山田邦子が参加辞退(女芸人No.1決定戦)。急遽降板の理由・原因。事務所コメント「番組主旨の説明不足」

スポンサードリンク

山田邦子が参加辞退(女芸人No.1決定戦)。急遽降板の理由・原因。事務所コメント「番組主旨の説明不足」現在57歳にもなる山田邦子さんは、
実は女性芸人の中でも大御所中の大御所です。

漫才ブームに乗りながらも、
ブームが去った80年代に天下を取り、
そこから10年代まで3年以上も一線で活躍されています。

最近では干されているような噂もありましたが、
テレビに出演されれば、
確実に結果を残すということで、
多くのお笑い好きの方に尊敬されていました。

そんな山田邦子さんは、
女芸人No. 1決定戦に出場することが決定し、
優勝候補として期待されていました。

しかし、今日になって、
まさかの決定戦辞退を発表しました。

日本テレビは16日、12月に決勝を生放送する「女芸人NO.1決定戦 THE W(ザ・ダブリュー)」に出場を予定していた山田邦子(57)が辞退したと発表した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000127-spnannex-ent

まさかの急遽辞退に多くの方が失望されていますが、
山田邦子さんが出場を取りやめた理由には、
主に何があったのでしょうか?

昭和から平成にかけて活躍する、
女性芸人の鏡である彼女がいないと、
その決定戦の内容の濃さにも影響を与えます。

山田邦子が参加辞退(女芸人No.1決定戦)

山田邦子さんが「女芸人No. 1決定戦」への出場辞退を発表したのは、
今日のことで、それは何も前触れもないことだったそうです。

きっと多くの関係者やファンが驚いていることでしょうが、
その理由に対しては山田邦子さんが所属する太田プロダクションは、
「番組趣旨の説明不足」とあったそうです。

この日、急きょ所属事務所の太田プロダクションからキャンセルの連絡があった。この日は中目黒キンケロ・シアターで予選1回戦があり、山田はEグループで出場予定だったが、取りやめた。

辞退の理由について、太田プロによると「マネジメント側の(山田)本人への番組主旨の説明不足があった」という。大会の認識に誤解が生まれ「それなら“出られない”となりました」と説明した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000127-spnannex-ent

きっと事務所と山田邦子さん本人の中で、
伝達ミスなどがあったということでしょうか?

そもそも山田邦子さんが、
こういう決定戦のような番組に出場することは、
かなり珍しいことで、それによって大きな話題を呼んでいました。

山田邦子さんが間違った番組趣旨の説明をされて、
それで承諾した後に、周囲などの反応を見て「え、違うぞ!?」と思ったのでしょうか?

山田邦子さんのガチンコでの女芸人としてのポテンシャルを観れるチャンスだっただけに、
多くの関係者とファンががっかりしてることでしょうが、
本人の承諾した背景に、そもそも伝達ミスがあったのなら、仕方ないですね!



スポンサードリンク


急遽降板の理由・原因。事務所コメント「番組主旨の説明不足」

山田邦子さんが「女芸人No. 1決定戦」を急遽辞退した背景には、
「番組趣旨の説明不足」とありますが、
実は前に「女だけが集まる大会は面白そう!」と話していたそうです。

山田邦子さんが想像していた「女だけが集まる」と、
今回の芸を争う意味で集まる大会とは、
どれだけ気持ちの差があったのでしょうか?

ラジオ番組の中では、
自分の最高のネタを披露すると、
意気込んでいたそうですが・・・。

今月9日に参戦が発表された際、山田は「女だけが集まる大会は面白そう!!」という理由でエントリーを決めたといい「やる気は925(くにこ)パーセント! ワクワクしてます!」と意気込み。現在、ラジオの生放送で7分間の新作ネタを毎週披露しており「その中で一番面白いネタ」を今大会で繰り出す予定だった。

いま乗りに乗っている女性芸人たちの中から「一番面白い女性芸人を決める大会を!」という声を受け、同局で史上初となる祭典の開催が決定。賞金1000万円を懸け、出場者たちは漫才・コント・一人芝居・モノマネ・パフォーマンスのジャンルを問わない「異種格闘技戦」に挑戦する。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000127-spnannex-ent

山田邦子さんは女性芸人として、
主にラジオなどで楽しいネタを披露していますが、
テレビでそれが伺える機会というは少なかったです。

今回の「女芸人No. 1決定戦」の中で、
今まで封印されてきた、
山田邦子さんのお笑いの実力が、
ようやくベールを脱ぐという意味で、
かなり大きな意味があったと思います。

山田邦子さん的にはネタは披露したいけど、
若手やモノマネの方々と、
争う形では嫌だったということでしょうか?

もしくは予選から勝ち上がるシステムを知らされてなかったとか、
どの内容に食い違いがあったのか、気になります。

今回の急遽辞退した理由に関しては、
山田邦子さん本人がテレビで語るが、
もしくはラジオの中で教えてくれることでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加