ローリングストーン誌が選ぶ「80年代ロック名盤BEST100」

    ローリングストーン誌が選ぶ「80年代ロック名盤BEST100」 画像

    US版ローリングストーン誌が89年に発表した80年代の名盤ランキング。

    プリンスのアルバムが5枚もランクイン、なんか彼ってロースト誌のランクだと過大評価されてないか?

    クラッシュが一位って・・・自分的にはイマイチ納得いかない。やっぱり80年代といったらHR/HMが最後に輝いた栄光の時代、その時代の栄光ぐらいヘビメタバンドにくれ!って思ってしまう。(笑)でも、あの80年代のアルバムたちを1から100まで並べるなんて無理があるよね。。

    このランキングが作られたのが1989年だからこそのランキングで、もし今から80年代のアルバムを選び直したら、また違った顔ぶれになるに違いない。(こんなこといったらどのランキングもそうだけど。)

     ローリングストーン誌が選ぶ「80年代ロック名盤BEST100」

    1ロンドン・コーリングクラッシュ80年
    2パープル・レインプリンス84年
    3ヨシュア・トゥリーU284年
    4リメイン・イン・ライトトーキング・ヘッズ80年
    5グレイスランドポール・サイモン86年
    6ボーン・イン・ザ・U.S.A.ブルース・スプリングスティーン84年
    7スリラーマイケル・ジャクソン82年8マーマーR.E.M.83年
    9シュート・アウト・ザ・ライツリチャード&リンダ・トンプソン83年
    10トレイシー・チャップマントレイシー・チャップマン88年

    11ゲット・ハッピー!!エルヴィス・コステロ80年
    12パブリック・エナミーIIパブリック・エナミー88年
    13ディーゼル・アンド・ダストミッドナイト・オイル87年
    14Soピーター・ガブリエル86年
    15レット・イット・ビーザ・リプレイスメンツ84年
    161999プリンス82年
    17シンクロニシティポリス83年
    18ダーティ・マインドプリンス80年
    19ニューヨークルー・リード89年

    20愛しのキッズザ・プリテンダーズ80年
    21レイン・ドッグトム・ウェイツ85年
    22ザ・スミスザ・スミス84年
    23レッドブラック・ウフル81年
    24ロサンジェルスX80年
    25トンネル・オブ・ラブブルース・スプリングスティーン87年
    26バック・イン・ブラックAC/DC80年
    27アペタイト・フォー・ディストラクションガンズ・アンド・ローゼズ87年
    28コントロールジャネット・ジャクソン86年
    29ダブル・ファンタジージョン・レノン&ヨーコ・オノ80年

    30ハウ・ウィル・ザ・ウルフ・サヴァイヴ?ロス・ロボス84年
    31アヴァロンロキシー・ミュージック82年
    32天使か悪魔かジョン・クーガー・メレンキャンプ84年
    33ゼン・アーケイドハスカー・ドゥ84年
    34刺青の男ザ・ローリング・ストーンズ81年35キル・エム・オールメタリカ83年
    36ラプチュアーアニタ・ベイカー86年
    37ミッドナイト・ラヴマーヴィン・ゲイ82年
    38インペリアル・ベッドルームエルヴィス・コステロ & ジ・アトラクションズ82年
    39イリミネーターZZトップ83年

    40WAR(闘)U283年
    41ドキュメントR.E.M.87年
    42ストロング・パースウェイダーザ・ロバート・クレイ・バンド86年
    43ネブラスカブルース・スプリングスティーン82年
    44オー・マーシーボブ・ディラン89年
    45デイドリーム・ネイションソニック・ユース88年
    46ピーター・ガブリエルIIIピーター・ガブリエル80年
    47プライベェート・ダンサーティナ・ターナー84年
    48スカイラーキングXTC87年
    49クレイジー・リズムスザ・フィーリーズ80年

    50バーニング・アップマドンナ83年
    51ラン DMCラン DMC84年
    52メイキング・ムーヴィーズダイアー・ストレイツ80年
    53ブリング・ザ・ファミリージョン・ハイアット87年
    54スピーキング・イン・タングズトーキング・ヘッズ83年
    55センターフィールドジョン・フォガティ85年
    56クローサージョイ・ディヴィジョン80年
    57エンプティ・グラスピート・タウンゼント80年
    58ザ・インデストラクティブル・ビート・オブ・ソウェトV.A.86年
    59コンピューター・ゲームスジョージ・クリントン82年

    60ブルー・マスクルー・リード82年
    61ドック・アト・ザ・ラダー・ステーションキャプテン・ビーフハート80年
    62炎のターゲットデフ・レパート83年
    63エンターテインメント!キング・オブ・フォー80年
    64ヴィヴィッドリヴィング・カラー88年
    65イン・マイ・トライブ10,000 マニアックス87年
    66ファイヨー・オン・ザ・バイユーザ・ネヴィル・ブラザーズ81年
    67トラブル・イン・パラダイスランディ・ニューマン83年
    68ザ・スペシャルズザ・スペシャルズ79年
    69レイディオL.L.クールJ85年

    70トラヴェリング・ウィルベリーズ Vol.1ザ・トラヴェリング・ウィルベリーズ88年
    71クラウデッド・ハウスクラウデッド・ハウス86年
    72マーシャル・クレンショウマーシャル・クレンショウ82年
    73ビルディング・ザ・パーフェクト・ビーストドン・ヘンリー84年7
    74サイン・オブ・ザ・タイムスプリンス87年
    75シーズ・ソー・アンユージュアルシンディー・ローパー83年
    76セカンド・エディションパブリック・イメージ・リミテッド80年
    77ロビー・ロバートソンロビー・ロバートソン87年
    78デアーヒューマン・リーグ82年
    79ギター・タウンスティーヴ・アール86年

    80街角の詩スザンヌ・ヴェガ85年
    811984ヴァン・ヘイレン84年
    82イースト・サイド・ストーリースクイーズ81年
    83レッツ・ダンスデヴィッド・ボウイ83年
    84フェイスジョージ・マイケル87年
    85フリーダムニール・ヤング89年
    86ザ・リバーブルース・スプリンスティーン80年
    87スティール・ホイールズザ・ローリング・ストーンズ89年
    88ライヴス・イン・ザ・バランスジャクソン・ブラウン86年
    89フーズ・ズーミン・フー?アレサ・フランクリン85年

    90ナッシング・ライク・ザ・サンスティング87年
    91ライル・ラヴェットライル・ラヴェット86年
    92フル・ムーン・フィーバートム・ペティ89年
    93ザ・ナイト・アイ・フェール・イン・ラヴルーサー・ヴァンドロス85年
    94権力の美学ニュー・オーダー83年
    95スケアクロウジョン・クーガー・メレンキャンプ85年
    96カラー・バイ・ナンバーズカルチャー・クラブ83年
    97ザ・モナリザズ・シスターグラハム・パーカー88年
    98レイバー・オブ・ラヴUB4083年
    99ワット・アップ、ドッグ?ワズ(ノット・ワズ)88年
    100サン・シティアーティスト・ユナイテッド・アゲインスト・アパルトヘイト85年

     

    ローリングストーン誌が選ぶ「80年代ロック名盤BEST100」

    ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大なベーシスト10人

    ローリングストーン誌の選ぶ史上最も過小評価されている25人のギタリスト

    ローリングストーン誌の選ぶオールタイムグレイテストソング500

    ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイムベストアルバム500

    ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大な偉大なサマーソング10選

    ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大なプログレ・バンド10選

    ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のドラマー

    ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のシンガー

    ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のギタリスト

    おすすめの記事
    ジョンレノンとオノヨーコの「ベットイン」の意味と当時の写真。年の差が良い味わいを出してる。
    ジョンレノンとオノヨーコの「ベットイン」の意味と当時の写真。年の差が良い味わいを出してる。
    よくテレビや雑誌で見かけるであろう、 ジョンレノンとオノヨーコのベットでのツーショット写真。 これは「ベットイン」という平和パフォーマンスであったのだ。 この「ベットイン」のパフォーマンスが行われたのは1969年の3月と6月だった。 ジョンレノンとオノヨーコがこのネーミングを発表した際には、 多くの人が「ふたりが公開で...
    ピート・ドハーディとケイト・モス
    ピート・ドハーディとケイト・モス
    ロック界のニューウェーブと、モデル界の一番人気と、当時の各業界のトップ同士という、大物カップルとしてゴシップ誌とタブロイド誌を賑わせていた。 21世紀版シド&ナンシーとまで言われていたロックカップルは破局と復縁を繰り返してた。 話題の絶えないカップルに、多くのメディアがふたりを追った。 出会いからカップルでファッション...
    清春の子供(娘)と嫁。インスタで魅せるファッションが素敵!ツイッターもマメに更新
    清春の子供(娘)と嫁。インスタで魅せるファッションが素敵!ツイッターもマメに更新
    音楽だけでなくファンション的にも評判の良い清春さん。 清春さんに憧れて、カジュアルなV系を目指した方は多くいることでしょう。 そんな清春さんはすでに40代の後半とそれなりに年齢を重ねてきてます。 コアなファンの多さは現在で、自身のブランドも好評です。 多くのヴィジュアル系ミュージシャンが、 40代前後で劣化していく中で...
    英語学習にYoutubeはアリ?学べるチャンネルや勉強方法を解説
    英語学習にYoutubeはアリ?学べるチャンネルや勉強方法を解説
    コロナを機に、Amazon PrimeやNetflixなど動画サブスクリプションサービスが飛躍的に成長し、多くの人がいつでもどこでもコンテンツを楽しめる時代になりました。 海外企業のサービスが主体で、海外タイトルも見ることが出来ますよね。『フレンズ』『プリズン・ブレイク』『ロスト』などはシーズンが沢山あり、いくら見ても...
    ジョン・ライドンの名言とファッションで観る人間性。身長が15センチ伸びたってマジ?
    ジョン・ライドンの名言とファッションで観る人間性。身長が15センチ伸びたってマジ?
    ピストルズのボーカルとして、シドと共にメインマンバーとして有名なジョン・ライドン。 当時はシドとジョン・ライドン派に分かれていたほど、ピストルズに欠かせないメンバーだ。 ある意味シドよりも筋金入りの悪で、ミュージシャンであることには間違いなく、 パンクの象徴をシドだという意見に反して、ジョン・ライドンの名を上げるパンク...
    鬼龍院翔のすっぴんと歯がキュート!身長の小ささも魅力
    鬼龍院翔のすっぴんと歯がキュート!身長の小ささも魅力
    小さな子犬のような可愛さで人気のゴールデンボンバーの鬼龍院翔さん。 常にユニークなパフォーマンスで、寂れた音楽業界に活気を呼び込んでくれてます。 一応、ヴィジュアル系の部類に入るゴールデンボンバーですが、 ボーカルの鬼龍院翔さんは、昔からGacktさんの大ファンのようです。 鬼龍院翔さんがバンドを始めたのも、もちろんG...
    永六輔の死去(病気名・原因)。現在までにラジオや息子(孫)は?
    永六輔の死去(病気名・原因)。現在までにラジオや息子(孫)は?
    長くタレント活動を続けていた永六輔さんが、 今年2016年の7月7日に亡くなっていたそうです。 芸能界でも影響力の強い方だけに、 各方面からコメントが出ています。 放送作家、作詞家、タレントなど幅広く活躍した永六輔(えい・ろくすけ、本名・孝雄、たかお)さんが7日に死去したことが11日、分かった。83歳だった。 引用:h...
    MAKIDAIのあいさつ(ZIP!コメント全文)。仕事復帰と現在の容態と後遺症は?
    MAKIDAIのあいさつ(ZIP!コメント全文)。仕事復帰と現在の容態と後遺症は?
    昨年末に、EXILEグループのファンに、 大変、つらい悲劇がありました。 それはMAKIDAIさんの交通事故。 それによって札幌ドームで予定されていたライブが中止になる事態に、 クリスマスの思い出に、頑張ってチケットを買ったファンや、 会場を作ったスタッフ、ライブに備えて準備を重ねてきたメンバー、 多くの方にとって、残...
    だいたひかるが逮捕の噂?現在は乳がんの手術(右乳房全摘)。旦那との絆と年収(収入)
    だいたひかるが逮捕の噂?現在は乳がんの手術(右乳房全摘)。旦那との絆と年収(収入)
    少し前に清原さんの逮捕があってか、 芸能界のいろんなところにガセネタが飛び火してます。 一番最近では、俳優の成宮さんが、 疑惑をかけられたことで、引退を決断されました。 そして、女性芸人のだいたひかるさんにも、 なぜか「逮捕」のキーワードが盛られた記事をネットで見かけます。 なぜ、だいたひかるさんに対して、 逮捕のキー...
    エアロスミス解散の理由と時期(いつ?)。2017ライブ(ツアー)のスケジュール。メンバーの不仲と仲良しエピソードまとめ
    エアロスミス解散の理由と時期(いつ?)。2017ライブ(ツアー)のスケジュール。メンバーの不仲と仲良しエピソードまとめ
    デビューした時から長く苦難を乗り越えてきたエアロスミス。 メンバーの脱退や病気、 駄作から復活劇や、 現在までにオリジナルメンバーでの活動を継続させていました。 お馴染みのメンバーで何年も活動をしていてことが、 エアロスミスの評価の大きな理由の一つであったのは事実です。 度々出る「引退」や「解散」の言葉も、 ファンは信...
    ジョン・レノンの名言集
    人生とは、人生以外のことを夢中で考えてるときにあるんだよ。   人の言う事は気にするな。 誰でも非凡な才能を持っているし、すべての人が美しいんだ。自分がいったい何者なのか、誰かに指摘してもらう必要のある人間なんて一人もいない。あなたは、そのままであなたなのだ。 人生は短い。だから友よ、空騒ぎしたり、争ったりする暇なんて...
    ジム・モリソンの名言集
    ジム・モリソンの名言集
    哲学的な歌詞が支持されてきたジム・モリソン。 彼の作った曲の歌詞をそのまま名言と受け取ることも充分に可能(笑) 頭の良い知性派のロックスターを挙げるなら、 このジム・モリソンは代表格だ。 ジム・モリソンの名言 現実の境界線を見極めようとしてたんだ、何が起こるのか興味津々だった。 僕は、反乱や混乱、カオス、特に一見意味の...