バレーボール世界大会の歴代テーマソングを振り返ろう!

8月26日からバレーボール世界選手権が開幕します。世界選手権は4年に1度行われる世界大会の1つで、世界のトップチームが頂点を目指し競い合います。こちらでは、バレーボール世界大会のテーマソングに注目し、歴代タイトルとアーティストをまとめました。バレーの大会に欠かせない歴代テーマソングを振り返っていきましょう。

世界バレー(バレーボール世界選手権)

まずは、826日から開幕する世界バレーのテーマソングです。世界バレーは、国際バレーボール連盟が作った初めての世界大会で、1949年から始まり今年で第20回を迎える歴史ある大会です。

開催年度 タイトル アーティスト
2018 東京VICTORY サザンオールスターズ
2014 東京VICTORY サザンオールスターズ
2010 I Wish for you EXILE
2006 Ready! Go! WaT
2002 dreams from above globe / push
1998 ALL MY TRUE LOVE SPEED

サザンオールスターズの「東京VICTORY2大会連続でテーマソングに選出されました。2大会連続で同じ曲の採用は珍しいですね。「東京VICTORY」を聴くとバレーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。前向きな気持ちにさせてくれる「東京VICTORY」は本大会にピッタリですね。今年の世界バレーもテーマソングに選ばれるのでしょうか。

ワールドカップバレー(バレーボールワールドカップ)

ワールドカップバレーは、1965年に開始された世界大会の1つです。1977年(第4回大会)より日本で開催されています。国際バレーボール連盟より、2019年を最後にワールドカップバレーは廃止、新たにオリンピック予選を設定すると発表されました。

開催年度 タイトル アーティスト
2019 Big Shot!! ジャニーズWEST
2015 Cha-Cha-Cha チャンピオン』 Sexy Zone
2011 Sexy Zone Sexy Zone
2007 Ultra Music Power Hey! Say! JUMP
2003 NEWSニッポン NEWS
1999 ARASHI
1995 MUSIC FOR THE PEOPLE V6
1991 ファイト!! 森高千里
1989 Special To Me Wink
1985 Touch Me 松田聖子
1977 また逢う日まで 尾崎紀世彦

7大会連続でジャニーズグループがテーマソングを担当していました。V6はワールドカップバレーのイメージキャラクターとしてジャニーズ 社長 ジャニー喜多川氏が結成したグループです。V6の「V」には、「バレーボール(Volleyball)」などの意味が込められています。その後も嵐やSexy Zoneなど、開催年度に人気の高いグループが選ばれています。

グラチャンバレー(バレーボール・ワールドグランドチャンピオンズカップ)

グラチャンバレーは、1993年から日本で開催されていた国際大会です。各大陸の王者が集まり頂点をかけて戦います。2017年(第7回大会)をもって大会は廃止されてしまいました。日本で開催されていたグラチャンバレーとワールドカップバレーの2大会が廃止されてしまうのはとても残念ですね。

開催年度 タイトル アーティスト
2017 キング&クイーン ポルノグラフィティ
2013 Dreaming Now! 倖田來未
2009 SHOOTING STAR EXILE
2005 GLORIA KAT-TUN
2001 TOMORROW メモリーキャッツ(ウリナリオールスターズ)
1997 Shinin'on Shinin'love MAX
1993 Try Boy, Try Girl 前田亘輝

日本テレビ系列で放送されているグラチャンバレーは、2001年に『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の番組をあげてバレーを盛り上げました。番組内で生まれた、南原清隆さん率いるメモリーキャッツがテーマソングを担当。河村隆一さんがプロデュース、編曲を松任谷正隆さんという豪華メンバーが手がけました。

オリンピック最終予選

世界的なスポーツの祭典オリンピックの出場権をかけた最後の戦いです。2020年度は東京開催だったため、開催国枠で出場が保証されていました。

開催年度 タイトル アーティスト
2016 勝利の日まで Sexy Zone
2012 キミのため ボクがいる Sexy Zone
2008 Dreams come true Hey! Say! JUMP
2004 希望~Yell NEWS
2000 DANCEするのだ! モーニング娘。
1996 BEAT YOUR HEART V6

Sexy Zoneが2大会連続でテーマソングを担当しています。ワールドカップを含めると4大会連続で起用されています。Sexy Zoneは先日、休養中だったマリウス葉さんが芸能界引退の報道がされ、注目が集まりました。まだ正式発表はされていないので真相は分かりませんが、また5人で活動している姿が見たいですね。また、2024年オリンピック最終予選のテーマソングは誰が抜擢されるのか楽しみです。

最後に

ワールドカップバレーのイメージキャラクターとしてV6の結成以降、ジャニーズがテーマソングを担当することが多くなっています。過去のテーマソングを振り返り、バレー男子龍神 Nippon・バレー女子火の鳥 Nipponを応援しましょう!

おすすめの記事