水木しげる兄・宗平 死去。死因と病名は?ゲゲゲの鬼太郎Tシャツ(画像・動画)

スポンサードリンク

水木しげる兄・宗平 死去。死因と病名は?ゲゲゲの鬼太郎Tシャツ(画像・動画)宗平さんといえば、
あの有名漫画家の、
水木しげるさんのお兄さんです。

弟のしげるさんが亡くなってからも、
多く場所で有意義なコメントを残し、
しげるさんの語り人として重要な方で、
または、その人間性の素晴らしさが評判でした。

そんな宗平さんですが、
なんと11月22日に亡くなられていたそうです。

2015年11月30日に亡くなった漫画家・水木しげるさん(享年93)の兄・宗平さんが、22日に亡くなっていたことが分かった。97歳だった。水木プロダクションが28日までに公式ツイッターで公表した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000204-sph-ent

きっと葬儀も告別式も終わっているのでしょうか?

あくまで一般人の方なのです、
ゴタゴタしてる合間に公表するべきではないので、
このタイミングは、不思議ではありません。

ちょうど2年前の11月には弟のしげるさんが亡くなり、
兄弟で11月という月に合わせてる感じが不思議です。

何か、特別な縁がありそうですね。

水木しげる兄・宗平 死去。死因と病名は?

今年で97歳になっていた宗平さんですが、
最近まで元気にメディアなどのインタビューに答えられてました。

いつまでも元気で賢く、
多くの漫画ファンが関心していたと思いますが、
2017年の11月に亡くなったとは、
全然、想像もできなかったというか・・・、
このまま100歳までは余裕で生きそうだと思ってました。

水木プロダクションからしっかりと公表されたのが、
なんだが嬉しいですね。

すでに近親者で葬儀は済ませているそうですが、
きっと多くの人が大きな悲しみと、
出会えた感謝を実感したことでしょう。

具体的な死因や病名などは報道されていませんが、
こちらは年月が流れてからひっそりと分かるかもしれません。

やはり年配の方はいくら元気であっても、
いつ亡くなられるかわかりません。

よく夫婦が片方亡くなると、
その次は早いと言われますが、
それが兄弟として実現したのは感銘深いです。



スポンサードリンク


ゲゲゲの鬼太郎Tシャツ(画像・動画)

宗平さんは生前、
自分が亡くなった場合には、
ゲゲゲの鬼太郎のTシャツを着せてくれと、
関係者に話していたそうです。

そして、実際に、
最後にはゲゲゲの鬼太郎Tシャツを着て、
あの世に旅たたれたそうです。

公式ツイッターでは、「水木のエッセイや自伝漫画でおなじみの、水木しげるの兄宗平が、22日に亡くなりました。水木が亡くなってからすっかり元気をなくしていた宗平ですが、今はあの世で再会を喜んでいることでしょう」と報告。葬儀は近親者で済ませたという。さらに、宗平さんは家族に「自分が死んだら鬼太郎のシャツを着せてくれ」と頼んでいたといい、黄色の鬼太郎Tシャツを着て旅立だったこともツイートしている。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171128-00000204-sph-ent

きっと天国で弟のしげるさんとの、
2年ぶりの再会を楽しんでると思いますが、
取り残されたファンの悲しみはしばらく続きそうです。

宗平さんが元気でいる限り、
なぜか、しげるさんもその場にいるような、
究極の悲しみからは逃れられていたような感じです。

戦争を経験して、
人間的もメッセージ性の強い方で、
宗平さん個人のファンも多かったことでしょう。

もっともっと、いろいろなエッセイなどを出して欲しかったですが、
この2017年まで一生懸命に生きた証は、十分に残せてると思います。

しばらくはゲゲゲの鬼太郎を借りてみたいような気分です。

ちなみに水木さんが住んでいた調布市では、
11月23日から30日まで、
彼の功績をたたえたイベントをしてます。

この際に、行く方が殺到しそうですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加