光宗薫が芸能活動休止。病気(摂食障害)を告白。今後の仕事を予想と理由

スポンサードリンク

光宗薫が芸能活動休止。病気(摂食障害)を告白。今後の仕事を予想と理由元AKBメンバーで「スーパー研究生」として話題になった光宗薫さん。

AKB脱退した後は女優などとして活躍されてきましたが、
今年2017年の10月をもって、
芸能活動を休止することを自身のツイッターで発表しました。

元AKB48の光宗薫(24)が21日、自身のツイッターで10月で芸能活動を休止することを発表した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000092-spnannex-ent

現在24歳の光宗薫さんですが、
これまでに女優などの仕事をこなし、
元モデルの美貌を生かした振る舞いが人気でした。

世間の認知度も高く、
これから女優のステップを上がっていくと、
誰もが信じていたことでしょう。

この若い時点での芸能活動休止は、
長く応援してきたファンからすると、
「勿体無い」と思いますが、
彼女なりの事情があったそうです。

長年抱えていた病気である、
「摂食障害」を告白しました。

光宗薫が芸能活動休止

今までの光宗さんは、
周りのサポートもあって、
ギリギリの状態で活動を続けていたそうです。

テレビなどで見る光宗さんは健康そのもので、
誰も病気で闘っているなんて想像できませんでした。

それでも「様々な表現に携わるこの仕事を続けたいという私の強い希望の下、周りの方々にサポートしていただき現在まで続けることが出来ていました」と活動を続けてきたが、「近年は状態が落ち着かず、強い気持ちを持つ程バランスが取れなくなり好きな活動も徐々に辛いだけのものに変わっていました」と状態が悪化したという。

「再び愛を持って活動が出来るまでお休みをいただく事に決めました」と自らの決断を明かし、「応援して下さった方々に感謝します」とファンへの感謝を記している。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000092-spnannex-ent

あくまで光宗さんは「おやすみ」という言葉を使い、
決して、この時点で芸能界を引退するわけではないと。

近年、なかなか体と精神の状態が安定しなかったそうですが、
その予兆は休みがちであったAKB時代からもありました。

やはり、若くして大きなプレッシャーを抱え、
光宗さんの若き日々は精神的に辛いものがあったのでしょう。

しかし、長く摂食障害さんを苦しめている病気、
摂食障害とは、どのような病気なのでしょうか??



スポンサードリンク


光宗薫が病気(摂食障害)を告白。今後の仕事を予想

もともと光宗さんは、
AKB時代から「痩せすぎ」と言われていました。

その時は、元モデルということで、
過度な食事制限やダイエットが原因だと思われてました。

また、メンバーと共にキャンプをする企画では、
一人暮らしでありながら、全く料理ができないことが発覚し、
食への興味が極端に低いということがわかりました。

脱退した後の番組では、
自身の口から食に興味のないことを自白し、
食事はりんごだけで済ませてしまうなど、
共演者を驚愕させ、後日ネットでも話題になりました。

しかし、今になって摂食障害を告白するとなると、
長く辛い事実を隠していたのかな?とかわいそうな気持ちになります。

よくここまで気丈に振る舞ってきたなと・・・。

光宗は「突然ではありますが、2017年10月より芸能活動を休止致します。今日までの約6年間、多くの経験をさせていただきました」と報告。10代から「摂食障害、強迫的な症状」など体調不良に悩んでいたことを明かし、「一時的に拘束してもらわなければ生活が儘ならない状態を繰り返しています」と体調について告白した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000092-spnannex-ent

光宗さんは「強迫的な症状」と語っていましたが、
ただ、食事や健康に影響を与えるのではなく、
精神的にかなり辛い症状まで出ていたそうです。

一時的に拘束されなければ、生活ができない・・、
これはかなり重症に思えるのですが・・・。

光宗さんが病気を克服するまでに、
長く時間が必要なのは明らかで、
今回の芸能活動休止は、
そのもも業界からのフェードアウトも考えられます。

今後の光宗さんはどんな仕事をされるのか・・・、
やはり地元の大阪に帰るのでしょうか?

イラストレーターとしての腕前が絶賛されているので、
アートチックな仕事をされていけば良いとも思いますが、
今の彼女の状態ではそれが平気なのでしょうか。

個人的には芸術家気質な雰囲気があるので、
現場にいなくても、何かを生産する立場の仕事を続けて欲しいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加