藤崎奈々子 のう胞(チョコレート嚢胞)。ブログで手術や病気を語る。現在の容態は完治してる?

スポンサードリンク

藤崎奈々子 のう胞(チョコレート嚢胞)。ブログで手術や病気を語る。現在の容態は完治してる?タレントである藤崎奈々子さんですが、
最近、大きな手術をしたことで話題になっています。

ここ最近の芸能界は、
タレントさんの重たい病気のニュースが多く、
それをブログやSNSで配信することによって、
病気の予防や定期検査を意識する方が増えています。

藤崎奈々子さんもブログで手術のことを赤裸々に語られた一人で、
主に全身麻酔など、素朴な経験をリアルに綴り話題となっています。

手術のとき、10、9、8……と数えた辺りで世界が揺れて、「すごい!ホントだ!」なんて思った瞬間にブチッと意識が切れました。そして、パチパチと頬を叩かれて起こされたのです。すごいですよね、全身麻酔って(笑い)。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000003-nkgendai-hlth

藤崎奈々子さんはパチパチと映画のように起こされたことにびっくりした様子で、
貴重な経験を明るく語っています。

手術を受けたのは2015年と2年前ですが、
現在でもその経験をしっかりと語り続けてます。

同じ病気で悩む人や、
その影響で早期発見できた人など、
多くの人に感謝されています。

病気の名前が「チョコレート嚢胞」と、
聞きなれないだけに、当時のインパクトは凄かったです!

藤崎奈々子 のう胞(チョコレート嚢胞)。ブログで手術や病気を語る

藤崎奈々子さんが病気した、
「チョコレート嚢胞」ですが、
ほっておくと妊娠や月経痛に関係するなど、
女性のとっては大変な病気です。

藤崎さんのような健康な美人さんが、
そのような病気になったということで、
これからも関心は続くことでしょう。

事前に経験者から話は聞いていたんです。「3、2、1でいきなり無になる」って。「なにそれ?」と思って楽しみで仕方ありませんでした。

手術を受けたのは、2015年5月下旬。病名は「チョコレート嚢胞」です。卵巣に子宮内膜に似た組織ができて、卵巣の中に嚢胞(液体を含んだ袋状のもの)ができてしまう子宮内膜症の一種です。月経に伴って卵巣に少しずつ血液がたまって大きくなり、月経痛や不妊に関係するほか、悪性化する可能性もある病気だそうです。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000003-nkgendai-hlth

藤崎奈々子さんが病気に気づいた時には、
死を覚悟するレベルの腹痛に襲われたというので、
その病気の凄まじさがわかります。

女性はある程度の腹痛には強いと言われてますが、
それでも耐え難い痛みということで、
ある意味出産と同じようなハードなのでしょうか?

藤崎奈々子さんは手術して1週間弱の入院だったそうですが、
多くの人がお見舞いに駆けつけてくれて嬉しかったそうです。

きっと友人たちの優しさに包まれていたことで、
その痛みも早くに引いたのでしょう。

彼女のような天然系の女の子が、
そのようなきつい手術を味わうなんて、
想像してみただけで可哀想です・・・。



スポンサードリンク


藤崎奈々子の現在の容態は完治してる?再発はあるのか・・

実は藤崎奈々子さんが病気して、
「チョコレート嚢胞」は、
再発しやすい病気なのです。

それだけに藤崎さんは、
現在でも健康のことを考え、
薬も1日2回も飲んでるそうです。

手術当初の笑顔でストレッチャーに乗ってる姿から、
手術後に笑顔で現在の容態を語る点、
同じ病気で苦しむ女性に、尋常でない勇気を与えているのです。

1週間弱の短い入院でしたが、友達のお見舞いもうれしかったし、ブログにアップした写真を見た読者から「勇気がもらえた」という書き込みをたくさんいただけたのもうれしかったですね。ストレッチャーに乗せられて笑顔で手術室へ向かうときの写真に反響をいただきました(笑い)。

再発しやすい病気なので、朝晩薬を飲んで月経を止めています。飲むか飲まないかは本人の自由なんですけど、今後もずっと薬は飲むつもりです。

不安になってもいいことはありません。いいことがあるならいくらでも落ち込みますけど、そうじゃない。だから「その時間で楽しいことを考えた方がいい」と思って、日々明るく生きています。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000003-nkgendai-hlth

藤崎さんは「不安になってもいいことはありません」といい切り、
楽しいことを考える時間を作ることを意識してるそうです。

また、入院に至るまでの経緯で、
頑張ってロケに挑んだ姿も、
プロ意識が高く「見直した!」と、
彼女のことをタレントとして好きなった人も多いようです。

笑顔で強く生きれる女性なんて、
かっこよくて憧れちゃいますね。

今後も、同じ病気で苦しむ女性の味方であって欲しいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加