チャックベリーの死去(死因・病名)。現在の新譜(アルバム)は?(収録と発売日)。使用ギターは?

スポンサードリンク

チャックベリーの死去(死因・病名)。現在の新譜(アルバム)は?(収録と発売日)。使用ギターは?ロックンロールの原点ともなっているチャックベリーさん、
現在のあアラファイブ世代のロックスターなら、
誰もが彼を音楽のルーツに持ってきていることでしょう。

現在のチャックベリーは90歳と、
ロックスターにしては随分と長生きしており、
最近の、活動の少なさから、
「そろそろ?」と言われていました。

そして、今日、
アメリカのサイトにて、
チャックベリーの死去が報じられました。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第41位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第5位、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第6位、そして2011年では第7位と、

誰もが文句が言い用のない伝説のロックスターでした。

チャックベリーの死去(死因・病名)

今年2017年の3月17日に、
チャックベリーは死去しました。

90歳まで活動を続けた元気は、
今後のバンドマンのモチベーションになることでしょう。

しかし、気になるのは死因や病名です。

ロックンロールの創始者の一人とされるアメリカのミュージシャン、チャック・ベリーが3月18日に死去したと、ミズーリ州セントチャールズ警察が発表した。この日の午後12時40分に救命救急が呼ばれたが、手当の甲斐なく、午後1時26分に亡くなったという。90歳だった。引用元:http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/18/chuck-berry_n_15456876.html

入院などはされておらず、
自宅で救命救助されてたいということで、
直前まで元気だった予想されます。

38年ぶりの新譜のリリース直前だったようなので、
本当に、前兆はなかったのかな?と。

マイケルジャクソンはライブ前に亡くなりましたが、
最後の最後まで活動を続けてなくなるのは、
ファンにとっては一番痛いことですね・・・。

今後、アメリカのニュースサイトに張って、
死因や病名が発表されるのを待つのみです。



スポンサードリンク


チャックベリーの現在までの新譜(アルバム)と名曲。使用ギターは?

今年中に38年ぶりの新譜をリリースする予定だったチャックベリー、
まさかの発売直前での死去に、期待していたファンは同様しています。

火曜日(10月18日)90歳の誕生日を迎えたロックンロールのレジェンド、チャック・ベリーが、2017年、38年ぶりとなるニュー・アルバム『Chuck』をリリースするそうだ。70年代(!)に発表された『Rock It』(1979年)以来の新作、通算20枚目のスタジオ・アルバムとなる。

チャックは、「このアルバムは愛しい君、Toddy(奥さん)に捧げる。ダーリン、僕は年をとりつつある! このアルバムの制作には時間がかかった。やっとゆっくりできる!」とコメントしている。
引用元:https://www.barks.jp/news/?id=1000133689

チャックと名付けられたシンプルなアルバム名は、
これまでのチャックベリーの集大成となるアルバムになっていたことでしょう。

その収録はすでに終えているのか、
アルバムは無事リリースされるのか?

この部分に関心が集まってます。

このアルバムを製作してから、
ゆっくりできるとコメントしてましたが、
事実上の彼の引退は、このチャックをリリースした直後の予定だったのでしょう。

そう考えると、最後の最後まで突っ走ったロックンロール人生だったのかな?と。

仮に90歳でオリジナルアルバムを製作し、
バリバリでツアーに出ていたら、
とんでもない快挙になっていたことでしょう。

チャックベリーは生涯、
ギブソンのES-335シリーズを愛用しており、
今回の死去で、そのモデルはさらに売れることでしょう。

セミアコースティックギターの魅力を、
彼の死去を機に、再認識させられそうです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加