iPhone X 注意点。操作方法の違い。ホームボタンとアプリ切り替え(画像・解説)

スポンサードリンク

iPhone X 注意点。操作方法の違い。ホームボタンとアプリ切り替え(画像・解説)ついに発売になったiPhone Xですが、
発売前からの機能的な憶測が大きく食い違い、
アップルが発表した直後には賛否両論でした。

それでも新しいモノ好きな日本では、
iPhone Xの予約はボチボチ?

どう言っても結局は買ってしまうのが本当のところです・・・。

すでに連日、iPhone Xのニュースが多く出ていますが、
価格的に歴代のiPhoneの中でも最高額になっただけに、
売れ行きの予想は大方ネガティブです。

iPhone Xは、高機能でこれまでのiPhoneとはデザインも異なり、見た目も中身も大きな進化をとげた。一方で、価格も過去最高になった。アップルが販売するSIMロックがかかっていないバージョンの価格は、データを保存できる容量が64ギガバイトのものが12万1824円、256ギガバイトだと14万184円にもなる。目新しさはあるが、スマホに強い関心がある人でないと、簡単には払えない金額だろう。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171103-00000013-mai-bus_all

それでもホームボタンが消えた外見は、
iPhoneの新時代の幕開けでもあるので、
その初代を手にしたいと、
機能がどうこう以前にステータスで欲しがる方が多数です。

また、単純に画面などが割れて、
修理に出したいなという時期に、
なぜか新型iPhoneが登場するというケースが多いそうです。。
(その割れるまでの日々を計算してたら天才ですね。。笑)

iPhone X 注意点。操作方法の違い

新型のiPhone Xは、
ホームボタンのない外見が特徴で、
それだけに画面は大きく見えます。

新しいモノが好きな日本人は、
それなりの購入意欲を湧いてると思いますが、
操作的に注意するべき点が幾つかあるそうです。

これまでのアイフォーンに慣れていた方からすると、
かなり不便に思うことでしょうが、
現にこれまでもボタンの感覚などが変化しても、
何事もなかったように対応してきました。

手先が器用なのも日本人なので、
その点は大丈夫だと思いますが・・・。

iPhone Xでの注意点は、
「ホームボタン」と「アプリ切り替え」と「コントロールセンター」の違いです。

具体的にどんな風に注意すれば良いのでしょうか?



スポンサードリンク


iPhone X 注意点。ホームボタンとアプリ切り替え(画像・解説)

iPhone Xは見て分かる通りに、
ホームボタンがありません。

アプリを起動中にホームに戻るには、
画面下に出てくるバーを、
軽くスワイプする必要があります。

正直、これまでボタンを押せばホームに戻れたのだから、
この部分は最初は「面倒臭い」と思うかもしれません。

またアプリ切り替えに関しても、
ボタンは使用せずに、
画面下のバーを左右にフリックして探さないといけません。

これは慣れれば以前よりも直感的で良いかもしれませんが、
最初のうちは多くの人が、間違えて切り替えては「あー!!」ってなってしまうことでしょう。

ホームボタンとアプリの切り替えが、
画面下のスワイプやフリックというはわかりますが、
これまでのiPhoneからすると、
その操作はコントロールセンターを出す方法でした。

ではiPhone Xでコントロールセンターを出すには、
どうすれば良いのでしょうか?

答えは「画面右上のバーをスワイプする」です。

この部分は最初は間違えまくると思います。

以上、iPhone Xの注意点でした。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加