クリス・コーネル死去(死因・病名)。現在(最近)の活動と嫁や子供やお勧め代表作(画像・動画)

スポンサードリンク

クリス・コーネル死去(死因・病名)。現在(最近)の活動と嫁や子供やお勧め代表作(画像・動画)偉大なロックスターであるクリス・コーネルさんが、
2017年5月17日に死去しました。

昨年のボウイの死去から、
ロックスターの悲報が多く、
何か嫌な感じがしますね・・・。

ロックバンド「サウンドガーデン」「オーディオスレイヴ」のボーカルとして知られた米歌手のクリス・コーネル氏が17日、デトロイトで死去した。死因は不明。52歳。米メディアが報じた。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000157-spnannex-ent

気になる死因ですが、
今のところ公表されていません。

しかし、ロックスターが亡くなると、
当初の死因を不明としときながら、
多くの憶測が出たりします。

クリス・コーネルの死因も、
そのうちに明らかになると思いますが・・・。

クリス・コーネル死去(死因・病名)

なぜロックスターが亡くなると、
すぐに死因が出てこないのか・・・、
それはやはり、公に公表しにくい内情があるからです。

プリンスさんであったり、マイケルであったり・・・。

クリス・コーネルが亡くなった理由も、
もしかしたら、彼らと被る何かがあるかもしれません!

コーネル氏は17日、4月から米ツアー中の「サウンドガーデン」とデトロイトで演奏していた。訃報について、代理人は「突然かつ予期しない」と話している。

4オクターブの声域を持ち、バンド解散後はソロ活動。2006年には映画「007 カジノ・ロワイヤル」の主題歌「You know my name」を歌った。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000157-spnannex-ent

クリス・コーネルはサウンドガーデンとして、
全米でツアーを行なっていたので、
これからライブを楽しみにしていたファンはやりきれいないでしょうね・・・。

まだ52歳の若さで、
しかも前触れのない死去、
この死因の裏には色々とありそうです。

かつてはカート・コバーンも憧れた男。

そのカリスマ性は多くの現在の売れっ子スターに影響を与え、
これからは裏方として期待されていました。

才能ある方がいなくなってしまうのは、やはり勿体無いです・・。



スポンサードリンク


クリス・コーネルの現在(最近)の活動と嫁や子供やお勧め代表作(画像・動画)

アメリカのワシントン出身のクリス・コーネルは、
母やユダヤ系と、かなり知的な一家に生まれてます。

サウンドガーデンの特徴には、
クリス・コーネルの明解な歌詞があり、
その世界観は、頭の良い人にまで愛されました。

4オクターブを誇る歌声を武器に、
ロック界のカリスマとなり、
歴代のボーカリストの中でも評価は高いです。

現在までにソロとしての活動も活発で、
有名な映画の主題歌を歌ったり、
その才能は確かなものでした。

死去する最後にはサウンドガーデンのツアーに参加しており、
最後の最後でバンドの一員でいれたことは、
ファンにとっては不幸中の幸いだったことでしょう。

命日の5月17日では20曲のパワフルなライブをこなし、
突然の予期せぬ死去だったとされます。

家族が死亡解剖に積極的ということで、
やばい理由で亡くなられたわけではないですが、
その原因は、しばらく注目されそうです。

ハンサムなルックスと広い音域の歌声と、
近年のアコースティック片手の「おー!」という風貌と、
まだまだこれから全盛期が来るかも思ってしまうほど、
現役感バリバリでした。

短髪も長髪も似合うロック界のイケメンとして、
ゴシップ雑誌ではよく取り上げられてました。

ロックファンだけでなく、
イケメン好きな米の女性も、
今回の死去にはショックを受けてることでしょう・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加