大杉漣が急死。死因は急性心不全。追悼コメントとお悔やみの声(ネット・Twitterの反応)

スポンサードリンク

大杉漣が急死。死因は急性心不全。追悼コメントとお悔やみの声(ネット・Twitterの反応)数々のドラマや映画で活躍されたベテラン俳優・大杉漣さんが、
今日2018年2月21日に急死したことが報じられました。

あまりにも突然の悲報に信じられない反応がほとんどで、
誰も大杉漣さんの急死を実感できないのが現状です。

これほどにもショッキングで悲しいことがあるとは・・・・。

現在も出演してるドラマがありますし、
今後、何がどうなっていくのか・・・。

日本の映画・ドラマが純粋に好きな人であれば、
大杉漣さんが嫌いな人はいないと思いますが、
この先、大きな影として心の中に残ること間違いなさそうです。

大杉漣が急死

大杉漣さんが亡くなったのは、
2月21日の午前3時53分でした。

亡くなった時間が正確に伝えられたのは、
きっと遺族たちの気持ちだと思いますが、
そのリアルな時刻の公表が、
なおさら、悲しみを大きくさせます。

俳優の大杉漣さんが21日、急性心不全のため66歳で急死した。同日放送予定の大杉さんが出演するテレビ東京系ドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』(毎週水曜 後9:54)第3話について同局は、「本日2月21日(第3話)につきましては、ご遺族、事務所、キャストの皆様のご意向もあり、予定通り放送いたします」と発表した。来週28日(第4話)、3月7日(第5話・最終回)の放送は現在検討中。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000365-oric-ent

現在出演中のドラマは、
続けて放送されるそうですが、
それもご遺族や事務所のご意向の元らしいです。

役者に命を捧げた人生だっただけに、
その彼の信念に従って、
そのままの放映を決めたのだと思います。

素敵な人間性だっただけに、
その感性の良さは周囲にも浸透しているようで、
今のところの素直でまっすぐな公表劇は、
最近の芸能界の中ではあまりにも紳士的です。

わずか66歳の若さで、
あの名優が旅立つなんて、
こんな悲劇は他にありません。

大杉漣さんが急死された原因は、
「急性心不全」だったようです。

死因は急性心不全

大杉漣さんの死因である急性心不全ですが、
現在、若い年齢の方の間でも増えているようです。

調べてみました。

急性心不全においては、心機能の低下が代償可能な範囲を上回り、急激な低下を示すことから、血行動態の異常は高度となる。なお、左心不全が多い。
症状としては、呼吸困難、ショック症状といった急性症状が出現する。
治療方針としては、血行動態の正常化を図る(心臓負荷を軽減し、心拍出量を増加させる)ことが優先され、迅速な処置が求められる。引用元:ウィキペティア

緊急の入院での治療が必要なのですが、
撮影で忙しい大杉漣さんは、
無理をしていたのかも??

この例を知って、
日常生活でも気をつける方が増えたら良いですね!



スポンサードリンク


追悼コメントとお悔やみの声(ネット・Twitterの反応)

大杉漣さんの急死に関しては、
多くの方がネット上で悲しみの声を出していますが、
現在撮影中であったドラマのメンバーは、
緊急に追悼コメントをメディアに出しました。

余りにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け入れられないでいます。「バイプレイヤーズ」という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません。

しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います。
お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。

漣さん、ありがとうございました。

バイプレイヤーズ一同
遠藤憲一、田口トモロヲ、松重豊、光石研

永遠の目標であり、憧れという言葉に嘘ないでしょう・・・。

ベテラン俳優としては、
これ以上ないぐらいに売れて、
多くの名作で、人々の心の中に残りました。

多くの人を泣かせて、笑わせて、
きっとこれからも、自分らの期待に当たり前に答えてくれる予感がしてました。

まさかの66歳での死去は、
誰も想像していなかったことでしょう。

ツイッターなどでは、
大杉漣さんが出演した作品で、
思い出に残ってるシーンを回想し、
蓮さんの死去を悲しむ声が多くあります。

日本に長く住んでいる人であれば、
蓮さんが出演された作品を、
見たことのない人の方が少ないことでしょう。

各世代の各自に、
それぞれの蓮さんの姿があると考えると、
本当に、これ以上に名誉な俳優は他にいたのかと思ってしまいます。

しばらくは急死されたことを実感できませんが、
今後、再放送などされるドラマや映画の中で、
幾度も蓮さんと再会することはできます。

作品は永遠ですから、寂しくない!と思いたいです。

ちなみに自分は、
「僕の生きる道」での蓮さんが一番強いです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加