ピストルズにとってのポール・クックの存在とは?真面目で物静かなドラマー

スポンサードリンク

ピストルズにとってのポール・クックの存在とは?真面目で物静かなドラマーライブではやりたい放題暴れまくっていたと言われるピストルズ。
めちゃくちゃなバンドにあって、ドラムのポール・クックは真面目で静かな性格で、演奏もムラなく正確だったという。

ポールクック現在

ピストルズの結成当初から在籍していたメンバーで、
ギターのスティーヴとは古い付き合い。

ピストルズの歴史の最初に、
時間厳守な紳士がいたことが奇跡だ。

一部ではローリングストーンズのドラマ、
チャーリー・ワッツの真面目さと似ていると評されている。

しかし、そんなポールも生粋のパンクロッカー。

リズムこそは性格に刻むものの、
ライブ中にはお酒を飲みながら、
不気味な眼光で観客を見つめる。



スポンサードリンク


バンドの音の基礎のドラムが正確であったことが、
ジョニーとシドの派手なパフォーマンスへの保険であったと、
このポール・クックの存在の大切さを思い知らされる反面、

パンクなグループ感の一部にもなっていた人物なんだなと。

そんなポール・クックはピストルズメンバーの中では、
スティーブと並んで地味な扱い。
来日しても話題にはならず、本人もそのことを気にしてる様子。

しかし、最近では、娘のホリー・クックがレゲエ歌手として活躍しており、
少しだけメディアで取り上げられた。

ホリークックピストルズドラムポール娘

アフリカ系の血も受け継いでいるホリー・クックは、
天性のファンキーなリズム感と、
父ポール譲りの正確で安定したピッチが持ち味で、
レゲエに特化されたサイトでは将来を期待される逸材。

父のポールはピストルズのあとには、
特別輝かしい音楽人生を歩んでいないため、
二世だと冷やかされることもなさそう。

いつか、ポールと娘のホリーのビッグステージでの共演が見れることを祈る。

ポールは現在も、セッションの仕事も続けているようなので、
ドラムの腕も鈍ってないだろう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加