クリフ・ウィリアムズってどんな人?ACDCのベースとしてロック殿堂入り!

スポンサードリンク

クリフ・ウィリアムズってどんな人?ACDCのベースとしてロック殿堂入り!ACDCといえば、アンガスヤングのギターと、ブライアン・ジョンソンのボーカルが有名だが、その基盤には、正確なベースが元となっているのだ。
その地味なACDCのベーシストこそが、クリフ・ウィリアムズなのだ。

クリフウィリアムズ

クリフ・ウィリアムズは1977年からACDCに加入し、
現在の2015年まで30年以上もACDCのサウンドを支えている。

ACDCはオーストラリア出身のバンドとして知られているが、
クリフ・ウィリアムズはイギリス人。

最初のバンドの名前は「ホーム」といい、
プログレ系のバンドだったらしい。

結成後すぐにレコードと契約し、
レッド・ツェッペリンの前座も務めたという。



スポンサードリンク


セカンドアルバムはイギリスチャートで41位まで駆け上がったが、
3枚目のアルバムで失速。

その後、バンドのメインを張っていたボーカルが脱退し、
クリフ・ウィリアムズもバンドを離れたという。

ホームの後には、
バンディットというバンドを結成し、
すぐにレコード契約を獲得したという。

こうしてみると、ACDC加入前から、
輝かしい実績があるベーシストであったとわかります。

きっと、その後も自分主体のバンド活動を続けても、
そこそこの成功はあったことでしょう。

しかし、地味でありながらも、
ACDCでベースを弾くことに喜びを感じたのでしょう。

近い将来、間違いなく、レジェンドなバンドに化けると、
当時からクリフはACDCの可能性を信じていたのだろうと。

ちなみに女優のエリン・ルーカスはクリフの娘。
代表作はドラマ「The City」で、ナチュラルな美人さんとして評判ですね。

エリンルーカス娘クリフウィリアムズ
なんとなく、目元が父のクリフにそっくりな気がします。
これだけ可愛い娘がいるなんて・・・かなり意外って言ったら失礼??笑

ドラマのフィルのスキャンダルが起きたときには、
ギターのアンガスヤングとともに声明し、
フィルをスタジオに連れていく際の苦労話もしていた。

また新しいドラマーを連れきて、
活動を本格化させたとしたら、
このクリフの存在は大切だと言えよう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加