永野の極貧時代。消えたネタと動画(とんねるず・芸人画像)

スポンサードリンク

永野の極貧時代。消えたネタと動画(とんねるず・芸人画像)お笑い芸人としてブレイクした永野さんですが、
売れない時代はかなり悲惨だったようです。

現在の永野さんは42歳と、
売れた時でもかなり年齢を重ねており、
芸人の中でも遅咲きの部類の方です。

そんな永野さんが、
売れない時代の悲惨な思い出を語り、
それが話題になっているみたいです。

キモくてマニアックなネタで活躍中のピン芸人の永野さん(42)。下積み時代には若者に人気の三軒茶屋に住んだが、生活は極貧で悲惨。夜中に天井に向かって叫んだこともあった。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000004-nkgendai-ent

かなりヒステリックな思い出が多ようで、
自分の人生、本当にダメになると、
内面が破壊されかけていたそうです。

それでも地道に頑張って、
栄光を掴んだんですから凄いですよね!

永野の極貧時代

売れない時には公園にて、
アングラな芸人と集まり、
塩をつまみにして飲んでいたそうです。

塩って、そんなにうまいんですかね?笑

三軒茶屋と言うおしゃれな街に住みながらも、
家賃2万円代の安い部屋に住むなど、
その現実とのギャップにも苦しんでたそうです。

当時は売れないアングラ芸人たちとひたすらつるんでました。金がないから、酒を飲む場所は公園が当たり前。公園で塩をなめながら飲んで「こういう飲み方がカッコいい」とか言って。

世に出るのって、その時期からでも9年後ですよ。自力で売れたから誰にも貸し借りがないんですけど、9年前に公園で一緒に塩をなめて酒を飲んだ芸人のことは忘れないですね。番組や取材で「永野さんのイチ押し芸人はいますか?」と聞かれると、そのアングラ芸人たちの名前を出して恩を返していこうと思ってます。貧乏を共にした芸人とは今でも仲良くしてますよ。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170828-00000004-nkgendai-ent

壁の薄い部屋は、道路のほぼ隣で、
騒音で夜もうるさかったそうです。

また、自販機も家の近く、
誰かが買い物をするたびに、
音が鳴り響いてたそうです・・・。

悲惨すぎてかわいそう・・・笑。

家を出るときは大家さんに、
「よく十年も住んだね」と言われたそうです。

どんだけ、環境の悪いところだったのだろうか。

コンビニや日払いのバイトで10万ほど稼いでたみたいですが、
全く胃袋は満たされずに、常に空腹だったようです。

芸人を目指すって、やっぱり大変なことですね。



スポンサードリンク


永野と消えたネタと動画(とんねるず・画像)

一時期、永野さんは、
「消えた」「干された」と、
ネットで噂されていました。

しかし、実際には劇場など、
しっかりと芸人の仕事はされてます。

干されたと噂された原因には、
とんねるずの番組のドッキリに出演した際に、
素で起こってしまい、芸人らしいリアクションができなかったことです。

また、リアクションができなかったことに加えて、
事務所の社長の名前を出して、低いトーンで空気を悪くしてしまったのです。

きっと共演して先輩のとんねるずさんもびっくりしたことでしょう・・・笑

その番組での失敗があったからこそ、
永野さんは露出が減るたびに、
「消えた」「絶対干された」と噂されてしまうのです。

果たして、どこまでとんねるずのみなさんが怒っているのか・・・。

いや、単純にドッキリには向かないとして、
同じいじりの番組には遠慮してるのかな?と。

その真相がわかるのは、まだまだこれからになりそうです。

せっかく掴んだ夢なのですから、
最後まで応援してあげたいですね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加