ブライアン・ジョーンズのファッションと性格は、ストーンズの中でも異端児であった。

スポンサードリンク

ブライアン・ジョーンズのファッションと性格は、ストーンズの中でも異端児であった。ローリング・ストーンズのかつての中心メンバー、ブライアン・ジョーンズ。
彼がいなければ今のストーンズは存在しないと言い切って良いほど、ロックの歴史の中で重要な位置に存在する人物である。
今でもブライアン・ジョーンズのファンは多く、当時からキースやミック・ジャガーよりハンサムで才能豊かであると信じているファンが多かった。

ブライアン・ジョーンズ性格

今でこそ、ミックジャガーやキースのファッションや性格、価値観は、
多くの人に影響を与えるほど、カリスマ性に満ちているが、
ブライアン・ジョーンズ在籍当時のストーンズでは、
彼がストーンズの方向性を絶対的に握っていたとされている。

ブライアン・ジョーンズの当時の交友関係は、
ジョンレノンやジミヘンなどで、
その誰もが彼の才能に惚れ込んでいた。

しかし、ブライアン・ジョーンズの性格は、
完全に利己的で、完璧主義

彼の方針に納得できないメンバーや、
やり方についていけないメンバーも多く、
メンバーとの衝突が絶えなかったという。



スポンサードリンク


ブライアン・ジョーンズは音楽の才能こそ、
誰よりも評価されているが、
その性格の難しさはロック史上に残るほどだ。

彼が亡くなった後に制作された映画「ブライアン・ジョーンズ ローリングストーンズから消えた男」の中では、彼が雇っていた男を虐める背景が目立った。

あの映画の中のブライアン・ジョーンズの性格は、
よりリアルで、ファンには見えなかった闇であったと、
多くの方向から絶賛の声が上がった。
ブライアン・ジョーンズの才能以外の取り柄といえば、
当時のストーンズで一番と言われていたイケメンフェイスと、
その華やかなファッションだ。

ブライアン・ジョーンズファッション

昔のストーンズの写真を見てみても、
ブライアン・ジョーンズのファッションだけが、
洗練されており、着こなしも鮮やかに思える。

キースやミックジャガーは、
派手な着こなしをすることが多いのに対し、
ブライアン・ジョーンズはシックしてスマートな服を好み、
そのシンプルな着こなし方は、現代にそのまま登場しても違和感がないほどだ。

ブライアン・ジョーンズファッション2

うーん、やはり、イケメンというのは罪なものだ。
当時の彼の絶大なオーラを眺めていると、
その性格の難しさも気にならないほど魅力的

ブライアン・ジョーンズのような男こそ、
アーティストとして、ファジーな何かを生み出す、
生産性を兼ね備えられるのだろうと。

今やストーンズに、これだけのイケメンがいたことを知らない人が多いでfすね。

もしブライアンが生きてたら、ストーンズ自体の女性人気も、もっとすごかったことでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加