オードリー春日の美学。東大受験「得する人損する人」(動画)。過去の挑戦や無謀なチャレンジ

スポンサードリンク

オードリー春日の美学。東大受験「得する人損する人」(動画)。過去の挑戦や無謀なチャレンジ超人的な肉体とポテンシャルで、
現在のお笑い界で未だに異色の存在感を示すオードリー春日さん。

常に難しい挑戦を重ね、
番組などで視聴者にインパクトを与えてきました。

なぜ、オードリー春日さんは、
そこまで無茶なことにチャレンジをするのか?

実は彼には深い信念があり、
ただ、無謀なことをしているわけではないそうです。

オードリー春日さんには、
彼なりの美学があるそうです。

「春日には昔から“受ける美学”があるんですよ。たとえ何があっても、耐えることができます。今回の受験やエアロビ挑戦も同じです。無理なことを言われても『そっちがその気なら、やってやろうじゃないの!』と思ってしまう。決して楽ではないですが、できたら逆に面白いでしょう?だから言われたことは、全部やってみようと思っています」引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170930-00010002-jisin-ent

耐えることに強い自信があり、
さらには無理だと言われてることに、
チャレンジして、成功して見せることに、
強いこわだわりを持っているそうです。

そして今回は、
なんと東大の受験の挑戦するというのです!

もちろん番組を通じてですが、
その受験の行方が気になりますね!

オードリー春日の美学。東大受験「得する人損する人」(動画)

オードリー春日さんが東大の受験に挑戦するのは、
番組「得する人損する人」の中の企画です。

見出しを見た時点で多くの人が、
「春日が東大?いや無理でしょう」と思うはずです。

無理だと言われるほど燃え、
必ず実現に向けて動く美学は、
この企画の中でどうなって行くのか・・・。

日本テレビ系のバラエティー番組『得する人損する人』の企画で、東大受験に挑戦することとなったお笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰(38)。過去にもボディビルやフィンスイミング、レスリングなど多くの挑戦を続けてきたが、受験勉強は20年ぶり。最終学歴は日本大学商学部卒。現役時代から古文は得意だったが、英語と数学は大の苦手。最初に手渡されたのは、小中学生レベルのドリルだったという。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170930-00010002-jisin-ent

春日さんが受験勉強に挑戦するのは20年ぶりで、
かなりブランクある状態からのスタートのようです。

古文は得意ながらも、英語と数学はかなりレベルが低いらしく、
小・中学生のドリルから勉強をスタートさせているようです。

学生時代は勉強に本気になる気がしなかったそうですが、
それでもぼちぼちな点数を取っていたということで、
時頭はそこまで悪くないのですかね?

春日さんは3ヶ月前から勉強し、
偏差値35の生徒を現役で東大に送った講師・時田さんの元、
本気での東大合格を狙っています。

学生の頃から本気出せば、
東大に受けると思っていたという、
その自信は本当だったのか、
春日さんの美学とかねて、
その本領が明かされるときがきます。



スポンサードリンク


オードリー春日の過去の挑戦や無謀なチャレンジ

春日さんはこれまでに、
格闘技、ビルダーなど、
体を張った経験を多い方です。

節約生活でみせた根性とアイディアは、
未だに記憶に新しく、ツイッターなどでは、
当時の春日さんのアイディアを真似した投稿などがあります。

ある意味、春日さんの挑戦してる姿は、
刺激的で、カリスマ的とも言えますが、
「頭を使う」、勉強の挑戦は初めてです。

負けず嫌いになんでも実行してきた、
予想を超える美学を持つ春日さんですが、
学生時代から驚異的なエピソードが多いです。

「若林が後ろの席にいて、毎日少しずつハサミで春日の髪を切ってくるんです。でもここで反応したら負けだと思って黙っていました。ほかにも学生時代に『絶対死なない』と言ったら、友だちに『だったら立ちこぎした自転車から飛び降りろ!』といわれたこともありました。もちろん、やりましたよ。渓流の渦に放り込まれたこともありましたが、無事生還。友達の運転する車でひかれそうになったこともありましたが、ボンネットに飛び乗ってピースしてやりました。まあ友だちというのは全部、若林ですけど(笑)」引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170930-00010002-jisin-ent

まさに命をかけた挑戦だったそうです・・・。

できないと思われるぐらいなら、
そのままこの世からいなくなった方が良い!

春日さんの中に眠る美学の真骨頂はそこでしょうね。

過去に淳さんが青学の受験に挑戦したことがありますが、
東大は話が全然違ってきます。

それでも春日さんの挑戦に肯定的な意見が多く、
これまでの努力や我慢つよさを知ってるだけに、
期待されている方が多いです。

奮闘は期待できても、合格はさすがに・・・。

最後の最後まで春日さんの美学を見届けましょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加