ローリングストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のギタリスト

    なぜかとても惹かれる「ローリングストーン誌が選ぶ」シリーズ。

    バンドの花形のギターともなれば需要が凄そうですね。

    かなり昔に2003年版のランキングを載せて一喜一憂してましたが、2011年に改訂版を出してたみたいなので、そちらも2003年版の下の方に載せておきます。

    ローリングストーン誌が選ぶ史上最も偉大なギタリスト100人(ランキング)

    (19位〜1位)ローリング・ストーン誌が選ぶ最も偉大な100人のギタリスト

    1位ジミ・ヘンドリックス 2位デュアン・オールマン(オールマン・ブラザーズ・バンド)
    3位B.B.キング 4位エリック・クラプトン
    5位ロバート・ジョンソン 6位チャック・ベリー
    7位スティーヴィー・レイ・ヴォーン 8位ライ・クーダー
    9位ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン) 10位キース・リチャーズ(ローリング・ストーンズ)
    11位カーク・ハメット(メタリカ) 12位カート・コバーン(ニルヴァーナ)
    13位ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド) 14位ジェフ・ベック
    15位カルロス・サンタナ(サンタナ 16位ジョーイ・ラモーン(ラモーンズ)
    17位ジャック・ホワイト(ホワイト・ストライプス) 18位ジョン・フルシアンテ(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
    19位リチャード・トンプソン 20位ジェームズ・バートン
    21位ジョージ・ハリスン(ビートルズ) 22位マイク・ブルームフィールド
    23位ウォーレン・ヘイネス 24位ジ・エッジ (U2)
    25位フレディ・キング 26位トム・モレロ(レイジ・アゲインスト)
    27位マーク・ノップラー 28位ステファン・スティルズ
    29位ロン・アシュトン(ストゥージズ) 30位バディ・ガイ
    31位ディック・デール 32位ジョン・シポリナ(クイックシルバー)
    33位リー・ラナルド(ソニック・ユース) 34位サーストン・ムーア(ソニック・ユース)
    35位ジョン・フェイヒー 36位スティーヴ・クロッパー(ブッカー・T&ザ・MGズ)
    37位ボ・ディドリー 38位ピーター・グリーン(フリートウッド・マック)
    39位ブライアン・メイ(クイーン) 40位ジョン・フォガティ(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)
    41位クラレンス・ホワイト(バーズ) 42位ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)
    43位エディ・ヘイゼル(ファンカデリック) 44位スコッティ・ムーア
    45位フランク・ザッパ 46位レス・ポール
    47位T-ボーン・ウォーカー 48位ジョー・ペリー(エアロスミス)
    49位ジョン・マクラフリン 50位ピート・タウンゼント(ザ・フー)
    51位ポール・コゾフ(フリー) 52位ルー・リード
    53位ミッキー・ベイカー 54位ヨーマ・カウコネン(ジェファーソン・エアプレイン)
    55位リッチー・ブラックモア(ディープ・パープル) 56位トム・ヴァーレイン(テレヴィジョン)
    57位ロイ・ブキャナン 58位ディッキー・ベッツ
    59位ジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド) 60位エド・オブライエン(レディオヘッド)
    61位アイク・ターナー 62位ズート・ホーン・ロロ(ザ・マジック・バンド)
    63位ダニー・ガットン 64位ミック・ロンソン
    65位ヒューバート・サムリン 66位ヴァーノン・リード(リヴィング・カラー)
    67位リンク・レイ 68位ジェリー・ミラー(モビー・グレープ)
    69位スティーヴ・ハウ(イエス) 70位エドワード・ヴァン・ヘイレン(ヴァン・ヘイレン)
    71位ライトニン・ホプキンス 72位ジョニ・ミッチェル
    73位トレイ・アナスタシオ(フィッシュ) 74位ジョニー・ウィンター
    75位アダム・ジョーンズ(トゥール) 76位アリ・ファルカ・トゥーレ
    77位ヘンリー・ヴェスティン(キャンド・ヒート) 78位ロビー・ロバートソン(ザ・バンド)
    79位クリフ・ギャラップ(ジーン・ヴィンセント) 80位ロバート・キーン(ザ・ヴォイドイズ)デレク・トラックス
    81位デレク・トラックス 82位デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)
    83位ニール・ヤング 84位エディ・コクラン
    85位ランディ・ローズ 86位トニー・アイオミ(ブラック・サバス)
    87位ジョーン・ジェット(ザ・ランナウェイズ) 88位デイヴ・デイヴィス(キンクス)
    89位D.ブーン(ミニットメン) 90位グレン・バクストン(アリス・クーパー)
    91位ロビー・クリーガー(ドアーズ) 92位フレッド・スミス(MC5)
    93位ウェイン・クレイマー(MC5) 94位バート・ヤンシュ
    95位ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン) 96位アンガス・ヤング(AC/DC)
    97位ロバート・ランドルフ 98位リー・スティーブンス(ブルー・チアー)
    99位グレッグ・ギン(ブラック・フラッグ) 100位キム・セイル(サウンドガーデン)

    2003年版の感想(2011年を見る前に書いてます)

    ついに上位。やはり一位はジミヘン!クラプトン・キング・ペイジと予想通りの顔ぶれになっている。キースがここまで上位って・・・ネームバリューに引っ張られたのか?個人的にメタリカのカークがランクインしてることが嬉しい。ジャック・ホワイトが17位?・・・うーん、バンドそのものは革命的だけど、ギタリストとしてはいかがなモノかな?さすがにビッグネームが名を連ねてるけど、ロバード・ジョンソンってそんなに偉大か?なんか時代に騙され過ぎてる感がするけど・・・セールスもパフォーマンスも印象は薄いし、晩話ばかり賑やかな印象。カートはやはり賛否両論だね、自分は納得してる。

    大好きなトム・モレロとブライアン・メイがついに登場!U2のエッジがここまで上位というのは意外・・・ソニックユースのツインギターコンビが仲良くくっついて上位に、なぜ!?(笑)トム・モレロの順位が信じられない!オーマイガーだよwソニック・ユースがまさかの揃ってランクイン、なんかこのランク作った人が「疲れたからこんな感じでいいや」ってノリが伝わってくるのは気のせい?(実際違うはじだけどw)

    大好きなジョー・ペリーが48位・・・・せめて20位以内には入ってて欲しかった・・・。エアロソングってどれだけ腕の立つミュージシャンが演奏しても味が出ないんだよねー、「味」が勝負のギタリストは評価されないのか?ちょっと泣いていい?彼の真似して失敗したギタリストがどれだけいるのか。そういうカリスマ性はミーハーと見なされてはじかれるのか?(笑)まぁ「偉大」がテーマだもんね、仕方ないか。ルー・リードが52位、きっと内田裕也に殴られたせいだろう、あの事件がなかったらもっと上だったよ(適当w)上位を見てるとフランク・ザッパみたいなギタリストを上位に入れたがるのかと思ったが、ここは大人しく45位。

    ・・・・ヴェイ・ヘイレン、お前の頑張りは俺がよく知ってるぜ!wイエスのスティーヴのランクがここまで低いとは?下位のランキングだけに、さすがにマニアックな顔ぶれが並ぶ・・・。ここから何人かチェックして聴くべきか?

    アンガス・ヤングの順位には違和感がある!うーん、確かに革命的にギタリストではないけど、「ギターを観に行くバンド」の1つにACDCがあるんだからさ、そのギタリストの価値を高めた意味では貢献してると思うけどなー。だってランナウェイズのジェーンよりも下ってw彼女も女性ギタリストとしてのパイオニア的役割を果たしたわけだけど、アンガスヤングよりも上っていうのはありえんわww

    2011年改訂版・ローリングストーン誌が選ぶ偉大な100人のギタリストランキング

    順位 ギタリスト名 所属バンド
    1位 ジミ・ヘンドリックス Jimi Hendrix Experience
    2位 エリック・クラプトン Yardbirds,Cream等
    3位 ジミー・ペイジ Yardbirds,Led Zeppelin
    4位 キース・リチャーズ Rolling Stones
    5位 ジェフ・ベック Jeff Beck Group
    6位 B.B.キング B.B.キング
    7位 チャック・ベリー Chuck Berry
    8位 エドワード・ヴァン・ヘイレン Van Halen
    9位 デュアン・オールマン Allman Brothers Band
    10位 ピート・タウンゼンド The Who
    11位 ジョージ・ハリスン The Beatles
    12位 スティーヴィー・レイ・ヴォーン Stevie Ray Vaughan
    13位 アルバート・キング
    14位 デヴィッド・ギルモア Pink Floyd
    15位 フレディ・キング Freddie King
    16位 デレク・トラックス The Allman Brothers Band
    17位 ニール・ヤング Neil Young
    18位 レス・ポール Les Paul
    19位 ジェームズ・バートン
    20位 カルロス・サンタナ Santana
    21位 チェット・アトキンス
    22位 フランク・ザッパ Frank Zappa
    23位 バディ・ガイ Buddy Guy
    24位 アンガス・ヤング AC/DC
    25位 トニー・アイオミ Black Sabbath
    26位 ブライアン・メイ Queen
    27位 ボ・ディドリー
    28位 ジョニー・ラモーン Ramones
    29位 スコティ・ムーア
    30位 エルモア・ジェイムス
    31位 ライ・クーダー Ry Cooder
    32位 ビリー・ギボンズ ZZ Top
    33位 プリンス
    34位 カーティス・メイフィールド
    35位 ジョン・リー・フッカー
    36位 ランディ・ローズ Ozzy Osbourne
    37位 ミック・テイラー The Rolling Stones
    38位 ジ・エッジ U2
    39位 スティーヴ・クロッパー Booker T. & the M.G.'s
    40位 トム・モレロ Rage Against The Machine
    41位 ミック・ロンソン David Bowie
    42位 マイク・ブルームフィールド Butterfield Blues Band
    The Electric Flag
    43位 ヒューバート・サムリン
    44位 マーク・ノップラー Dire Straits
    45位 リンク・レイ
    46位 ジェリー・ガルシア The Grateful Dead
    47位 ステファン・スティルズ Crosby, Stills, Nash & Young
    48位 ジョニー・グリーンウッド RadioHead
    49位 マディ・ウォーターズ
    50位 リッチー・ブラックモア Deep Purple
    51位 ジョニー・マー The Smiths
    52位 クラレンス・ホワイト The Byrds
    53位 オーティス・ラッシュ
    54位 ジョー・ウォルシュ Eagles
    55位 ジョン・レノン The Beatles
    56位 アルバート・コリンズ
    57位 ロリー・ギャラガー Taste
    58位 ピーター・グリーン
    59位 ロビー・ロバートソン The Band
    60位 ロン・アシュトン The Stooges
    61位 ディッキー・ベッツ The Allman Brothers Band
    62位 ロバート・フリップ King Crimson
    63位 ジョニー・ウィンター Johnny Winter
    64位 デュエイン・エディー
    65位 スラッシュ Guns N' Roses
    66位 レスリー・ウェスト Mountain
    67位 T-ボーン・ウォーカー
    68位 ジョン・マクラフリン Miles Davis
    The Mahavishnu Orchestra
    69位 リチャード・トンプソン Fairport Convention
    70位 ジャック・ホワイト The White Stripes
    71位 ロバート・ジョンソン Robert Johnson
    72位 ジョン・フルシアンテ Red Hot Chilli Peppers
    73位 カート・コバーン Nirvana
    74位 ディック・デイル DEL-TONES
    75位 ジョニ・ミッチェル
    76位 ロビー・クリーガー The Doors
    77位 ウィリー・ネルソン
    78位 ジョン・ファイー
    79位 マイク・キャンベル Tom Petty and The Heartbreakers
    80位 バディ・ホリー
    81位 ルー・リード The Velvet Underground
    82位 ネルズ・クライン Wilco
    83位 エディ・ヘイゼル Funkadelic
    84位 ジョー・ペリー Aero Smith
    85位 アンディ・サマーズ The Police
    86位 J・マスシス Dinosaur Jr.
    87位 ジェイムズ・ヘットフィールド Mettalica
    88位 カール・パーキンス
    89位 ボニー・レイット
    90位 トム・ヴァーレイン Television
    91位 デイヴ・デイヴィス The Kinks
    92位 ダイムバッグ・ダレル PANTERA、DAMAGE PLAN
    93位 ポール・サイモン Simon & Garfunkel
    94位 ピーター・バック R.E.M
    95位 ロジャー・マッギン The Byrds
    96位 ブルース・スプリングスティーン Bruce Springsteen
    97位 スティーヴ・ジョーンズ Sex Pistols
    98位 アレックス・ライフソン Rush
    99位 サーストン・ムーア Sonic Youth
    100位 リンジー・バッキンガム Fleetwood Mac

     

    おすすめの記事
    HEATHに結婚願望はあるのか?彼女の噂もなし。脱退疑惑の理由は・・・?
    HEATHに結婚願望はあるのか?彼女の噂もなし。脱退疑惑の理由は・・・?
    X JAPANの正規イケメンベーシストとして人気のHEATHさん。 モトリークルーのニッキーシックスに影響を受けたかのような外見は、 他のメンバーに負けじとロックです。 個人的には、Xのメンバーの中でも海外ロックスターの匂いが最も強く、 HEATHさんの本人も80年代のハードロックスターの影響が強いと語ってます。 そん...
    上重聡の報道否定(退社)。安座間美優と破局していた?(メレンゲ)
    上重聡の報道否定(退社)。安座間美優と破局していた?(メレンゲ)
    日本テレビを代表する、 イケメンアナウンサーの、 上重聡さんですが、 高校時代はPL学園でエースとして活躍し、 98年の夏の横浜高校との死闘を演じました。 著名な経歴を持って、 アナウンサーとしてのスキルも素晴らしく、 また、女性受けの良い外見から、 現役の若い男性アナウンサーのなかでは、 圧倒的な知名度と人気を誇って...
    ルイーザ メイ オルコットの「若草物語(作品)」と名言。経歴(死因)と子孫・親族(旦那子供)は?
    ルイーザ メイ オルコットの「若草物語(作品)」と名言。経歴(死因)と子孫・親族(旦那子供)は?
    ルイーザ メイ オルコットさんといえば、 作品「若草物語」が有名ですよね! アメリカを舞台に四人姉妹を描いた、 当時のアメリカの女性の人生を表現した、 とても貴重な情報も詰まった作品です。 若草物語は自身の私生活がモデルとなっているので、 ルイーザ メイ オルコットさんの経歴を辿ることもでき、 古くからのファンから、非...
    三遊亭円歌が死去(死因)。現在までの病気と持病(病名)。弟子は誰?(動画・画像)
    三遊亭円歌が死去(死因)。現在までの病気と持病(病名)。弟子は誰?(動画・画像)
    昨年は笑点のベテラン落語家が、 番組からの引退を表明し、 長く話題になっていました。 長年、業界を支えていた大物達が、 どんどん病気で引退していってます。 そして、昨日、 現役の中でも重要な位置付けにいる、 三遊亭円歌さんが亡くなったそうです。 「授業中」「中沢家の人々」などの新作落語で知られる落語協会最高顧問の三遊亭...
    ゲスの極み乙女。アルベム「達磨林檎」発売を一旦中止(いつまで延期?)。川谷の活動自粛。事務所のFAX全文。ほのかりんと破局?・
    ゲスの極み乙女。アルベム「達磨林檎」発売を一旦中止(いつまで延期?)。川谷の活動自粛。事務所のFAX全文。ほのかりんと破局?・
    今年に入って色々とお騒がせなゲスの極みの川谷絵音さん。 ベッキーさんとの不倫騒動などで世間を騒がせました。 そして、今は未成年のタレントのほのかんさんとの交際が噂され、 再び話題となっています。 しかし、新しい恋人と言われるほのかりんさんはまだ未成年・・・。 それなのに、同じテーブルで飲酒していたことが明らかになり、 ...
    ローリングストーン誌の選ぶ史上最も過小評価されている25人のギタリスト
    ローリングストーン誌の選ぶ史上最も過小評価されている25人のギタリスト
    プリンスが堂々の1位という結果に「は?」とか言ってはいけない。界隈では評価の高い人で、あの超ナルシズムキャラでさえなければロックファンも納得していただろう。 2位のカートや8位のミック・テイラーなど、全然過小評価されてない気がする、ビッグネームのランクインには驚いた。 「実はもっと偉大だ!」って意見が推されたのかな?逆...
    山下弘子 死去。現在結婚した旦那が報告(Twitter・ブログ・画像)
    山下弘子 死去。現在結婚した旦那が報告(Twitter・ブログ・画像)
    山下弘子さんといえば19歳の頃に肝臓ガンが発覚し、 余命半年と言われながらも、約5年間も生き、 さらにはアフラックのCMに出演し、昨年の6月には交際していた男性と挙式をあげました。 そんな山下弘子さんですが、 なんと今日3月25日の朝に死去されました。 山下さんの夫は公式サイトのブログで「今朝6時過ぎに、ひろは旅立ちま...
    田中圭の接触事故。怪我や慰謝料は?山下智久(山ピー)との仲と関係
    田中圭の接触事故。怪我や慰謝料は?山下智久(山ピー)との仲と関係
    売れっ子俳優として引っ張りだこの田中圭さん。 昔は好演を続けながらも、知名度が大きくなかったですが、 今となってみれば、いつの間にか人気俳優となっていました。 毎年多くの作品に出演する田中圭さんは忙しい方ですが、 今日、道で車との接触事故に遭ってしまったようです。 俳優の田中圭さん(32)が9日未明、東京都世田谷区の路...
    鬼龍院翔のポリープ切除(発生障害の可能性?)。免許証ですっぴんは見せずかわいいメイク!
    鬼龍院翔のポリープ切除(発生障害の可能性?)。免許証ですっぴんは見せずかわいいメイク!
    ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが、 今年2016年の5月中に、 ポリープ切除の手術を受けることを報告しました。 エアーバンドであっても、 鬼龍院翔さんは歌唱場面はあり、 ボーカルに与える影響は大きそうです。 もともと声帯には不安を抱えていたようですが、 パフォーマンスに悪影響を与えるほどではなかったのです。 小さなポ...
    今年は海外勢も参加予定!フジロック2022の日程や出演者は?
    今年は海外勢も参加予定!フジロック2022の日程や出演者は?
    夏と言えば音楽フェス!近年、新型コロナウイルスの影響で中止を余儀なくされていた音楽フェスですが、今年は感染対策をしっかりしながら開催する方向で動き始めています! そこで今回は、音楽フェスの中でも国内だけでなく海外アーティストも参加する大型夏フェスの1つ「FUJI ROCK FESTIVAL’22」の紹介をしていきたいと...
    YUKIの名曲カバーでも話題!今注目の歌姫は「アイナ・ジ・エンド」
    YUKIの名曲カバーでも話題!今注目の歌姫は「アイナ・ジ・エンド」
    GalaxyのキャンペーンCM「ずっと一緒さ。新生活」篇のCMソングで、YUKIの「大人になって」をカバーしたアイナ・ジ・エンドが大きな話題を呼んでいます。アイナ・ジ・エンドといえば、6人組ガールズグループであるBiSHのメンバーですが、ソロとしての活動も注目されています。そこで今回は、BiSHとしてもソロとしても大人...