GACKTとボクシング。パッキャオに感銘を受けていた!

スポンサードリンク

GACKTとボクシング。パッキャオに感銘を受けていた!ボクシングを趣味にしていたこともあったGACKT。
幼い頃から格闘技を習っており、その実力は相当なものらしい。

GACKTボクシングパッキャオ

GACKTのインタビューで礼儀や感謝について書かれている記事を見ると、
少し古い体育会系、もしくは大和・サムライ根性のような魂を感じる。

柔道やテコンドーなど、東アジアの武道を極めている反面、
過去にはボクシングやなども習っていた。

GACKTのドキュメントDVDを覗くと、
ジムでスパーリングをしている姿や、
ひたすらサンドバックを叩いている姿もある。

そこで、最近、GACKTがブログに書いた、
プロボクサー、パッキャオ選手への想いが凄い。

「アジア」というキーワードを昔から大切にしていたGACKTにとって、
もっとも、世界的に英雄なアジア人であるパッキャオは見逃せない存在だったのだろう。



スポンサードリンク


GACKTがパッキャオの試合を観戦?

GACKTパッキャオメイウェザーリングサイド招待

先日ラスベガスのMGMグランドで開催された、
メイウェザーvsパッキャオの世紀の一戦。

短いリーチや低い身長で、世界中の強豪をなぎ倒したパッキャオと、
ここまで無敗で多階級を制圧してきたメイウェザーの対決。

一番高いチケットで、公表されているもので、
4000万という破格の価額になっていたという。

そんな世紀の一戦のチケットをGACKTは手に入れていたという。

一体どこの席で観戦していたのだろうか・・・?

座席の詳細はGACKT本人のブログの更新を待つしかない・・・。

かつて、自分のオールナイト日本のラジオに出演した、
プロテスト合格したてのシュンスケという選手にリングネームをつけていたGACKT。
スタッフにシュンスケ選手の試合を見に行ってもらうなど、思い入れの強さを感じた。

さらには、内藤選手のポンサクレック戦の君が代にも登場。
古くからの付き合いで、内藤選手のほうから「日頃からお世話になっていた」と語っていたので、ボクシング関係の友好も深いといえよう。

あまり知られていないボクシング熱を持つGACKT。
パッキャオ対メイウェザーの試合でなに感じたのか?
今からでも、GACKTの僅差で敗れたパッキャオへの想いが知りたい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加