野田英樹の娘「Juju」は11歳のプロレーシングドライバー!本名「野田樹潤」のカートF4での成績(フォーミュラ)

スポンサードリンク

野田英樹の娘「Juju」は11歳のプロレーシングドライバー!本名「野田樹潤」のカートF4での成績(フォーミュラ)若干11歳にして、
プロのレーシングドライバーとして、
数々の活躍を見せているJujuさん。

Jujuさん父が野田英樹さんということで、
前々から話題となっていました。

実際にJujuさんと父の関係の詳細は、
なかなか語られることが少ないですが、
最近になって、父との関係について語るようになったみたいです。

まだ小学6ねんせいの女の子が、
時速200キロを超えるマシンを、
堂々と操縦する姿は異様です。

岡山・美作市に11歳のプロレーシングドライバーがいる。少女の名前はJuju(本名・野田樹潤=NODAレーシングアカデミー)。その小学6年生は、時速240キロにもなるフォーミュラカー(F4)を操る。夢は「日本人初の女性F1レーサーになることです」。すぐさまニッコリと笑って「そこで優勝することです」と付け加えた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-01846628-nksports-spo

Jujuさんが操縦するマシンは、
「フォーミュラカー」と呼ばれる、
時速240キロにもなるスピードカー。

それを恐怖心を捨てて、
堂々と操っているのですから、
父の遺伝子の強さを感じます。

Jujuさんは日本人初の、
女性のF1ドライバーを目指してるそうで、
その将来性に、多くの関係者が期待してます。

野田英樹の娘「Juju」は11歳のプロレーシングドライバー!

世間的には11歳は車の免許も持てない年齢。

11歳の小学生の女の子が、
240キロのマシーンを乗りこなすのは、
見ている側からすると、
かなりヒヤヒヤする光景です。

Jujuさんが普段どのような女の子なのか、
まず、その部分に脚光が当たるとおもいます。

いくら野田秀樹さんの娘だからといって、
価値観の何もかもが異質なはずはないですよね・・・。

6月26日、大阪市内のホテルで行われたJujuの後援会発足記念パーティーに足を運んだ。恥ずかしながら自動車の取材経験がなかった私は、素朴な疑問だらけだった。もちろん、11歳は運転免許さえ持てない。その年齢で、F1への登竜門であるF4のスピードを知っている。ウインカーを出したり、ワイパーを動かす経験の前に、240キロのマシンを操縦…。「怖くないのか?」「どんな生活をしているのか?」「なぜ、この世界へ?」…。聞いてみたいことが山ほどあった。

初めて取材したJujuは、笑顔が映える普通の女の子だった。学校では鬼ごっこや工作で遊び「ドッジボールは逃げるのが得意」と教えてくれた。趣味は料理で「最近は、う~ん…」と考えた後に「キムチチャーハンを作りました!」。そんなJujuが10歳での失敗談をこう明かす。「アクセルが戻らなくなって、そのまま(コース脇へ)突っ込んで…。救急車で運ばれて、入院しました」。無事だったものの、恐怖感は残ったという。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-01846628-nksports-spo

Jujuさんはいたって普通の小学生のようで、
学校では友達と普通に鬼ごっこをしたり、
家では料理も作るそうです。

しかし、10歳の頃にアクセルが戻らず、
ブレーキが踏めないままに突っ込み、
救急車に運ばれて入院した経験もあるようです。

恐怖心も普通の方のようにあるみたいですが、
そのメンタル的な部分は、
偉大な父である野田秀樹さんの支えて安定してるようです。

父が一番の師匠というのは、
レーシングドライバーにとって、
まるで夢のような境遇です。

この先、大きく成長していって、
本当にF4ドライバーになってる、
Jujuさんの姿が、自然と浮かんでしまいます・・・・。



スポンサードリンク


本名「野田樹潤」のカートF4での成績(フォーミュラ)

Jujuさんの父は野田秀樹さんということで、
本名も当然、父と同じ「野田」です。

Jujuさんの本名のフルネームは、
野田樹潤さんです。

かなり渋い名前で、
キラキラネームを避けるあたりが、
野田秀樹さんらしくて素敵ですね!

しかし、気になるのはJujuさんの、
ドライバーといての成績です。

11歳の若さでプロになったのは立派ですが、
果たして成績は良いのでしょうか?

元F1ドライバーの野田英樹さん(48)。5月に佐藤琢磨(40=ホンダ)が日本人初優勝を果たして話題となった、インディ500などにも参戦した世界的な選手だ。父に憧れ3歳でレーシングカートを始めたJujuは、再び勝負の場に戻った。F4デビュー戦だった今年4月23日、フォーミュラU17開幕戦(岡山国際サーキット)でいきなりの優勝。さらに、F4のコースレコード1分33秒7を上回る1分32秒8の記録をたたき出し、関係者は沸いた。

夢のF1ドライバーとしてレースに参加するには「スーパーライセンス」が必要で、これには18歳の年齢制限がある。Jujuは年内にもF3に向けた練習を開始する予定だ。カテゴリーが上がるにつれ、もちろんマシンの馬力は上がっていく。待つのはライバルと競いながら世界を転戦し、下位カテゴリーでポイントを稼ぐ道のりだ。F1への過程は厳しく、順風満帆に進んでいくとは限らない。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170628-01846628-nksports-spo

父に憧れて3歳からレーシングカートを始めたJujuさんですが、
幼少期からの英才教育の恩恵で、
コースの感覚は大人のプロ顔負けなレベルらしいです。

今年2017年4月23日の、
フォーミュラU17でのJujuさんは、
まさかのデビュー戦での優勝を飾りました。

F4ではすでに敵なしなタイムを記録しているので、
成績的にはすぐにでもF3まで行きたいですね・・・。

現在のJujuさんはすでにF3に向けての練習を視野に入れており、
最年少で階級を上げていく様が浮かびます。

しかし、夢のF1は18歳からでないと無理なので、
しばらくは下積み生活をしなければいけません。

F1までの道は遠いですが、
夢を叶えるJujuさんの姿を、
1日でも早く見てみたいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加