真屋順子さん死去。死因・病名。過去に脳梗塞や脳出血、大動脈瘤など。葬式・告別式は?

スポンサードリンク

真屋順子さん死去。死因・病名。過去に脳梗塞や脳出血、大動脈瘤など。葬式・告別式は?昭和の人気女優であった真屋順子さんが、
昨年2017年の12月28日に亡くなられていました。

75歳という若さでしたが、
そのキャリアは中身が詰まっていました。

真屋順子さんといえば、
「欽ちゃんのとこまでやるの!」にて、
母親役を好演したことが記憶に刻まれてます。

昭和のテレビを愛して多くの方が、
この悲報に悲しんでいると思いますが、
まず、真屋順子さんの死去された理由はなんだったのでしょうか?

過去には多くの病気をされていましたので・・・。

真屋順子さん死去。死因・病名。葬式と告別式は身内のみ

真屋順子さんは昨年2017年の7月に、
「爆報!THEフライデー」にて、
寝たきりの闘病生活の様子が放送されていました。

真屋順子さんの息子であり俳優の高津健一郎さんは、
死因に対しては詳細を伏せたいとしています。

高津さんは母・真屋順子さんの死去に関しては、
闘病生活を続けていたので、覚悟はしていたそうですが、
それでも、悲しみは果てしないです。

日を改めてから、闘病生活の中身や、
亡くなられた死因や病名などが語られると思いますが、
きっと、涙なしでは見れない、壮絶な感動の物語がありそうです。

葬式と告別式は親近者のみで済ませたそうです。

本当はできる限り内密にしたかったのでしょう。



スポンサードリンク


過去に脳梗塞や脳出血、大動脈瘤など

真屋順子さんは俳優の高津住男さんと1969年に結婚されてました。

真屋順子さんはずっと健康そのものでしたが、
2000年代に入ると、多くの病気を抱えました。

2000年には脳出血で倒れ、
左半身麻痺の後遺症が残りましたが、
2003年には車椅子で女優復帰を果たしました。

2004年には脳梗塞で倒れましたが、
1年後の2005年にはまたもや女優復帰を果たし、
舞台では杖もなしに、立ち上がるなど、驚きの女優根性を見せました。

2010年には長年連れ添った旦那の高津住男さんが亡くなり、
真屋順子さんはそのショックもあり、心不全となりました。

2011年には大動脈瘤が見つかり、
4時間にも及ぶ手術後に、長く闘病生活をされてました。

晩年まで長く続いた闘病生活ですが、
いつでも女優復帰を心に秘めていたことでしょう。

昭和の女優らしい女優さんということで、
今後も多くの方が尊い気持ちで真屋順子さんを忘れないと思います!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加