SUGIZOの別れた嫁と娘の瑠奈。ギターバイオリンとしての存在感とすっぴんに近づくナチュラルさ

スポンサードリンク

SUGIZOの別れた嫁と娘の瑠奈。ギターバイオリンとしての存在感とすっぴんに近づくナチュラルさ現在、エックスのギターとしても活躍するSUGIZOさん。
SUGIZOさんはルナシーのギター&バイオリンとして有名で、多くのプロジェクトに呼ばれる実力派なのです。

SUGIZO嫁子供娘瑠奈彼女

そんなSUGIZOさんの気になる恋愛事情ですが、
結婚や子供の話があったかと思うと、台湾人の彼女の話もあったり、
その時の話題性でメディアに露わになるポイントがまばらなので紛らわしいですよね

そもそもSUGIZOさんが結婚していた過去があり、
その元嫁との間に子供がいることを知らない若いファンが多いようです。

SUGIZOの別れた嫁と娘の瑠奈

SUGIZOさんが結婚していた女性は、
ロシアのクォーターのモデルさんだったようです。

彼女として噂される女性も台湾人が多かったり、
みんなスタイルが良くて、美人系ということで、
昔から今まで、SUGIZOさんの女性のタイプは変わらないということですね。

SUGIZOさんはそのモデルで会った元嫁さんとの間に娘が誕生し、
娘には「瑠奈」という名前をつけたそうです。

瑠奈の由来は、SUGIZOさんの原点であるルナシーから取ったようで、
彼のルナシー愛を語る上、この娘の名前を引き合いに出されることが多いです。

ちなみにネット上では、そのSUGIZOさんの娘を名乗る方がいるようですが、
果たして、その人が本当に瑠奈さんなのか・・・?



スポンサードリンク


SUGIZOが作ったギターバイオリンの魅力

SUGIZOさんはギターだけでなく、
エレガントなバイオリンプレイも魅力です。

もともとクラシック一家で育ったSUGIZOさんは、
オーケストラで耳を慣らした、とても育ちの良い境遇なのです。

ヴィジュアル系では、クラシックを意識したミュージシャンも多くいましたが、
SUGIZOさんが奏でるバイオリンは、その他のバンドとは頭一つ抜けて上品さがありました。

シュッとした外見に、バイオリンを構える姿は、
幼少期から鍛えた腕前と共に、ルナシーの名物ともなっていました。

のちにGacktさんがソロでYOUさんをギターバイオリンに従えますが、
それ以前では、バイオリンとロックのコラボは、SUGIZOさん独自の風格としてました。

YoshikoさんとGacktさんと組んだバンド「SKIN」でもSUGIZOさんはバイオリンを披露。
またエックスに加入した後も、Yoshikiさんのピアノに合わせて演奏します。

かつて、ルナシーでSUGIZOさんが熱狂させた、
ギターバイオリンの立ち位置は、
ヴィジュアル系バンドの中で、贅沢の象徴となることでしょう。

SUGIZOはすっぴんの方が美しい?

SUGIZOすっぴんバイオリンギター腕前下手じゃない

SUGIZOさんはルナシーの全盛期より、年々メイクが落ち着いてます。
それが単純に薄くなったのか、ナチュラルメイクにかえたのか、謎ですが、
現在のすっぴんに近いSUGIZOさんは、明らかに若い頃よりも美しく見えるのです。

クッとした顎から、綺麗な黒髪まで、
綺麗に整った顔立ちが目立ち、
むしろ、すっぴんの方がいいんじゃないか?とまで・・・

例えるならNANAに登場する巧のような印象でしょうか?
この先、SUGIZOさんがすっぴんというすっぴんで活動する日々を期待します!笑

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加