鼠先輩の現在。今は実業家として年収が安定?結婚した嫁と子供は?

スポンサードリンク

鼠先輩の現在。今は実業家として年収が安定?結婚した嫁と子供は?鼠先輩といえば、一時期「ぽぽぽぽぽっぽ〜」のフレーズと、完成度の高い歌謡曲のスキルで人気者でした。

活躍していた時期自体は短いものの、その個性的なキャラクターはインパクト十分で、当時は多くの若者が鼠先輩の真似をしたりしてました。

しかし、最近になってまったくテレビでは見ることはなく、一時期の連日の出演ラッシュが嘘のように思えます。

そんな鼠先輩は「キテレツ人生 消えた芸能人」に出演し、

そこで現在までの生活や仕事、収入に関して告白し大きな話題を集めました。

さらには週刊誌に現在の具体的な生活の様子が描かれ、今になってさらに話題になっているようです。

鼠先輩のプロフィール

本名: 杉村佳広 (読み方: すぎむら よしひろ)

生年月日: 1973年4月5日

出身地: 岡山県赤磐市(旧 赤磐郡山陽町) 生まれは大阪府堺市

身長: 177cm

体重: 63kg

血液型: A型

学歴: 赤磐市立高陽中学校 ~ 岡山県立備作高等学校中退

職業: ムード歌謡歌手、実業家

契約事務所: 芸映

鼠先輩の現在の仕事と収入

鼠先輩は全盛期の収入は1200万を超え、

寝る暇もなく忙しかったそうです。

当時は子供が生まれたばかりなのに、

服を着替えに帰ることぐらいしかできず、

家族との時間はほとんどなかったそうです。

移動中の仮眠ぐらいしか取れず、

まさに寝る暇もない状況。

しかし、次第に仕事が減っていき、

家族との時間も取り戻せたようです。

もともと芸能界とはそういうところだと思っていた先輩は、

開き直っていたそうです。

自分の所属していた事務所を通さずに、

自分で営業し、仕事するスタイルで、

かなりの収入を得ていたのです。

結婚式から忘年会、パチンコ屋など、

かなり豊富に仕事をこなしていたようで、

そのときの収入もなかなか良かったそうです。

最初は事務所に怒られてたそうですが、

次第に何も言われなくなったとか・・、

なんて優しい事務所なのでしょうか!

鼠先輩に会ったのは、昨年オープンした西武新宿線久米川駅から徒歩2分のバー「飲鼠(のみーまうす)」。トレードマークのパンチパーマにサングラス、白スーツ姿は今も変わらない。が、ネクタイには「ガッチガチの一発屋」の文字……。

フリーで活動する現在は「地方営業が多いです。町のお祭りとかスーパーの土曜市、飲み屋のイベント。呼ばれれば全国どこへでも行って、どんなことでもやらせてもらいます」と鼠先輩。引用:ゲンダイ

しかも現在は飲食関係の仕事もしており、

実業家として活躍されているから驚きです。

最初から事務所を通したテレビの仕事に依存する気なく、

しっかりと将来を見据えて仕事されていたんですね!

なかなか聞かないタイプのエピソードに多くの方が関心しています。

鼠先輩の嫁さんと子供

鼠先輩はもともと3歳年上の音楽をしてる彼女がおり、

その彼女を追いかける格好で上京したようです。

鼠先輩もインディーズバンドを組んでいたそうですが、

当時はそれだけで食べていけなかったそうです。

愛しの彼女とわかれてしまったそうですが、

「10年後の8月1日に東京タワーの下で会おう」と約束し、

その日の朝から彼女を待って、本当に現れたそうです!すごいですね・・・。

しかし、彼女の口から飛び出した言葉は、

交際はできないとの話・・・これもすごい。

この経験を音楽にぶつけて、

名曲「六本木」が生まれたそうです。

そして、その音楽の飛躍も手伝って、

その彼女と交際し、結婚することができたとか。。

なんてドラマティックな話なのでしょうか!

子供が出来た頃にはブレイクしており、

そのあとは、テレビの仕事は減りましたが、

自分の営業力で家族を充分に養ったのです。

本当に先輩と呼びたくなるほど、かっこいい人生です・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加