LOUDNESSが米入国拒否。原因・理由はトランプ政策の影響?

    アメリカで人気の、
    日本のヘビメタバンド、
    LOUDNESSですが、

    現在はツアー中。

    ツアーは成功に終わるかと期待されましたが、
    まさかのハプニングがあったようです。

    日本のヘヴィメタルバンド「ラウドネス」がアメリカツアーのために向かったロサンゼルスの空港で入国を拒否されました。引用元https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170420-00000025-jnn-int

    なんと、まさかのアメリカの入国拒否。

    これには、何か理由があるのでしょうか?

    アメリカのアーティストが日本に入れないケースはあっても、
    その逆はあまり聞きませんよね?

    LOUDNESSが米入国拒否

    報道はLOUDNESSが、
    入国拒否されるのは2回目という話と、
    メンバーが初めていう話と、
    何か食い違いがあります。

    また、「彼らが入国拒否されるのは2度目」としていますが、メンバーの1人は「過去に入国拒否されたことは一度もない」としています。

    日本のヘヴィメタルの第一人者として知られる「ラウドネス」は過去にアメリカのビルボード誌のランキングで最高74位に入るなど世界的にヒットし、今も根強い人気を誇っています。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170420-00000025-jnn-int

    過去に入国拒否の前例があると、
    入りにくいという話もあるので、
    本当に二回目なら、それが原因?となりますが、

    多くの見解は、
    トランプ政策の影響だと推測されてます。

    これだけ健全なアーティスト、
    国に入れないとは、
    厳しすぎる気がしますが・・・。

    LOUDNESS拒否理由は原因・理由はトランプ政策の影響?

    ロスの空港にて、
    LOUDNESSは、
    入国拒否されたようですが、

    ほとんどの見解は、
    トランプ政策の、
    入国審査の厳しさがあるとみてます。

    「ラウドネス」は19日から始まる全米ツアーのため、イリノイ州シカゴに向かいましたが、ロサンゼルスの空港で入国を拒否され、そのまま帰国しました。シカゴ公演の主催元はトランプ政権の「外国人に対する入国審査が厳しくなったことが理由」だと主張しています。引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170420-00000025-jnn-int

    メキシコ人など、多くの移住者が、
    トランプさんの政権に反対してますが、
    日本人にもこのような形で影響が来るとは・・・。

    また正式に入国拒否の理由は報道されたわけではないので、
    今後の動向を見てみたいと思います。

    しかし、LOUDNESSを楽しみに、
    チケットを買ったファンはショックだったでしょうね・・・。

    今後、LOUDNESS側のツアー日程も気になります。

    アメリカで求められる希少な日本人バンドなので、
    今後、向こうでライブができないと悲しいです。

    おすすめの記事
    ジミヘンのギターは販売されてる?燃やしたり口で弾くパフォーマンス
    ジミヘンのギターは販売されてる?燃やしたり口で弾くパフォーマンス
    ジミ・ヘンドリックスといえば、ギターの神様として、 各方面から崇められていますが、 そんな彼が生涯愛用したギターはフェンダーのストラトキャスターなのです。 ジミヘンは本来左弾きだったのですが、 右用のストラトを使用し、弦を逆に張ってプレイしていました。 このジミヘンと同じストラトキャスターですが、 色が同じデザインが「...
    大塚愛の告白(スッキリ!動画)。現在の姿は悲報?(画像)
    大塚愛の告白(スッキリ!動画)。現在の姿は悲報?(画像)
    かつて大ヒットシングル、 「さくらんぼ」で一世風靡して、 ポップ系アーティストの大塚愛さん。 当時の大塚愛さんのジャンルは、 ポップなのか、アイドルなのか、 釈然としない雰囲気がありました。 保育資格を保持しており、 子供が大好きだってステータスから、 やはりアイドル側に比重が寄っていたでしょう。 また、さくらんぼ以外...
    佐々木恭子のハプニング動画(ワイドナショー)。過去に放送中に嘔吐?ムチムチな想い
    佐々木恭子のハプニング動画(ワイドナショー)。過去に放送中に嘔吐?ムチムチな想い
    ベテランの女子アナとして、 視聴者だけでなく、業界人からも信頼の深い佐々木恭子アナ。 若い頃から美人アナウンサーとして人気でしたが、 現在は堅い仕事もこなすなど、その知性溢れる魅力は憧れます! そんな佐々木恭子さんですが、 ちょいちょい天然な部分もあり、 時に共演者を驚かせることも多いです。 最近では「ワイドナショー」...
    YoshikiとToshiが仲良しいちゃいちゃしてると和む。すみれ組以来の関係!実年齢に見えない無邪気さ
    YoshikiとToshiが仲良しいちゃいちゃしてると和む。すみれ組以来の関係!実年齢に見えない無邪気さ
    XのドラマーYoshikiさんとボーカルのToshiさん。 二人はバンドの生命線的な存在で、業界ではレジェント級の存在です。 この二人の仲は、Xの活動全盛期の時期から、 バンドが止まっていた時期、復活時と、 常に「実際の仲はどうなの?」と、疑問がかけらていました。 しかし、ここ最近のYoshikiさんとToshiが、 ...
    谷川浩司が辞任(責任取る)も無能ではない。兄貴と情熱大陸の動画)
    谷川浩司が辞任(責任取る)も無能ではない。兄貴と情熱大陸の動画)
    衝撃のニュースです。 なんと日本将棋連盟の谷川浩司会長が、 辞任することを発表しました。 谷川浩司会長の辞任がわかったのは、 1月17日、某スポーツ紙に取材で明らかになったそうです。 辞任した理由や原因に関しては、 様々な憶測がある中、 昨年2016年にあった「スマホ不正使用」の、 責任を取る形説が温厚です。 谷川浩司...
    ピストルズにとってのポール・クックの存在とは?真面目で物静かなドラマー
    ピストルズにとってのポール・クックの存在とは?真面目で物静かなドラマー
    ライブではやりたい放題暴れまくっていたと言われるピストルズ。 めちゃくちゃなバンドにあって、ドラムのポール・クックは真面目で静かな性格で、演奏もムラなく正確だったという。 ピストルズの結成当初から在籍していたメンバーで、 ギターのスティーヴとは古い付き合い。 ピストルズの歴史の最初に、 時間厳守な紳士がいたことが奇跡だ...
    キャシー中島がガン手術後(病名)を公式ブログで。娘もいろいろあった過去
    キャシー中島がガン手術後(病名)を公式ブログで。娘もいろいろあった過去
    元祖ハーフタレントであるキャシー中島さん。 モデルから女優、そしてタレント、現在のハーフタレントの原点になりかねない偉大な方です。 そんなキャシー中島さんは、 今日の深夜、公式ブログを更新。 そこで今年の2月に、 ガンの手術を受けていたことを明かしました。 キャシー中島がガン手術を受けていた。病名は皮膚癌 最近は、奥さ...
    二宮和也(嵐)の彼女は佐々木希が理想タイプ?サイゾーと小説。椎名法子との噂。
    二宮和也(嵐)の彼女は佐々木希が理想タイプ?サイゾーと小説。椎名法子との噂。
    嵐の中でも無邪気で可愛さらしい魅力を放つ二宮和也さん。 現在でも嵐のメンバーの中で人気は継続されつつ、 常に俳優としても、玄人人気を保持し、アイドルが苦手な方から支持されています。 個人的には二宮和也さんは、 名俳優の道を歩んで欲しいので、 よくも悪くも若いうちに多くの経験をして欲しいです。 もちろん、恋愛も普通にして...
    がんこちゃん20周年のハードな裏設定。エピソードゼロと弟の名前は?(青い子)
    がんこちゃん20周年のハードな裏設定。エピソードゼロと弟の名前は?(青い子)
    国民的人形劇となっている「がんこちゃん」ですが、 今年2017年で20周年を迎えるそうです! 犬や猫などかわいい動物ではなく、 カタツムリやヘビなど、一般的でない生き物を基盤に、 「皆それぞれ」の価値観を子供に与えた功績は大きいです。 個人的には子供の頃に観た、 「がんこちゃん」の印象は強く、 常に好奇心を煽られて観て...
    MAKIDAIのあいさつ(ZIP!コメント全文)。仕事復帰と現在の容態と後遺症は?
    MAKIDAIのあいさつ(ZIP!コメント全文)。仕事復帰と現在の容態と後遺症は?
    昨年末に、EXILEグループのファンに、 大変、つらい悲劇がありました。 それはMAKIDAIさんの交通事故。 それによって札幌ドームで予定されていたライブが中止になる事態に、 クリスマスの思い出に、頑張ってチケットを買ったファンや、 会場を作ったスタッフ、ライブに備えて準備を重ねてきたメンバー、 多くの方にとって、残...
    スティーヴ・ジョーンズの現在は何でも屋?
    スティーヴ・ジョーンズの現在は何でも屋?
    元ピストルズのギタリストとして有名なスティーヴ・ジョーンズ。 パンクバンドのギタリストながらもレスポールを振り回す彼の姿は異様。 しかし、ローリングストーン誌の最も偉大なギターリストのランキングで100位圏内に入るなど、ギタリストとしての質はイギリスの音楽業界では認められている。 世間ではシドとジョニーの個性に埋もれて...