10連休 政府検討(即位時)。5月1日と祝日法。退位されるまで

スポンサードリンク

10連休 政府検討(即位時)。5月1日と祝日法。退位されるまでついに天皇陛下様の退位が確定しましたが、
皇太子さまが新天皇になることで、
世間でいくつかの変化があるとみられます。

陛下様が退位されるのは、
来年2019年の4月30日ですが、
祝日法に従って、同年の5月1日と2日が休日・祝日になる可能性が出てきてます。

政府・与党は、2019年4月30日の天皇陛下の退位に伴い、皇太子さまが新天皇に即位される同年5月1日を祝日か休日にする検討に入った。祝日の場合、祝日法の規定により4月30日と5月2日が休日になり、4月27日から5月6日まで10連休が実現する。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000042-mai-pol

仮に4月30日と5月2日が休日になると、
4月27日から5月6日まで、
10連休が実現することになります。

忙しい日本人にとっては、
連休は嬉しいことですが、
その連休がさらに拡大するのは最高ですね!

大人にとっての、
ちょっとした夏休みができるわけです。

しかし、世間では祝日も仕事する人がほとんどで、
さらにはどの職種も10連休を手に入れれるわけではなさそうです。

10連休 政府検討(即位時)

退位される日と、即位される日が休みなのは有名ですが、
現在の天皇さまの「即位の礼」が行われた11月12日は臨時休日になりました。

世の中には祝日の意味をあまり噛み締めていない人も多いですが、
実は1日1日が日本人にとって意味のある、
すごく大切な休みであることがわかりますね!

現在の陛下の「即位の礼」が行われた1990年11月12日は臨時の休日になった。政府関係者は6日、「恒久的なものにはならないだろう」と述べ、5月1日を祝日か休日にするのは19年限りとの見通しを示した。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000042-mai-pol

しかし、10連空が実現するのは、
2019年限りとの見通しもあります。

これまでの祝日法でいけば、
ずっと連休になりそうな気がしますけど、
実際にはどうなるのでしょうか?

または10連休を賛成する声と、
そうでない声もあるみたいですが、
その理由についても知りたいですね!



スポンサードリンク


5月1日と祝日法。退位されるまで

まず祝日法ってなんでしょうか?

ニュースには、
「その間及び翌日が祝日である日は休日とする」と、
正式に定まっているそうです。

今の祝日法で5月1日が祝日になれば、
4月29日の昭和の日に挟まる、
4月30日の憲法記念日に挟まる5月2日が休日になります。

祝日法は「その前日及び翌日が祝日である日は休日とする」と定めている。5月1日を祝日にすれば、「昭和の日」(4月29日)にはさまれる4月30日、「憲法記念日」(5月3日)にはさまれる5月2日が休日になる。5月1日を休日にした場合は、4月30日と5月2日は休みにならない。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171206-00000042-mai-pol

ただし、5月1日を休みにした場合は、
4月30日と5月2日は休みになりません。

ちょっとややこしいですね・・・笑。

ちなみに世間では、
10連休が実現すれば嬉しい方もいれば、
そうでない方もいるのです。

単純に飲食に勤めていれば、
休みの分、10日間連続で忙しくなりますし、
サービス業の方にとっては大変な2週間半になりそうです。

また、祝日にパート・バイトが出勤しない工場などは、
社員さんだけが非常出勤しなければいけない状況もあるそうです。

さらには日給で給料をもらっている人からすると、
10日間休みが出るのは、
出勤日数が減って、給与に大打撃を与えます。

この10連休の意味は、
国民にとってそれぞれ影響を与えそうですね・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加