石田義則(ECD) 死去。死因は上行結腸と食道の進行癌。浜田雅功の怖かった芸能人は小林旭

スポンサードリンク

石田義則(ECD) 死去。死因は上行結腸と食道の進行癌。浜田雅功の怖かった芸能人は小林旭ラッパーとして活躍された、
石田義則さんが、
昨日2018年1月24日の、
21時36分に亡くなりました。

石田義則さんは「ECD」という名で、
1990年代から活動され、
現在までに多くの支持を集めていました。

石田義則さんが亡くなった原因はなんだったのでしょうか?

石田義則の死因は上行結腸と食道の進行癌

1960年生まれの石田義則さんは、
今年で58歳になるはずでした。

最近ではミュージシャンの寿命も延びているので、
この時期での死去は衝撃的です。

石田義則さんが亡くなられた原因は、
上行結腸と食道の進行癌だそうです。

ツイッターでは、
「家族による代筆です。昨夜21時36分、ECDこと石田義則は入院先の病院で息を引き取りました。家族と友人達に見守られながらの最期でした。これまで応援してくださった皆さんには深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました。告別式につきましては決まり次第こちらでお知らせします」
と発表されました。

石田さんは2年前の9月に、
「先程主治医から説明を受けました。上行結腸と食道に進行癌とのことです。延命治療がんばります!」と発言されており、
あれから辛い時期を過ごしたことになります。

日本人ラッパーとして、
初めてメッセージ性の強いリリックを作り、
若者だけでなく、大人のハートまで掴んでいました。

日本のラップの世界で、
今後も石田さんに対するリスペクトは止まないことでしょう。



スポンサードリンク


浜田雅功の怖かった芸能人

現在、芸能界で怖いもの知らずと思われがちな浜田雅功さんですが、
なんと、過去には怖かった芸能人がいたようです!

相方の松本さんが過去の浜田さんの話をすると、
かなり図々しくも心臓の強い方だったとわかりますが、
まさか、当時に怖かった芸能人がいたなんて・・・。

浜田雅功さんが怖かったとされる芸能人は、
大物俳優の小林旭さんのようです。

本番中にいきなりフリスクを食べ始めたり、
挙動が怖かったそうです・・・笑。。

基本的にはバラエディに登場する、
役者系の方の中に、たまに怖い方がいるそうです。

音楽番組ではミュージシャンにガンガン行けるのに対して、
俳優には怖がるというのも、何か矛盾がありますが!笑

過去、エレカシの宮本さんやGacktさんなど、
ファン的には「怒らない?」とそわそわしそうな共演でも、
浜田雅功さんは御構い無しに突っ込み倒してきました。

そう考えると、ミュージシャンって、俳優よりも性格が良いのかもしれませんね!

もしくはライブなどのMCで、
話で場を盛り上げるプレッシャーを知っているからこそ、
芸人さんの絡みも大歓迎なのかも??

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加