井上尚弥 第1子誕生。性別と名前は?(画像)。嫁は一般人の同級生(青陵高校)。顔は美人で可愛い?

スポンサードリンク

井上尚弥 第1子誕生。性別と名前は?(画像)。嫁は一般人の同級生(青陵高校)。顔は美人で可愛い?天才と呼ばれている日本最高ボクサーと言われている井上尚弥選手ですが、
2015年に結婚した同級生の嫁さんとの間に、
ついに第一子が誕生したようです。

妊娠してからも話題が絶えなかった井上尚弥選手ですが、
今までの試合の向けたプレッシャーとは、
一味違った緊張感があったのではないでしょうか?

イケメンボクサーとして活躍するも、
高校生の頃から大切にしていた女性と結ばれ、
24歳の若さで父親になるという、
その境遇自体が「強い男」として語られそうです。

ボクシングのWBOスーパーフライ級王者・井上尚弥(24)=大橋=に5日、第1子の男児が誕生した。7日に所属ジムと、井上とマネジメント契約するホリプロがマスコミ各社宛のファクスに連名で報告した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000091-dal-fight

歴代の日本のボクサーを見てみても、
嫁と子供を大切できる選手は大成する傾向があるので、
井上尚弥さんが女性と子供に優しい人間であると証明されれば、
今後の期待はさらに大きくなるでしょうし、
世間からの声援も盛大になっていくことでしょう。

若くして成功してても嫌味にならない、
珍しいアスリートですが、
歳を重ねた後にも楽しみなので、
一児の父として素敵な歳の重ね方をして欲しいですね!

井上尚弥 第1子誕生。性別と名前は?(画像)

神奈川出身の井上尚弥選手ですが、
嫁さんとの新婚生活も神奈川です。

そして、今回第一子の生まれた場所も、
神奈川の病院でした。

実は出産する状況に井上尚弥さんは立ち会えず、
出産後に、すぐに駆けつける形になったそうです。

夫人は2015年12月1日に結婚した高校生時代の同級生(23)で5日の午後5時29分に神奈川県内の病院で出産。体重は2915グラムで母子共に健康。井上は出産には立ち会えなかったが、誕生後すぐにかけつけたとのことで、名前はまだ決まっていないという。

井上尚は「待望の第一子が産まれました!元気な男の子です!これで家族も一人増え守るものが増えたので、いつまでも強くいれる父親でいたいと思います!年末の試合は父親としてリングに上がるのでより一層気合を入れて行きます!」と自身のブログでコメントした。

父でトレーナーの真吾氏は「ホッとしました。自分を超える親父になってほしい」と初孫誕生を喜んだ。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171007-00000091-dal-fight

性別は男の子のようですが、
まだ名前は決まってないとのことです。

年末の試合に向けて忙しいと思いますが、
子供の名前を決めることなど、
嬉しい楽しみがたくさんあって羨ましいですね!

井上尚弥選手自身のブログでは、
子供が生まれたことで、
これまで以上の気合いを入れると、
頼もしいコメントを見せています。

嫁さんの赤ちゃんの心配事も去り、
今後は試合に向けて動くのみ。

明日から井上尚弥選手は、
血眼になって練習に取り組むことでしょう。

井上尚弥選手の伝説はまだまだ期待できそうです!



スポンサードリンク


井上尚弥の嫁は一般人の同級生(青陵高校)。顔は美人で可愛い?

井上尚弥さんの嫁さんの名前は、
「咲弥」さんで、現在ペットショップの店員をやっているそうです。

二人の馴れ初めは高校一年生の時に、
同じ相模原青陵高校にて、友人の紹介で知り合ったそうです。

互いにクラスは違ったようですが、
友人を通じて遊びに行き、
一気に距離が縮まったそうです。

付き合い当初は、
デートのために練習をサボったりしてたそうですが、
そんな井上尚弥さんを心配するなど、
当時から普通の高校生よりも冷静な感性を持っていたそうです。

ペットショップで働く女性というのは、
動物が好きで、子供が好きで、優しい人が好きというイメージがあります。

井上尚弥さんのボクシングに対する理解も深いということで、
かなりガチな「支え」になっているなと感じます。

出産の時に立ち会えなかったというのも、
きっと、自分よりも練習を優先してほしいと訴えのでしょうか?

ちなみに井上尚弥さんの嫁さんは、
結婚式に同じジムの清水選手がインスタに画像を投稿し、
そこで「美人すぎる」と話題になりました。

サッカー選手でも、ボクサーでも、
なぜこんな美人をゲットできる方が多いのでしょうか?

やはり女性ホルモンが強い女性ほど、
男性ホルモンの強い男性を好むということでしょうか?

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加