マイケルジャクソンの肌。白いのは病気?漂白したわけではない!

スポンサードリンク

マイケルジャクソンの肌。白いのは病気?漂白したわけではない!キングオブポップごとマイケルジャクソンさん。
言うまでもなく世界で知らない人はいないほどのビッグスターであり、
音楽が好きな人で、マイケルジャクソンを否定する人物は少ないです。

マイケルジャクソン肌

マイケルジャクソンさんはすでにレジェンドとして、
彼がいなくなった後に、彼を越えられる人はいないとされています。

マイケルは世界中が注目するビッグスターということで、
マスコミやパパラッチに常時追いかけ回されていました。

そんな中で、記者からは様々なゴシップが飛び交い、
都市伝説や逸話として、マイケルのミステリアスさが確立されてしまいました。

特に、マイケルジャクソンさんが言われ続けていたのは、

「肌」ですね。

マイケルジャクソンさんの肌は、
1980年代の半ばから、
いきなり白くなっていきました。

元々は黒い肌だったマイケルさんが、
なぜ白い肌に変貌を遂げたのか?

そのことについて、
マイケルジャクソンさん本人は、
しっかりと答えているのです。



スポンサードリンク


マイケルジャクソンの肌は漂白したわけではなく病気

主にマイケルジャクソンさんの肌が白くなったのは、
「スリラー」が発売された1982年以降です。

それまでは、ジャクソン5のメインボーカルを務め、
ソロデビューした頃には、肌はまったく白くありませんでした。

マイケルジャクソン肌病気

それが、「デンジャラス」をリリースした1991年頃には、
完全なる、白い肌に変貌したので、多くの逸話が生まれてしまいました。

ゴシップ誌が「整形」と騒いだり、一部のコメンテーターに「漂白した」と疑われたり、
肌が白くなった真相は、当時は謎のままで、連日ニュースを賑わせていました。

マイケルジャクソン肌白い

しかし、マイケルジャクソンさん自身、自分の肌が白くなったことについて、
1993年にアメリカのトーク番組の中で告白しています。

マイケルジャクソンさんは「尋常性白斑」という肌の病気の影響で、
肌の色素が抜け、広がっていってしまっていたそうです。
そのため、メイクで白を基調にしてみたり、病気を隠していたのです。

プライベートのマイケルジャクソンさんは、
日傘やサングラス・手袋を常備しており、
肌の弱さを露出した生活をしていました。

この告白に、多くのファンが安堵の声をあげたことでしょう。

しかし、マイケルジャクソンさん本人が告白した当初も、
「本当に病気なのか?」と、疑う声が多くあったのです。

ここで、またミステリアスなイメージが深まってしまったのが、
マイケルジャクソンさんにとっては、辛かったことでしょう。

実際、マイケルジャクソンさんが亡くなった後、
本人の体を検査した結果、病気は事実だったと証明されました。

最後の最後まで、小さいこと1つず疑われていたマイケルジャクソンさんの気持ち
僕らなんかには到底、想像もできませんが、

それでも、音楽を通じ愛を信じ続けたまっすぐな人間性に、
多くの人が感銘を受け、彼を愛してやまなくなったのでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加