アンガスヤングの衣装と身長。SGギターがトレードマーク!

スポンサードリンク

アンガスヤングの衣装と身長。SGギターがトレードマーク!ギターがバンドであそこまで目立つことってあるの?ってほどの存在感を発揮しているACDCのギタリストであるアンガスヤング。

アンガスヤング身長

アンガスヤングは一目見ればすぐにわかるほど、
個性的な衣装をしており、
彼が抱えるギターのSGは、彼のトレードマークとなっている。

アンガスヤングは身長約158センチと小さな体。
しかし、ステージに立つと、その存在感は別格です。

彼の特徴的な衣装と風貌はもはやACDCの看板であり、顔である。
バンドの曲は、完全に彼のギターサウンドと、ライブパフォーマンスで成立していると言っても過言ではない!



スポンサードリンク


身長の小ささが、逆にあのスーツ風衣装にマッチいているのか、
アンガスヤングの、ライブでの動きは、他のバンドのギタリストでは真似できない域に達している。

俳優のジャック・ブラックは、アンガスヤングのことを崇拝しており、
映画「スクール・オブ・ロック」では、
衣装を含め、楽曲までアンガスヤングを意識しており、
映画のエンディングでは、ACDCの曲を子供たちでカバーして、
楽しんでる様子で締めていた。

アンガスヤング衣装

ちなみにアンガスヤングのブレザーに短パンの衣装スタイルは、
彼のお姉さんのアイディアらしく、
出だしから、60歳になる現在まで、
一貫して今のスタイルを継続している。

同じことを長く継続できてこそ、
そのロックスターの信念に乗っかりたいと思いますよね。

アンガスヤングは、衣装だけでなく、
ギターやサウンドも、自分のスタイルで突き進んでいる。

歌を聞くまでもなく、サウンドだけでACDCの曲だと理解できるのも、
そんな彼のカリスマ性が、多いに影響しているのだろう。
(ACDCD以外だとグリーンデイも同じですよね)

天然パーマ・低い身長など、
普通の人ならコンプレックスになりそうな外見を、
「真似したい!」と思わせるほど、魅力的に見せれる彼は、
ロックの力に潜む、魔力を多いに証明する人物だろう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加