アンソニー・キーディスの名言集

スポンサードリンク

アンソニー・キーディスの名言集近々、ロックのレジェンドになることであろう、

レッチリのボーカル、アンソニー・キーディスの名言。

スクリーンショット 2014-10-09 20.55.44

生産性のある人間性で、多くのファンを魅了するアンソニー。

ベースのフリーと比較しても、そのカリスマ性は凄い!

こういう個性的な人間がなるべくしてなるのがロックスターなのだろう。

アンソニー・キーディスの名言

「ライブで裸になるのは、自由を表現するための究極の行為なんだ。」
「世の中には醜さと美しさが同居していることに気づかなきゃいけない
人生ってのは実に神秘と謎に満ちてて、いい時があればその分悪い時もある。」

「もう最低最悪、こんな人生やってられっかよ」と思ってたら、
次の角を曲がったところに何かとてつもなく素晴らしい出来事が待ってたりするもんなのさ。」

「宇宙からカーブボールを投げられて、そのカーブボールをホームランにできると、
すごくワクワクする。」

すげえ歳をとっているのに、奥さんや彼女と強烈にイチャつく人って良いと思う…止める必要なんてないだろ?」

少しぶっとび気味のアンソニーの名言集には、

どこか哲学的な知的な言葉の選定が多い。

レッチリの楽曲でアンドニーが歌詞が書いたものを読めば、

この言葉の意味も少しわかる。彼独自の世界観が出てる。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です