反田恭平の情熱大陸(動画)。出身高校と中学。彼女はいるのか?

スポンサードリンク

反田恭平の情熱大陸(動画)。出身高校と中学。彼女はいるのか?人気番組「情熱大陸」に出演して話題の反田恭平さん。

若き天才ピアニストとして、世界的に大きな評価をされてるすごい方です。

情熱大陸の中では黒ぶちメガネに長髪を束ねて、
ピアノの前に座った瞬間に別人のように変化し、
一心不乱に美しいメロディを奏でます。

まさに、漫画やドラマに登場しそうな、
「天才音楽家」といった感じでしょうか?

情熱大陸を少し見ただけで、
すっかり反田恭平さんの世界にハマった方も多いでしょう!

反田恭平の情熱大陸(動画)

若干22歳ながら「クラシック界を震撼させる才能」と称され、世界で注目を集めている新進気鋭のピアニスト、反田恭平がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作/TBS系全国ネット、10月2日午後11時~)に登場する。引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000002-maiall-ent

若干22歳で芸能人でもない若者が、
情熱大陸に取り上げられるだけでも快挙です。

基本的に情熱大陸では、
芸能人以外の方は、年齢を重ねた、
熟年の職人のような方出演します。

%e5%8f%8d%e7%94%b0%e6%81%ad%e5%b9%b3%e6%83%85%e7%86%b1%e5%a4%a7%e9%99%b8%e5%8b%95%e7%94%bb%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f%e7%84%a1%e6%96%99%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97

ピアノという特化されたジャンルの中で、
これだけの若さで注目されるのは、
もはや「異例中の異例」です!

実際に情熱大陸に出演した後の反田恭平さんは、
ヤフーニュースに出るほどの大反響をもらっていました。

まだ反田恭平さんの動画を見てない方は、
急いで鑑賞されると良いでしょう!

しかし、情熱大陸って本当に良い番組ですね〜。



スポンサードリンク


反田恭平の出身高校と中学。ロシアの大学院に留学?

反田恭平さんは北海道出身の方ですが、
気になるのは、その経歴です。

音楽家の出身中学高校は、普通の人とは一見違った経緯になることが多いですが、
反田恭平さんの場合は、どのような感じなのでしょうか?

情熱大陸の中での反田恭平さんは、
ロシアに留学して才能を伸ばしてる最中がドキュメント化されてました。

反田恭平さんがロシアに留学する前は、
桐朋学園大学の音楽学部にいたそうです。

さらに桐朋学園大学より前には、
桐朋女子高等学校にいたそうです。
この時、桐朋学園大学から奨学金があったそうです。

やはり、すごい経歴ですね・・・。

さらに、気になる出身中学ですが、
反田恭平さん本人のブログの中では、
「元中」として語られてます。

昨日、元中(昔通ってた中学校)へ4年ぶりに行きました!

先生達が殆ど知らない人でしたが、中には副担任の先生もいらっしゃり、懐かしかったです。
引用元:http://ameblo.jp/ky-hei/entry-11561172750.html

おそらく「札幌元中」が出身中学ですね!

地元の友達は、彼の音楽家として快進撃に驚いてることでしょう・・・。22歳の若さですから

反田恭平に彼女はいるのか?

%e5%8f%8d%e7%94%b0%e6%81%ad%e5%b9%b3%e5%87%ba%e8%ba%ab%e9%ab%98%e6%a0%a1%e4%b8%ad%e5%ad%a6%e5%a4%a7%e5%ad%a6%e5%bd%bc%e5%a5%b3%e7%95%99%e5%ad%a6%e6%b5%b7%e5%a4%96%e8%a9%95%e4%be%a1%e5%ae%9f%e5%8a%9b

現在モスクワにて音楽留学をしている反田恭平さんですが、
恋愛の方は、普通の若者らしく順調なのでしょうか?

情熱大陸を見てる限り、彼女がいる様子はないです・・・。

音楽のエリートは想像以上にスケジュールが過酷なので、
普通の学生のように遊んでる暇はないと思われます。

公式は情報はどこにもないですが、
個人的に反田恭平さんに彼女はいないと思います!

しかし、海外でここまで音楽で評価されているのですから、
反田恭平さんの将来の才能に目をつけた年上の女性が誘惑するかもです。

海外の女性は、外見よりも才能的な遺伝子を欲しがりますからね・・・これから反田恭平さんはどんどんモテてくることでしょう!

アイドルやタレントではないので、
反田恭平さんの彼女ができたら、
どこかでヒョコッと紹介するかもしれません!

これからの方なので、今は彼女を作って振り回されるよりも、日々練習に励んで、日本のピアノを変えていって欲しいですね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加