良いされますが、
その辺の今後の動きが気になります!



スポンサードリンク


手倉森誠の双子と嫁。カンニングの竹山に似てる?

手倉森誠さんは実は双子なのです!

手倉森誠さんの双子兄弟は、
手倉森浩さんで、同じサッカーの指導者です。

出身は当然、同じ青森ですが、
双子として地元のサッカーを盛り上げていたそうです。

兄弟揃ってサッカーの才能があるなんて、
なんとも羨ましい・・・・。

ベガルタ仙台では兄弟でコーチに就任し、
2008年には手倉森誠さんが監督の元、
手倉森浩さんがヘッドコーチに就任してました。

互いのキャラ的にも生き生きしてるので、
東京五輪の監督に就任した暁には、
二人でサッカー界を盛り上げて欲しいですが・・。

また手倉森誠さんは個人は、
芸人のカンニングの竹山さんに似てるとされ、
少し前にはネットで話題になりました。

実際に似てるのか?といえば、そうでもないですが、
雰囲気やベンチでの厳つい表情はそっくりです!笑

手倉森誠さんも竹山さんも、
厳しさの中に優しさがあり、
見ていたほっこりします。

愛のある優しいお父さんのような存在で、
人間的に尊敬される、素敵な雰囲気ですね!

また、愛する嫁さんとのエピソードも素敵です。

48年ぶりのメダル獲得を狙うリオデジャネイロ五輪サッカー男子日本代表の手倉森誠監督(48)。妻真澄さん(36)が結婚10年目で初めてメディアに登場し、夫の成功を願った。

地球の裏側で世界大会に初挑戦するパパへ、仙台から娘2人と声援を送る。手倉森監督の妻真澄さんは「メダルを取る、取らないは考えないようにしています。結果は何でも受け入れるだけなので」。07年の結婚以来、初めて応じたインタビュー。「初めは緊張して試合も見られなかったのに、私もメンタルが鍛えられましたね」。穏やかな笑顔で夫を見守る。引用元:http://www.nikkansports.com/olympic/rio2016/soccer/news/1689936.html

2006年に嫁さんが務める美容室にて、監督と運命の出会いを果たしたそうです。2007年にめでたく結婚を果たし、サッカー関係者の嫁としての苦悩もあったそうです。

厳しい戦いが多いサッカー界にて、嫁さんの存在はメンタル的に重要。辛いことがあっても支えて助言をくれる嫁さんに、日々感謝してることでしょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加