御影高杉の「御影本店」が 閉店。行列と今後(理由・原因は?)。高杉良和シェフの復興の希望

スポンサードリンク

御影高杉の「御影本店」が 閉店。行列と今後(理由・原因は?)。高杉良和シェフの復興の希望神戸が生んだ名物洋菓子ブランドである「御影高杉」ですが、
なんと、9月末までに全店舗を閉店することを発表しました。

このニュースは8月1日に報じられ、
長く御影高杉を愛したファンに衝撃を与えました。

また、御影本邸が今日31日に、
ついに閉店してしまいました・・・・。

神戸スイーツを代表する洋菓子店「御影高杉」の御影本店(神戸市東灘区)が31日、閉店した。そごう神戸店は9月半ば、西宮阪急店は同30日に閉店し、21年の営業を全て終える。運営する和・洋菓子製造販売の本高砂屋(同)は「総合的に経営判断した」としている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000075-mai-soci

本店が閉まってしまうと、
本格的に、消滅すること実感します。

そごう神戸はまだ閉店されてないですが、
今後は、各店舗に閉店を惜しむファンが並ぶことでしょう。

御影高杉の「御影本店」が 閉店

御影高杉は1996年の9月に、
阪神大震災の後の地域復興を込めて開店。

当時の関西の方からすれ、
「イチロー」と「御影高杉」は、
復興の希望となった地元の名産だったことでしょう。

長年、看板メニューとして活躍した、
「ミルフィーユ」は、多くの人に愛されて来ました。

阪神大震災の翌1996年9月、スイーツによる地域復興の願いも込めて阪急御影駅前に開店。イチゴと生クリームとスポンジが最後まで同じ味のバランスで楽しめる四角いショートケーキや、店内でしか食べられないミルフィーユが人気で、一時は東京にも進出。最大6店舗を構えた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000075-mai-soci

一時期は東京にまで進出してましたが、
基本的な人気は、地元の神戸が主でした。

高杉シェフを筆頭に、
個性的にスイーツを多く輩出しており、
味も接客も、神戸で10本指に入るスイーツ店でした。

関西のミルフィーユの王様とまで言われており、
あの味を愛して方々は、代わりを探すことに苦労することでしょう。

当たり前に思っていた味が、
思い出の中に消えていくというのは、
なんとも切なく、儚い・・・涙。

また、ミルフィーユ以外にも、
アップルティーなどのサイドメニューも人気で、
それぞれがそれぞれのメニューに思い出を残しています。



スポンサードリンク


行列と今後(理由・原因は?)高杉良和シェフの復興の希望

御影高杉の閉店が決まった当初は、
連日、多くの人が行列を作ったそうです。

最高で4時間を超える行列だったとようで、
その人気は完成当初のディズニーシーのタワーオブテラーばりでした。

8月1日に閉店が発表されると連日200人以上が来店し、最長4時間半待ちの長蛇の列ができた。看板シェフの高杉良和さん(65)は「スイーツを通して神戸を元気にすることに少しは貢献できたと思う。支えてくれた地域の人に感謝している」と話した。高杉さんは今後、本高砂屋の商品開発や社外での後進の指導にあたるという。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170831-00000075-mai-soci

お店の主力である高杉シェフの年齢も、
気づけば65歳・・・代わりになる方はいないのはわかります。

震災からの復興の目標を実現し、
さぞ、充実感に溢れていることでしょう。

こうやって、夢を実現させるシェフがいることは、
今後の、飲食業界にとっては、頼もしいです。

これからも高杉シェフのような、
才能豊かで高貴な料理人が、
どんどん登場してくれたら嬉しいですが・・・。

今後の高杉さんは、若手育成に集中するそうですが、
無事、高杉さんのスキルを吸収できる猛者は現れるのでしょうか?

若い世代にバトンタッチされていくと思うと嬉しいですが、
御影高杉の名前がなくなってしまうのは、やはり寂しいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加